『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の疑問まとめ(ネタバレ)

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のポスター画像

今回は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の疑問点と謎をまとめておきます。

シネマルくんの画像シネマルくん

この記事はネタバレを含みます。ネタバレNGの人は先に映画を観てから読んでくださいアベンジャーズのお得な視聴方法はこちら

過去作品はどれを観ればいいのか

何作品予習すればいいの?

9〜10作くらい。

正直に言うと、全部観ておくほうが楽しめます。でも最新作を先に観てから、「あのシーンはどういう意味だったの?」→「その過去作を観てみよう」でも十分楽しめると思います。アベンジャーズの映画はこれからも続いていくので、まだまだ遅すぎることはありません。ぜひ下の記事から、気になる作品を探してみてください。

マーベル映画の一番人気スパイダーマンの画像【2018年版】マーベル映画はこの順番で見よう:アベンジャーズ30作品の最新時系列

アベンジャーズは何人くらいいるのか

今アベンジャーズって何人いるの?

15人くらい。

現時点では正式なメンバーではないですが、アベンジャーズとアベンジャーズに加入することになりそうなメンバーこちらです。

アベンジャーズのメンバーまとめ
  • アイアンマン
  • ハルク
  • ソー
  • キャプテン・アメリカ
  • ブラック・ウィドウ
  • ホークアイ(今作では登場しない)
  • ウォーマシン
  • ファルコン
  • スカーレット・ウィッチ
  • ヴィジョン
  • アントマン(今作では登場しない)
  • ホワイト・ウルフ(バッキー・バーンズ)
  • ドクター・ストレンジ
  • ブラックパンサー
  • スパイダーマン

シネマルくんの画像シネマルくん

実際にはアベンジャーズは解散状態にあり、正式なメンバーというわけではないのでそこはご了承ください。

ガーディアンズは何人いるの?

7人。

今作でアベンジャーズに合流したガーディアンズのメンバーはこちらです。

ガーディアンズのメンバーまとめ
  • スター・ロード(リーダー)
  • ガモーラ
  • ロケット
  • グルート
  • ドラックス
  • マンティス
  • ネビュラ

今作のヴィラン(敵)は誰?

サノスとその仲間。

サノスとサノスの軍隊ブラック・オーダーのメンバーはこちらです。

今作のヴィランまとめ
  • サノス(メインヴィラン)
  • カル・オブシディアン(ブラック・オーダー)
  • エボニー・マウ(ブラック・オーダー)
  • プロキシマ・ミッドナイト(ブラック・オーダー)
  • コーヴァス・グレイブ(ブラック・オーダー)

その他の登場人物は何人いるの?

14人ほど。

その他の登場人物はこちらです。

その他の登場人物まとめ
  • オコエ(ワカンダの親衛隊隊長)
  • エムバク(ブラックパンサーの仲間)
  • シュリ(ブラックパンサーの妹)
  • ペッパー・ポッツ(トニーの妻)
  • ウォン(ストレンジの盟友)
  • ネッド(スパイダーマンの親友)
  • エイトリ(ドワーフ)
  • コレクター(収集家)
  • ヘイムダル(ソーの仲間)
  • サディアス・ロス(アメリカ国務長官)
  • ニック・フューリー(諜報機関S.H.I.E.L.D.)
  • マリア・ヒル(諜報機関S.H.I.E.L.D.)
  • ロキ(ソーの弟)
  • レッドスカル(ヒドラの元リーダーで現惑星ヴォーミアのストーンキーパー)

今作でスタン・リーはどこに登場していた?

ピーターとネッドが乗っていたスクールバスの運転手でした。

スタン・リーは毎回カメオ出演しているので、ぜひ見つけてみてください。(スタン・リーはスパイダーマンの原作を手がけ、現在はマーベル・コミックの編集委員やマーベル・メディアの名誉会長、実写映画の製作総指揮を務めているすごい人です)。

アベンジャーズの登場人物まとめ

アベンジャーズの登場人物をまとめたものはこちらです。

MCUシリーズ(アベンジャーズ)の登場人物一覧これがMCUシリーズ(アベンジャーズ)の登場人物一覧だ!初登場順に大解説【マーベル・キャスト完全まとめ】

ホークアイとアントマンはなぜ出ないのか

なんでホークアイとアントマンは登場しないの?

