shares
89

動画配信サービスのおすすめ徹底比較!17種試してみた感想・解説!【ジャンル別ランキング】

SPONSERD LINK

動画配信サービスを正しく使えてますか?

最近はほんとうに、新しい動画サービスがいくつも登場し、「どの動画配信サービスが一番お得でおすすめなのか」という悩みはどんどん深刻になってきてますね。

ぼくはかなりの出不精andインドア人間なので、映画・ドラマは動画配信サービスで見ていますが、「まったく外出せずに動画が見放題」というサービスにメリットを感じる人は、もはやDVDレンタルショップへ借りにいくより、金銭的にも動画配信サービスを利用した方がお得なわけですが、いかんせん数が多くて分かりづらい……。

ということで、17種類の『動画配信サービス』を実際に利用しているぼくと一緒に、「映画見放題」「ドラマ見放題」に関する知識をアップデートしていきましょう!

今回は、各動画配信サービスのメリットやデメリット、月額料金などを徹底的に比較。目で分かりやすいランキング形式で解説をしてみました!

DVDの「レンタル料金」と動画サービスの「月額料金」も比較したので、この記事を読めば、最もお得で最もおすすめの動画配信サービスが見つかるはず!

“安く”、“便利で”、“お得に” 映画やドラマ、アニメを楽しんでいきましょう!

この記事では以下の情報をお届けします。

動画配信サービスの基本:まずは「見たい動画の有無」でサービスを選ぼう。

『どんなに月額料金が安くても、「見たい映画・ドラマ」が見れないなら意味がない』

これが動画配信サービスを選ぶうえでの、もっとも重要で基本となる考え方なので、かならず覚えておいてくださいね。

なぜなら、どんなに高画質でマルチデバイスやダウンロード等のオプションが充実していても、見たい動画を見れないなら「無駄な出費」になってしまうからです。つまり、

  1. 自分はどんなコンテンツ(洋画?邦画?アニメ?)が見たいのか
  2. そのコンテンツが見れるのはどの『動画配信サービス』なのか
  3. 比較対象が複数ある場合、どれがお得なのか

この順番で『動画サービス』を選ぶのが最も失敗のない賢い選び方になるわけです。

重要なのは「じぶんにとって『おすすめ』かどうか」であって、他の人や他のサイトが『おすすめ』している動画サービスが自分に合っているとは限りませんよね。

なので、「じぶんの趣味趣向に合ったコンテンツが配信され、かつ、無理なく利用できる料金設定」の動画配信サービスを選んで失敗しないようにしてください!

では、あなた自身に合いそうな「動画配信サービス」を探していきましょう。今すぐに『おすすめランキング』が見たい人は下記のリンクをどうぞ。

当サイト「動画配信サービス」おすすめランキング

当サイト「動画配信サービス」総合ランキングTOP17

動画配信サービスって本当にお得?メリットとデメリットを比較してみよう。

まず、動画配信サービスのメリットは?

動画サービスのメリット【基礎編】 スマホやネットの恩恵【上級編】
動画配信サービス『U-NEXT』のPC画像 動画配信サービス『hulu』のPC画像
  • 月額一律料金で見放題!
  • 無料体験ができる!
  • 雑誌も読める!
  • 最新映画がすぐに見れる!
  • いつでも映画・ドラマを検索!
  • PC・スマホ・タブレットで視聴!
→しかも、画質も音質も良い! →家から一歩も出ずに楽しめる!
さらに・・・ さらに・・・
  • 『オリジナルコンテンツ』もある!
  • オフライン(圏外)でも視聴できる!
  • お得なオプション、割引ポイントが利用できる!
  • マルチデバイスで視聴が可能!
  • 早送りや時間戻しでDVDより快適!
  • レンタル店に通う手間や労力から解放され、時間に余裕がうまれる!
→DVDレンタル店よりかなりお得! →『スマホアプリ』での視聴が最高!

まず上記をじっくり見てほしいのですが、動画配信サービスは「インターネットで使うすべてのメリット」を受けることができるのです。

ということは、スマホ世代・ネット世代の人が動画サービスを利用しないのは、便利なサービスがあるのに利用できてない、つまり「損」をしていることになります……。

では、動画配信サービスのデメリットは?

  • 映画をたくさん見る人はお得、あまり見ない人は損。
  • 月額料金がかかる。
  • クレジットカードが必要な動画サービスもある。

具体的には、1ヶ月に2〜3作品くらいの映画を見るなら、レンタル店より動画配信サービスを使った方がトータル的には「お得」という感じですね。

「支払い金額」だけの問題ではなく、映画がいつでも快適に見れて、時間をより効率的に利用できるようになるので、毎日の楽しさがアップすることになるのです。

レンタル店でDVDを借りるよりどのくらい節約になる?各動画サービスで比較。

前提:一般的なDVDレンタル料金は、新作・準新作が300〜400円、旧作が約100円。

月額料金(税抜) 損益分岐点
Amazonプライム・ビデオ 約300円 『旧作』3作品でお得!
dTV 500円 『新作』2作品でお得!
hulu 933円 『海外ドラマ』1シーズンでお得!
U-NEXT 1,990円 『新作』6作品でお得!

「DVDレンタルにかかる費用」と「動画見放題サービス月額料金」を比較すると、上記のようになりました。レンタル店に行くと多くの人が「一度に2〜3作品」ほどを借りることになるので、それを元に算出しています。

まとめると、

『最新作』をいち早く見たい人はU-NEXT。

『U-NEXT』は実はトータルコンテンツ配信サービス。映画・アニメ・ドラマ・雑誌・音楽ライブ映像など、何でも見ることができます。とくに、最新作の映画がいち早く配信されるのが「U-NEXT」の最大の強み!他の動画サービスより値段が高い分、他では配信されない映画が視聴できるので、ちょっとだけ高くても最高の環境で動画を楽しみたいなら『U-NEXT』は一番満足できるおすすめの動画配信サービスですね。

[U-NEXTのメリットと詳しい評判を見る]

公式サイトはこちら↓

『dTV』はコスパ最強。

『dTV』は国内最高クラスのコンテンツ量なのに、月額料金が500円。映画・邦画・アニメ・海外ドラマ・国内ドラマと何でも揃っていて500円はコスパ最強クラス。docomoユーザーじゃなくても利用できます。とにかく安くお得に毎月映画が見たい、そんな人へのおすすめ動画配信サービスは『dTV』です。

[dTVのメリットと詳しい評判を見る]

公式サイトはこちら↓

海外ドラマ好きは『hulu』で視聴しないと損。

『hulu』は海外ドラマや洋画に強みがある動画サービスです。海外ドラマのコンテンツ量や配信スピードはNo.1。そもそも、レンタル店で海外ドラマを借りると1シーズンで3000円くらいかかるもの。月額933円で追加料金一切なし、という条件で海外・国内ドラマや映画が見放題なのは破格と言えますね。『Hulu』は私も利用している、本当におすすめの動画配信サービスです。

[huluのメリットと詳しい評判を見る]

公式サイトはこちら↓

『Amazonプライム・ビデオ』は100%お得。

映画コンテンツ量は比較的少ないですが、トータル的に損をすることは絶対にありません。プライム会員特典で、Amazonの送料が無料で音楽も聴き放題。とくにAmazonをよく使う人へのおすすめ動画配信サービスは、『Amazonプライム・ビデオ』ですね。

では、お待たせいたしました。見たいコンテンツ・ジャンル別におすすめする『動画配信サービス・ランキング』。見たい映画やドラマを思い浮かべながらどうぞ!

映画(洋画・邦画・アニメ)が見たい人にオススメの『動画配信サービス』の比較ランキング!

1位:主要な洋画コンテンツ数がNo.1の『U-NEXT』

動画配信サービス『U-NEXT』のPC画像と解説

最新作がすぐ見れる!最大級のコンテンツ数!

他動画配信サービスと比べても、圧倒的なコンテンツ量。旧作・新作問わず、映画(洋画・邦画・アニメ映画)が揃ってます。1つだけ動画サービスを選ぶなら迷いなくU-NEXTがおすすめ。

スマホアプリの完成度も高く、「画面(タテとヨコ)の切りかえ」「10秒戻し」「30秒送り」「字幕と吹き替えの変更」に対応。これ以上に便利で使いやすい動画配信アプリはありません。「マイリスト」や「ダウンロード」も手軽に利用できますね。

新作の視聴に必要な「別途料金」ですが、毎月もらえる1,000ポイント内で十分まかなえます。かなり映画を視聴する僕ですら、一度も追加料金を払ったことはありません。とにかく新作をたくさん見たいという人でも、レンタルビデオを借りに行くのと金額はほぼ変わりなく、しかもネット上ですぐに視聴ができます。他の動画サービスより高いですが、その分のメリットは十分にある。それが『U-NEXT』です。

U-NEXTのおすすめポイント
月額料金 1,990円(税抜き)
ジャンル 洋画 / 邦画 / 海外ドラマ / 国内ドラマ / 韓流ドラマ / 香港映画 / アジア映画 / アニメ映画 / ディズニー / アニメ / キッズ / バラエティ / コミック / 雑誌・書籍 / 音楽ライブ / お笑いライブ / アダルト
無料体験期間 31日間の無料体験あり。期間中の退会で料金無料!
動画本数 12万本以上
ダウンロード ダウンロード可能。オフライン(圏外)でも視聴ができる!
お得なキャンペーン 新作映画・新作ドラマが見れる600円分のポイントがもらえる!
マイリスト 可能。好きな映画・ドラマを自由に登録できる!
スマホアプリ 10秒戻し、30秒送り、画面(タテヨコ)切り替え、字幕・吹き替えの変更、に対応。雑誌読み放題アプリ「BookPlace」も無料利用OK!