司法取引に応じて自宅軟禁中だったから。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のなかで、「ホークアイとアントマンは司法取引に応じて自宅軟禁中だ」というセリフがありました。軟禁とは、逃亡したり部外者と接触したりできない状態にすることです。「いや、宇宙の危機なんだから、軟禁くらい解除しろよ!」と突っ込んだ人も多かったのでは。笑 ちなみに軟禁されている理由は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を観ると分かります。

アントマンが出ない本当の理由

『インフィニティ・ウォー』の脚本家によれば、アントマンが登場しないのは、続編の『アントマン&ワスプ』との繋がりを考慮したからだそうです。アントマンシリーズはコメディーチックだから、2作目の直前にサノスと戦って絶望を味わってしまうのは都合が悪かったわけです。アントマンやホークアイ、そしてキャプテン・マーベルは、2019年の『アベンジャーズ4(仮)』で活躍してくれるはずなので、そちらに期待したいですね。

ハルクはなぜ変身できないのか

なんでハルクは変身できなかったの?

不明。

ブルース・バナー博士が変身できなかった理由は今の段階では分かりません。直前にハルクが登場した『マイティ・ソー バトルロイヤル』でも伏線はなかったはず。この謎は『アベンジャーズ4(仮)』で明らかになるでしょう。インフィニティ・ウォーの冒頭シーンでサノスに負けてしまったのが原因?などと予想しながら待つのも楽しいかもしれません。

ソーの新武器は強いのか

ソーの新しい武器:ストーム・ブレイカーって強いの?

めちゃくちゃ強い。

せっかくハンマーの神(笑)から雷の神になったのに再び武器に頼るのは少し悲しいですが、それほどまでにサノスが強かったのでしょう。しかし、惑星間をワープできる虹の橋の効果まで発揮できる武器:ストーム・ブレイカーは『アベンジャーズ4(仮)』でも必要不可欠な武器になるはずです。とはいえ『マイティ・ソー バトルロイヤル』で見せた雷を浴びて行うあの攻撃もまた見せてほしいですね。

アイアンマンのマーク48と49はどれなのか

アイアンマンのマーク48と49は出てきたっけ?

公式情報待ち。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でトニーが遠隔操作していたアーマーはマーク47だったので、ナンバリング的に『スパイダーマン:ホームカミング』でトニースタークが装着していたアーマーはマーク48かと思いきや、なんとマーク50だったようです。ということで、マーク48とマーク49は何なのかという疑問が出てきました。詳しくは下の記事にまとめましたが、マーク48はアイアンスパイダーで、マーク49はハルクバスター2.0なのではないかと予想してます。正式な情報は出てくれば追記します。

アイアンマンのパワードアーマースーツ「マーク42」の画像アイアンマンの歴代アーマースーツ全50種まとめ:画像と動画付きで解説【2018年版】

スパイダーマンはアベンジャーズに加入したのか

スパイダーマンはアベンジャーズになったの?

なれました(涙)

トニーに子供扱いされ続けていたピーターがついに認められてアベンジャーズに正式に加入したのです。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『スパイダーマン:ホームカミング』で頑張りが報われたこの瞬間には胸が熱くなりましたね。その分だけ、トニーとの最後の会話が辛すぎて泣けてしまうわけですが……。

サノスはなぜ強いのか

なんでサノスってこんなに強いの?

そもそも強いのにさらにインフィニティ・ストーンで強化されているから。

もともと強い設定でしたが、インフィニティ・ガントレットとインフィニティ・ストーンのパワーで無敵になってしまってます。スペース・ストーンで自由自在に瞬間移動をし、パワー・ストーンで無限のパワーを得て、リアリティ・ストーンで現実を変える幻影を見せつけ、タイム・ストーンで時間を操り、最後にソウル・ストーンマインド・ストーンまで手に入れてしまいます。現時点では『アベンジャーズ4(仮)』でどうやってサノスに立ち向かうのか想像もできないですね。

MCUシリーズのインフィニティ・ストーンの一覧画像インフィニティ・ストーンとは?アベンジャーズ最強の石6つを完全解説【マーベル映画・MCU最大の謎】

サノスはなぜ宇宙を滅ぼすのか

なんでサノスは人口を半分にしたがってたの?

宇宙のより良いバランスのため。

かつて自身の故郷であるタイタンが滅亡の危機におちいった経験から、宇宙全体のバランスを保つためには宇宙の生命体の数を半分にしなければならないとサノスは本気で考えています。この大いなる野望のため、サノスは惑星を虐殺、破壊を繰り返してきました。インフィニティ・ストーンを6つ全て手に入れようとしているのも、全ては宇宙のバランスのためなのです。

ストレンジがなぜタイムストーンを守るのか

なんでドクター・ストレンジはタイムストーンを命がけで守ってるの?