[U-NEXTの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

2位:U-NEXTと補完関係にある『hulu』

動画配信サービス『hulu』のPC画像と解説

U-NEXTにない映画やドラマがhuluにはある!

huluの動画コンテンツは、すべて月額933円にて見放題!映画(洋画・邦画)、ドラマ(海外・国内)もすべて追加料金なし。「2週間の無料体験」も嬉しいですね。

ただ、huluの配信映画は旧作ばかりで「新作」がありません。あまり大きな声では言えませんが、「U-NEXTにはない映画がhuluで配信、huluにない映画がU-NEXTで配信」という状況が多く見られます。なので、新作映画が見たい人はU-NEXTを選ぶのがおすすめ。僕はU-NEXTとhuluの両方に登録し、見たい映画をいつでも見れる環境を作ってますけどね。

そもそもhuluの最大の魅力は海外ドラマ。親会社がアメリカのサービスなので海外ドラマが豊富で、新作のドラマも充実。最近では日本テレビとTBSの国内ドラマ・バラエティもたくさん配信されていますね。つまり、「メインは海外ドラマとたまに国内ドラマ、あといつでも好きなときに旧作映画が見たい!」という人におすすめなのがhuluという動画配信サービスなのです。

huluのおすすめポイント
月額料金 933円(税抜き)
ジャンル 洋画 / 邦画 / 海外ドラマ / 国内ドラマ / 韓流ドラマ / アジアドラマ / 香港映画 / FOXチャンネル / アジア映画 / アニメ映画 / TVアニメ / ディズニー / キッズ /ドキュメンタリー
無料体験期間 2週間の無料体験あり。期間中の退会で料金無料!
動画本数 3万本以上
ダウンロード 保存不可。Wi-FiやLTE環境にて視聴しよう!
お得な会員特典 FOXチャンネルのリアルタイム配信、見逃し配信が視聴できる!
マイリスト 可能。好きな映画とドラマを『マイリスト』に追加できる!
スマホアプリ あり。「10秒戻し」「途中再生」に対応!

[huluの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

3位:新作は高いが、見放題作品なら無敵の『dTV』

動画配信サービス『dTV』のPC画像と解説

コスパ最強。無敵のコンテンツ量【月額500円】

dTVはコンテンツ量が最強で、月額たった500円!18ジャンル、12万作品が配信されているので、毎月500円で飽きるくらい映画を見ることできます。ドコモユーザー限定ではなく、だれでも利用できるのが嬉しい。見放題作品が多いのも特徴です。

ただし、dTVの一部の新作映画・ドラマは「追加料金」が発生。映画は400円、ドラマは1話200円が基本です。レンタルの値段は他の動画サービスと同じくらいですが、U-NEXTには「12話の一括レンタルで約500円、全23話一括レンタルで約1200円安くなります」というお得なサービスがあります。U-NEXTには1,000円の無料ポイントが付いているので、実質の価格差は1,000円ほど。つまり、「新作をガンガン見たい人はU-NEXTの方がトータルでお得、たまにしか新作を見ないという人にはdTVがお得」ということ。具体的に比較すると、1作でも新作ドラマを全話レンタルするならU-NEXTの方がお得になりますね。

dTVのおすすめポイント
月額料金 500円(税抜き)
ジャンル 洋画 / 邦画 / 国内ドラマ / 海外ドラマ / 韓国ドラマ / オリジナル / アニメ / マンガ / ライブ・ミュージックビデオ / バラエティ / キッズ / カラオケ / シアター / ショートショート / ニュース / 最新レンタル / FOXチャンネル / ガールズ
無料体験期間 31日間の無料体験あり。期間中の退会で料金無料!
動画本数 12万本/18ジャンル
ダウンロード ダウンロード可能。オフライン(圏外)でも視聴ができる!
お得な会員特典 最新映画のオンライン試写会や、dTVプレミアムイベントに参加できる!
マイリスト 好きな映画・ドラマを簡単に『Myクリップ』へ登録できる!
スマホアプリ あり。10秒戻し、10秒送り、画面(タテヨコ)切替に対応。視聴しながら字幕・吹替も変更できる!

[dTVの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

海外ドラマ・国内ドラマが見たい人にオススメの『動画配信サービス』の比較ランキング!

1位:フジテレビの国内ドラマなら『FOD/フジテレビオンデマンド』

動画配信サービス『FOD/フジテレビオンデマンド』のPC画像と解説

名作ドラマなら『FOD/フジテレビオンデマンド』で決まり!

FODはフジテレビのドラマ・バラエティが、月額888円にて見放題になる最新の動画サービス!もちろん「月9」のような過去の名作ドラマも見放題。パソコンだけじゃなく、タブレットやスマホのアプリでさくさく視聴できるのも嬉しい。

具体的には、現在テレビ放送中のドラマも「見逃し配信」で見たり、人気の雑誌や人気漫画もみることができます。見たかったけど見逃してしまった過去のドラマも、無料体験を利用すれば今すぐ「無料」で視聴可能!