映画『ドクター・ストレンジ』を参照。

まずは『ドクター・ストレンジ』を見ていただきたいですが、ストレンジの持っているタイム・ストーンは彼の師匠であるエンシェント・ワンから受け継いだものです。ストレンジには地球の魔術師として宇宙の調和を保ち、暗黒の存在から世界を守る使命があるので、時間を操作するという自然の法則を無視した恐ろしいパワーを持つタイム・ストーンを簡単に誰かに渡すわけにはいかないのです。あと、ストレンジは他人の話を聞かない性格なので、トニーにいくら説得されても自分で納得しないと動きません。笑

ストレンジはなぜアイアンマンを守ったのか

なんでドクター・ストレンジはタイムストーンよりもトニー・スタークを優先したの?

「トニーが生存すること」が唯一の勝利条件だった可能性。

ストレンジがストーンの力で1400万通りを超える未来の可能性を覗いたあと、「(勝てる未来は)たった1つだけだった」と漏らしました。となると、これ以降のストレンジは、その1通りの未来のためにあらゆる選択をするはずです。したがって、ストレンジがタイム・ストーンよりアイアンマンの生存を優先したのは、「トニーが生存すること」が勝利のために必要な条件だった可能性が高いと言えますね。この判断の結果は2019年の『アベンジャーズ4(仮)』で描かれることになると思われます。

ヴィジョンとスカーレット・ウィッチはなぜ仲が良いのか

ヴィジョンとスカーレット・ウィッチはいつの間に仲
良くなったの?

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を参照。

マインド・ストーンのパワーを手に入れてしまったスカーレット・ウィッチは、自身の力が無関係の人間に被害をもたらすことに臆病になっていました。(同じくマインド・ストーンの力を持つ)ヴィジョンはそんな彼女をずっと気にかけていたようです。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』では、お互いの気持ちを通い合わせるようなシーンがあるでの、ぜひ観てほしいです。それ以降の2人の関係は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のなかで語られた通りです。

スカーレット・ウィッチはなぜヴィジョンの石を取り除けるのか

なんでスカーレット・ウィッチだけがヴィジョンのストーンを取り除けるの?

スカーレット・ウィッチの能力もマインド・ストーンから生まれたものだから。

これまでの経緯を説明すると、ウィッチはヒドラの(マインド・ストーンを使った)人体実験に志願し、ロキの杖(マインド・ストーン)を使った人体実験によって超人に生まれ変わりました。ウィッチの能力はマインド・ストーンと同じようなものということですね。「同質のエネルギーならストーンを壊すことができる」という理屈で、マインド・ストーンを破壊する役目を任されてしまったのはそのためです。

シネマルくんの画像シネマルくん

なお、彼女の初登場は、(最後に一瞬出るだけですが)『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』のポストクレジットシーンです。正式にフル出演するのは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で、そのあと『シビル・ウォー/キャプテンアメリカ』に出て、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』につながります。

より詳しいMCUの時系列はこちらの記事で確認してみてください。

マーベル映画の一番人気スパイダーマンの画像【2018年版】マーベル映画はこの順番で見よう:アベンジャーズ30作品の最新時系列

サノスはなぜトニーを知っていたのか

なんでサノスはトニー・スタークを知っていたの?

不明。

「お前がスタークか」「お前も知識の呪いにとりつかれた者」とサノスはトニーのことを知っていたかのような発言をしました。実際には、今まで面識も接点もなかったはずです。そして「お前“も”知識の呪いにとりつかれた者」とは誰のことを指しているのでしょう。この理由は『アベンジャーズ4(仮)』で明らかになるかもしれません。

ネビュラはなぜサノスに捕まっていたのか

なんでネビュラはサノスに捕まっていたの?

サノスを暗殺するためにネビュラが乗り込んで失敗したから。

いきなりサノスに捕まっていた感じでしたが、ネビュラは自身をサイボーグにしたサノスを暗殺するために宇宙船「サンクチュアリⅡ」に侵入したのです。結果、返り討ちにあって拷問を受けていました。

ガモーラとネビュラは本当の姉妹なのか

なんでガモーラとネビュラは本当の姉妹?

血は繋がっていない(2人ともサノスの養子)。

ガモーラとネビュラはサノスの養女(義理の娘)です。2人は姉妹同然に育てられたのですが、血の繋がりありません。2人ともサノスを憎んでいます。はじめ、ネビュラはガモーラのことも憎んでいましたが、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のなかで和解しています。ちなみに、2人が登場したのは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でした。

惑星ヴォーミアにいたのはレッド・スカルなのか

惑星ヴォーミアのストーンキーパーはあのレッド・スカルなの?