実はフジテレビ以外のドラマ(TBS、テレビ朝日など)を見たい人には『U-NEXT』がおすすめなのですが、やっぱりドラマといったらフジテレビ。フジテレビのドラマをたっぷり見れるのはFODだけ!どんなドラマが配信されているのか、公式サイトで要チェックです!

FOD/フジテレビオンデマンドのおすすめポイント
月額料金 888円(税抜き)
ジャンル 国内ドラマ(フジテレビ) / バラエティ番組(フジテレビ)/ オリジナル / 映画
無料体験期間 最大1ヶ月無料(登録した月の月末まで無料)※登録された日から1ヵ月ではありません!
動画本数 1.5万本以上
ダウンロード ストリーミング配信のみ。Wi-FiやLTE環境で視聴しよう!
お得な会員特典 人気雑誌の最新号が読み放題、毎月100ポイントのボーナスがもらえる!
マイリスト ♡(ハートマーク)をクリックすると簡単に「お気に入り登録」可能!
スマホアプリ 画質調整、最近見た作品、お気に入り作品に対応!

[FOD/フジテレビオンデマンドの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

3位:フジテレビ以外の国内ドラマなら『U-NEXT』

動画配信サービス『U-NEXT』のPC画像と解説

5局のドラマが見れる!海外ドラマもある!

なんとU-NEXTでは、「日本テレビ」「TBS」「テレビ朝日」「NHK」「テレビ東京」の5局のドラマ作品が配信されてます。つまり最も効率がいい動画配信サービスの選択は、「フジテレビの動画は『FOD/フジテレビオンデマンド』で見て、それ以外のドラマはU-NEXTで見る」ということなります。

U-NEXTは「海外ドラマ」も豊富です。huluと比べても作品数で全く見劣りしません。主要な海外ドラマ作品のほとんどが視聴できると考えていいでしょうね。

さらにバラエティ番組やアイドル(AKBグループ)もあって、暇つぶしにも最適。ただ映画同様、ドラマやバラエティの「最近の作品」はレンタルで、216円か324円が必要。毎月もらえる無料の1,000ポイントを上手に使いたいですね。

U-NEXTのおすすめポイント
月額料金 1,990円(税抜き)
ジャンル 洋画 / 邦画 / 海外ドラマ / 国内ドラマ / 韓流ドラマ / 香港映画 / アジア映画 / アニメ映画 / ディズニー / アニメ / キッズ / バラエティ / コミック / 雑誌・書籍 / 音楽ライブ / お笑いライブ / アダルト
無料体験期間 31日間の無料体験あり。期間中の退会で料金無料!
動画本数 12万本以上
ダウンロード ダウンロード可能。オフライン(圏外)でも視聴ができる!
お得なキャンペーン 新作映画・新作ドラマが見れる600円分のポイントがもらえる!
マイリスト 可能。好きな映画・ドラマを自由に登録できる!
スマホアプリ 10秒戻し、30秒送り、画面(タテヨコ)切り替え、字幕・吹き替えの変更、に対応。雑誌読み放題アプリ「BookPlace」も無料利用OK!

[U-NEXTの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

3位:海外ドラマがメインなら『hulu』で決まり!

動画配信サービス『hulu』のPC画像と解説

海外ドラマならhulu!国内ドラマもやや充実。

huluの強みは海外ドラマ。huluに登録すれば、話題の海外ドラマのほとんどが月額933円で見放題です。huluプレミアという名の「hulu独占配信ドラマ」やFOXチャンネルの「リアルタイム配信」、「見逃し配信」なども充実。海外ドラマが見たいならhuluを選ばないと損をしてしまうと思います。

最近のhuluは国内ドラマも充実。dTVと同じくTBSと日本テレビのドラマが配信されています。わかりやすく比較するなら、海外ドラマでは「hulu>dTV」、国内ドラマでは「hulu=dTV」という感じです。まとめると「国内ドラマはたまに見るくらいでいいから、海外ドラマをメインでがっつり視聴したい」という人におすすめの動画配信サービスが『hulu』ですね。

huluのおすすめポイント
月額料金 933円(税抜き)
ジャンル 洋画 / 邦画 / 海外ドラマ / 国内ドラマ / 韓流ドラマ / アジアドラマ / 香港映画 / FOXチャンネル / アジア映画 / アニメ映画 / TVアニメ / ディズニー / キッズ /ドキュメンタリー
無料体験期間 2週間の無料体験あり。期間中の退会で料金無料!
動画本数 3万本以上
ダウンロード 保存不可。Wi-FiやLTE環境にて視聴しよう!
お得な会員特典 FOXチャンネルのリアルタイム配信、見逃し配信が視聴できる!
マイリスト 可能。好きな映画とドラマを『マイリスト』に追加できる!
スマホアプリ あり。「10秒戻し」「途中再生」に対応!

[huluの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

とにかく安く!という人にオススメの『動画配信サービス』の比較ランキング!

1位:ありえない安さの『Amazonプライム・ビデオ』

動画配信サービス『Amazonプライム・ビデオ』のPC画像と解説

月額325円は神!プライム特典も受けられる!

Amazonプライム・ビデオは、年会費3,900円なので1ヶ月あたり325円で見放題!税込540円で見放題のdTVと比べても200円も安い。その分、映画やドラマなど、動画本数はやや少なめですが、他のどの動画配信サービスと比較してもコスパは最強です。

実はAmazonプライム・ビデオは、Amazonプライムの数ある特典の1つ。なんと年会費3,900円内で、「プライムフォト」「プライムラジオ」「Prime Music(プライムミュージック)」などのサービスも利用可能。Amazonでたまに買い物をする人は、「お急ぎ便」も無料になりますし「プライム会員限定セール」も利用できます。これで追加料金は一切なし!

要するに『Amazonプライム・ビデオ』は、1ヶ月325円にて映画やドラマ、アニメ、音楽、ラジオ、写真保存、タイムセール、送料無料といった特典が受けられる動画配信サービス。とにかく安いですし、30日間の無料体験もできるので、一度使ってみるのがおすすめです。

Amazonプライム・ビデオのおすすめポイント
月額料金 1ヶ月:325円, 年会費:3,900円(税込み)
ジャンル 洋画 / 邦画 / アニメ映画 / キッズ・ファミリー映画 / ミュージック映画 / ドキュメンタリー映画 / 海外ドラマ / 国内ドラマ / TVアニメ / お笑い・バラエティ / ドキュメンタリーTV / 韓流ドラマ / アジアドラマ / ANIPLEX作品 / 1980年代映画 / ドラえもん / ポケモン / AKB48
無料体験期間 30日間の無料体験あり。期間中に「自動更新なし」で料金無料!
動画本数 1.5万本以上(レンタル・購入を合わせると3万本以上)
ダウンロード 25本までダウンロード可能。Fireタブレット、Android、iOSのスマホ・タブレットで視聴できる!
お得な会員特典 Amazonの送料が無料、『Prime Music』で音楽聴き放題。会員限定の「特別セール」も利用でき、「Amazonオリジナル番組」も視聴できる!
マイリスト 観たい映画・ドラマ・番組を簡単に『ウォッチリスト』へ保存できる!
スマホアプリ あり。10秒戻し、10秒送りに対応。

[Amazonプライム・ビデオの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

2位:月額500円で最高クラスのコンテンツ量『dTV』

動画配信サービス『dTV』のPC画像と解説

コスパは最強。動画本数もU-NEXTに匹敵!

dTVは月額たった500円で、ドコモユーザーじゃなくても誰でも利用できる動画配信サービス。動画本数は、なんと国内最強と言われるU-NEXTに匹敵する12万作品。実はサイバーエージェントとNTTドコモが手を組んでいる無敵のサービスでもあります。

dTVは、旧作が多く新作があまり見れない1ヶ月あたり325円のAmazonプライム・ビデオよりも、たくさんの新作動画や新作ドラマが視聴可能。僕の体感的には、新作映画があまり見れない月額933円のhuluよりも、dTVは「より安い料金」で旧作・新作の両方が楽しめる非常に優れた動画配信サービスです。

さすがに、U-NEXTに比べるとサービスのクオリティは落ちますが、月額500円なら十分すぎるくらい満足できるはず。なるべく安く、とにかくコスパ重視の人にはdTVがおすすめです。

dTVのおすすめポイント
月額料金 500円(税抜き)
ジャンル 洋画 / 邦画 / 国内ドラマ / 海外ドラマ / 韓国ドラマ / オリジナル / アニメ / マンガ / ライブ・ミュージックビデオ / バラエティ / キッズ / カラオケ / シアター / ショートショート / ニュース / 最新レンタル / FOXチャンネル / ガールズ
無料体験期間 31日間の無料体験あり。期間中の退会で料金無料!
動画本数 12万本/18ジャンル
ダウンロード ダウンロード可能。オフライン(圏外)でも視聴ができる!
お得な会員特典 最新映画のオンライン試写会や、dTVプレミアムイベントに参加できる!
マイリスト 好きな映画・ドラマを簡単に『Myクリップ』へ登録できる!
スマホアプリ あり。10秒戻し、10秒送り、画面(タテヨコ)切替に対応。視聴しながら字幕・吹替も変更できる!