レッド・スカルです。

「こいつ、レッド・スカルに似てるな〜」と思っていたら、本当にレッド・スカルだったようです。レッド・スカルとは、さかのぼることフェイズ1の5作目『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』のヴィラン(悪役)です。最後にどっかに飛んで行ったと思っていたけど、まさか惑星ヴォーミアでソウル・ストーンの番人になっていたとは……。

ポストクレジットで映ったのはロゴマークは何なのか

あのポストクレジットシーンで出てきたロゴは一体何のマークなの?

キャプテン・マーベルのロゴ。

ロゴが映った経緯

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のポストクレジット(エンドロール後のシーン)で、危機を察知したニック・フューリー元長官が手にした送信機に下のようなロゴマークが映ります。

キャプテン・マーベルのロゴ
このマークは『キャプテン・マーベル』のロゴマークです(正確には似たような配色とデザインのマークでした)。

映画『キャプテン・マーベル』は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の次に公開される『アントマン&ワスプ』の、そのまた次に公開される続編作品です。は1990年代が舞台となり、キャプテン・マーベルの他、目を失う前のヒューリー元長官も登場する予定です。『アベンジャーズ4(仮)』にも登場することになりそうなキャプテン・マーベルには要注目だと思いますね。

誰が生存して誰が死んだのか

アベンジャーズで誰が死んだの?

下記を参照。

MCUフェイズ1に登場したアベンジャーズのメンバーは全員生存、さらにウォーマシン、ロケット、ネビュラ、オコエ、エムバクも生存します。アントマンは未登場ですが、公開スケジュールを考慮すると生存は確定です。

生存者リストまとめ
  • アイアンマン
  • ハルク
  • ソー
  • キャプテン・アメリカ
  • ブラック・ウィドウ
  • ウォーマシン
  • ロケット
  • ネビュラ
  • オコエ
  • エムバク
  • アントマン

アベンジャーズで誰が生き残ったの?

下記を参照。

冒頭のシーンでヘイムダルとロキが死亡し、作中でガモーラが死亡、ロケット以外のガーディアンズのメンバーが全員死亡、クライマックスで残りのメンバーが死亡し、ポストクレジットでヒューリーとマリア・ヒルが死亡してしまいました。

死亡者リストまとめ
  • ヘイムダル
  • ロキ
  • ガモーラ
  • ヴィジョン
  • スカーレット・ウィッチ
  • ブラックパンサー
  • ホワイト・ウルフ(バッキー・バーンズ)
  • ファルコン
  • ドクター・ストレンジ
  • スパイダーマン
  • スター・ロード
  • グルート
  • ドラックス
  • マンティス
  • ニック・フューリー
  • マリア・ヒル

生死不明のメンバーは誰?

下記を参照。

未登場のホークアイの生死不明です。さらにペッパー・ポッツ、ティ・チャラの妹シュリ、ストレンジの盟友ウォンの生死も不明となっています。

生死不明リストまとめ
  • ホークアイ
  • ペッパー・ポッツ
  • シュリ
  • ウォン

続編はどうなるのか

ほとんどのアベンジャーズが死んでしまったけど続編はどうなるの?

生き返るor時間が戻ると予想。

今後の公開スケジュールとして『スパイダーマン:ホームカミング2(仮)』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮)』が予定されています。でも、スパイダーマンやスター・ロードが死んでしまったままでは続編を作ることができません。つまり『アベンジャーズ4(仮)』ではヒーローたちがが何らかの形(生き返るか、時間が戻るか)で復活し、再びサノスと戦うのではないかなと予想しています。

シネマルくんの画像シネマルくん

2019年の映画『キャプテン・マーベル』で何らかのヒントが出てくるかもしれませんね。

マーベル作品については下記の記事で網羅してます。参考にどうぞ

マーベル映画の一番人気スパイダーマンの画像【2018年版】マーベル映画はこの順番で見よう:アベンジャーズ30作品の最新時系列 アベンジャーズの相関図アベンジャーズとは?シリーズ相関図と基本知識を総まとめ! MCU『アベンジャーズ』シリーズ全36作品の各あらすじ一覧 【映画&ドラマ】 MCUシリーズのインフィニティ・ストーンの一覧画像インフィニティ・ストーンとは?アベンジャーズ最強の石6つを完全解説【マーベル映画・MCU最大の謎】 MCUシリーズ(アベンジャーズ)の登場人物一覧これがMCUシリーズ(アベンジャーズ)の登場人物一覧だ!初登場順に大解説【マーベル・キャスト完全まとめ】 映画アベンジャーズの主要キャラクター画像アベンジャーズ最新作の予習・復習!まず見るべき単独9作品を全解説【MCUシリーズ楽しみ方のおすすめ】 動画配信サービスの解説ロゴ無料あり!アベンジャーズのお得な動画視聴サービスまとめ
同じカテゴリーの記事はこちら
同じカテゴリーの記事