[dTVの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

3位:auユーザーにお得な『auビデオパス』

動画配信サービス『auビデオパス』のPC画像と解説

auユーザー限定!映画館も割引?【auシネマ割】

auビデオパスは月額562円、約1万本の映画・ドラマが見放題。auユーザーの限定サービスなので、携帯がauの人ならauビデオパスも選択肢に入れたいですね。毎月540円分のコインも付与されるので、毎月1本の新作映画を追加料金なしで楽しめます。

さらに全国の映画料金が安くなる『auシネマ割』もあります。TOHOシネマズなら1100円に、ユナイテッド・シネマ、シネプレックスなら1400円になるので映画館料金がめちゃくちゃお得!1ヶ月に1回以上映画館に行く人は、auビデオパスにとりあえず入っておいても損はないでしょう。

他の動画配信サービスにはない機能「リクエスト」も嬉しい。自分の見たい映画やドラマをリクエストすることができます。最新国内ドラマの「見逃し配信」も充実。まとめると、auユーザーならレンタルショップより値段的にかなりお得。auビデオパスには30日間の無料トライアルがあるので、一度試してみて合わない人は期間中に退会するのも賢い選択ですね。

auビデオパスのおすすめポイント
月額料金 562円(税抜き)
ジャンル 洋画 / 邦画 / 海外ドラマ / 国内ドラマ / 韓流ドラマ / アジアドラマ / 香港映画 / アジア映画 / アニメ映画 / TVアニメ / ディズニー / キッズ /ドキュメンタリー
無料体験期間 30日間の無料体験あり。期間中の退会で料金無料!
動画本数 10,000本以上(見放題分)
ダウンロード 保存可能。最大5作品をオフライン(圏外)視聴できます!
お得な会員特典 auシネマ割。映画館の料金が400円〜700円安くなります。ポップコーンも割引です。
マイリスト 観たい動画は簡単に『後で観る』に追加できる!
スマホアプリ あり。10秒戻し、10秒送り、画面(タテヨコ)切替に対応。

[auビデオパスの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

4位:とくに男性におすすめの『DMM見放題chライト』

動画配信サービス『DMM見放題chライト』のPC画像と解説

アイドルも観れるDMMの最新動画配信サービス!

DMM見放題chライトなら、月額500円で7000本以上が見放題!アイドルや大人向け動画も観れるということで、「成人男性向け動画配信サービスだな」という印象です。

動画本数7,000本というのは、少なく感じる人は、同じ月額500円で120,000本が見放題の『dTV』を選んでください。dTVのほうが、映画やドラマが充実してます。ではDMM見放題chライトの強みは?というと、「アイドル系の女の子動画」ですね。アイドル系や大人向け動画を見放題で見れる動画配信サービスは『DMM見放題chライト』だけ。普段からDMM.comのお世話になっている人は、まずは「2週間の無料トライアル」を試してみるのがおすすめです!

DMM見放題chライトのおすすめポイント
月額料金 500円(税抜き)
ジャンル 洋画 / 邦画 / 国内ドラマ / アイドル / アダルト / バラエティ / ホラー / グラビア / パチンコ・パチスロ / 麻雀 / レッスン動画(ゴルフ・野球・スキー)
無料体験期間 2週間の無料体験あり。期間中の退会で料金無料!
動画本数 7,000本以上
ダウンロード 見放題chでは非対応。ただし、DMM.comで購入した商品はダウンロード可能
お得な会員特典 大人向けのR18コンテンツも見放題。
マイリスト ☆(星マーク)をクリックすると簡単に「お気に入りリスト」に登録可能!
スマホアプリ 「60秒戻し」「10秒戻し」「10秒送り」「60秒送り」「タテ画面再生」「お気に入り」「サムネイル表示」、さらに「マルチデバイス」にも対応。

[DMM見放題chライトの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

スマホアプリでさくさく見たい人にオススメの『動画配信サービス』の比較ランキング!

1位:動画も雑誌も見放題な『U-NEXT』のアプリ

動画配信サービス『U-NEXT』のスマホアプリ画像
動画配信サービス『U-NEXT』のスマホアプリ画像

動画配信サービス史上、無敵のスマホアプリ!

U-NEXTの動画アプリは最強です。10秒戻し、30秒送り、画面(タテヨコ)切り替え、字幕・吹き替えの変更、さらに「マイリスト」や「ダウンロード」にも対応しています。他の動画配信サービスのアプリもすべて使ってみましたが、動画の途中で「字幕と吹替」を切り替えられる動画配信アプリはまずありません。

さらに雑誌が読み放題のスマホアプリ「BookPlace」も利用可能。週刊誌やファッション誌、情報誌など、だいたいの本が揃ってます。U-NEXT会員なら自動的に、70誌以上の本・雑誌が無料で読み放題になるので利用しない手はありませんね。

U-NEXTのおすすめポイント
月額料金 1,990円(税抜き)
ジャンル 洋画 / 邦画 / 海外ドラマ / 国内ドラマ / 韓流ドラマ / 香港映画 / アジア映画 / アニメ映画 / ディズニー / アニメ / キッズ / バラエティ / コミック / 雑誌・書籍 / 音楽ライブ / お笑いライブ / アダルト
無料体験期間 31日間の無料体験あり。期間中の退会で料金無料!
動画本数 12万本以上
ダウンロード ダウンロード可能。オフライン(圏外)でも視聴ができる!
お得なキャンペーン 新作映画・新作ドラマが見れる600円分のポイントがもらえる!
マイリスト 可能。好きな映画・ドラマを自由に登録できる!
スマホアプリ 10秒戻し、30秒送り、画面(タテヨコ)切り替え、字幕・吹き替えの変更、に対応。雑誌読み放題アプリ「BookPlace」も無料利用OK!

[U-NEXTの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

2位:スマホでも十分満足できる『FOD/フジテレビオンデマンド』

動画配信サービス『FOD/フジテレビオンデマンド』のスマホアプリ画像
動画配信サービス『FOD/フジテレビオンデマンド』のスマホアプリ画像

見たい作品が探しやすい動画配信アプリ!

FODは「必要最小限の機能がそなわった動画配信アプリ」という印象。「最近見た作品」と「お気に入り作品」がトップ画面のすぐ下に表示されるのが使いやすいポイントですね。

「早送り(戻し)」や「時間送り(戻し)」機能もついてないので、その点はU-NEXTには及びませんが、通信環境もよく、サクサクと動画を視聴することができます。「縦型での再生」に対応してないのは、ちょっと残念ですが。

ただ「プレミアム作品」や「お気に入り作品」の新着情報がプッシュ通知にて受け取れるといったスマホアプリならではの機能はしっかり完備。パソコンでの視聴もできますが、スマホでの視聴も十分に満足できるクオリティになっています。

FOD/フジテレビオンデマンドのおすすめポイント
月額料金 888円(税抜き)
ジャンル 国内ドラマ(フジテレビ) / バラエティ番組(フジテレビ)/ オリジナル / 映画
無料体験期間 最大1ヶ月無料(登録した月の月末まで無料)※登録された日から1ヵ月ではありません!
動画本数 1.5万本以上
ダウンロード ストリーミング配信のみ。Wi-FiやLTE環境で視聴しよう!
お得な会員特典 人気雑誌の最新号が読み放題、毎月100ポイントのボーナスがもらえる!
マイリスト ♡(ハートマーク)をクリックすると簡単に「お気に入り登録」可能!
スマホアプリ 画質調整、最近見た作品、お気に入り作品に対応!

[FOD/フジテレビオンデマンドの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

3位:動画視聴の便利さがNo.1の『DMM見放題chライト』

動画配信サービス『DMM見放題chライト』のスマホアプリ画像
動画配信サービス『DMM見放題chライト』のスマホアプリ画像
動画配信サービス『DMM見放題chライト』のスマホアプリ画像

すぐに見たいシーンへ飛べる動画配信アプリ!

DMM見放題chライトの動画再生で使うことになる『DMM動画プレイヤー』というアプリ。かなり優秀です。

なんと「60秒戻し」「10秒戻し」「10秒送り」「60秒送り」の4つの操作機能があり、見たい場面を好きに再生することが可能。シークバー(再生部分の表示バー)にはサムネイル画像が表示されるので、気になるシーンまですぐに飛ぶこともできます。

タテ画面でも、ヨコ画面でも表示できるのが嬉しい。動画の再生部分に限れば、U-NEXTアプリ並のクオリティです。ただし「検索機能」はそこまで使い勝手は良くないので、多少の慣れは必要になってくるかもしれませんね。

DMM見放題chライトのおすすめポイント
月額料金 500円(税抜き)
ジャンル 洋画 / 邦画 / 国内ドラマ / アイドル / アダルト / バラエティ / ホラー / グラビア / パチンコ・パチスロ / 麻雀 / レッスン動画(ゴルフ・野球・スキー)
無料体験期間 2週間の無料体験あり。期間中の退会で料金無料!
動画本数 7,000本以上
ダウンロード 見放題chでは非対応。ただし、DMM.comで購入した商品はダウンロード可能
お得な会員特典 大人向けのR18コンテンツも見放題。
マイリスト ☆(星マーク)をクリックすると簡単に「お気に入りリスト」に登録可能!
スマホアプリ 「60秒戻し」「10秒戻し」「10秒送り」「60秒送り」「タテ画面再生」「お気に入り」「サムネイル表示」、さらに「マルチデバイス」にも対応。

[DMM見放題chライトの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

4位:スマホアプリで海外ドラマを見るなら『hulu』

動画配信サービス『hulu』のスマホアプリ画像
動画配信サービス『hulu』のスマホアプリ画像
動画配信サービス『hulu』のスマホアプリ画像

「10秒戻し」が便利なhuluのスマホアプリ!

huluの動画アプリは、U-NEXTのように動画視聴中に「字幕・吹替」や「タテヨコの画面表示」を切り替えることができません。しかしながら、huluにも「10秒戻し」の機能があるので、かなり快適に動画を視聴することができます。

そもそも映画やドラマをスマホアプリで視聴する場合、リラックスしすぎてしまって、重要なシーンを聴き逃したり見逃したりしてしまう瞬間があります。そんなとき、「10秒戻し機能」があればサクッと見たい場面までさかのぼることが可能。もはや動画配信アプリとしては、欠かすことができない機能です。

ただ、U-NEXTには「10秒戻し」に加えて「30秒送り」の機能も付いているので、快適さや見やすさを考えるとU-NEXTのアプリには勝てないですね。でもhuluアプリも、ふつうに動画を見る分には十分な機能をそなえているのでご安心を!

huluのおすすめポイント
月額料金 933円(税抜き)
ジャンル 洋画 / 邦画 / 海外ドラマ / 国内ドラマ / 韓流ドラマ / アジアドラマ / 香港映画 / FOXチャンネル / アジア映画 / アニメ映画 / TVアニメ / ディズニー / キッズ /ドキュメンタリー
無料体験期間 2週間の無料体験あり。期間中の退会で料金無料!
動画本数 3万本以上
ダウンロード 保存不可。Wi-FiやLTE環境にて視聴しよう!
お得な会員特典 FOXチャンネルのリアルタイム配信、見逃し配信が視聴できる!
マイリスト 可能。好きな映画とドラマを『マイリスト』に追加できる!
スマホアプリ あり。「10秒戻し」「途中再生」に対応!

[huluの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

オリジナルコンテンツがたっぷり見たい人にオススメの『動画配信サービス』の比較ランキング!

1位:他では決して見れないオリジナル動画の『ニコニコ動画』

動画配信サービス『ニコニコ動画』の画像と解説

他にないコンテンツが豊富の動画配信サービス!

ニコニコ動画は「歌ってみた」や「ゲーム実況」など、全部で800万本以上の動画を配信している動画サービス。もちろん無料で楽しむこともできますが、有料の「プレミアム会員」というのもあります。

生放送がしたい、動画を2倍速で見たい(iOSアプリの機能)、回線の混雑時も邪魔されずに視聴したいという人には月額500円のプレミアム会員がおすすめ。ニコニコ動画の全機能を受けることができます。

最近は有名人や有名ブロガーなどのコンテンツも増え、「メンタリストDaiGoの心理分析してみた」や「キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみ 会議を見せるテレビ」、「メンズファッションブロガー MBの最も早くオシャレになる方法」などのオリジナル動画も毎日増え続けています。趣味・娯楽としてではなく、ビジネスマンや大学生の勉強にも役立つコンテンツが多いのが他の動画配信サービスとは違う特徴です。

ニコニコ動画のおすすめポイント
月額料金 500円(税抜き)
ジャンル ゲーム実況 / ボカロ / 対談 / 社会・言論 / 音楽 / スポーツ政治 / 心理学 / ファッション / オタク論 / ホリエモン
無料体験期間 なし
動画本数 8,000,000本以上
ダウンロード 不可。
お得な会員特典 タイムシフトが視聴可能。生放送の配信ができ、プレミアム限定動画も視聴できる!
マイリスト マイリストの上限は12,500件。
スマホアプリ 10秒戻し、30秒送り、画面(タテヨコ)切り替え、字幕・吹き替えの変更、に対応。雑誌読み放題アプリ「BookPlace」も無料利用OK!

[ニコニコ動画の評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓

2位:オリジナルの海外ドラマが豊富な『Netflix(ネットフリックス)』

動画配信サービス『Netflix(ネットフリックス)』の画像と解説

マーベルの公式ドラマが大人気!

Netflixは、オリジナル人気コンテンツが豊富な海外発の動画配信サービスです。料金プランは月額650円、月額950円、月額1,450円の3種類。基本的には、他の動画配信サービスと同等の機能を「月額650円」で楽しむことができます。

テラスハウスやマーベル公式ドラマが特に人気。たとえば、デアデビルやジェシカ・ジョーンズやルーク・ケイジなどの「Netflixのオリジナル動画」は、Netflixでしか見ることができません。複数の動画を同時に利用したい人や、4KやUHDなどの「より高画質な動画」を視聴したい人は、月額1,450円のプランに加入すればいいでしょう。それ以外の人なら月額650円という安い料金で利用できるのは嬉しいですね。

※マーベル動画については「マーベル公式ドラマ一覧」を参照。

Netflixのおすすめポイント
月額料金 ベーシック:650円(税抜き)
スタンダード:950円(税抜き)
プレミアム:1,450円(税抜き)
ジャンル Netflixのオリジナル動画 / Netflixのオリジナルの洋画 / Netflixのオリジナルドラマ(海外・国内) / Netflixのオリジナルバラエティ
無料体験期間 1ヶ月無料体験あり!
動画本数 非公開
ダウンロード ダウンロード可能。オフライン(圏外)でも視聴ができる!
お得な会員特典 レコメンド機能で、じぶんにおすすめの作品を推薦してくれる。
マイリスト 500作品をマイリストに登録可能。
スマホアプリ 10秒戻し、マルチデバイス対応。

[Netflixの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓
Netflix(ネットフリックス)

3位:春からオンデマンド見放題の『AbemaTV』

動画配信サービス『AbemaTV プレミアム』の画像と解説

オンデマンドサービス「Abemaビデオ」開始!

AbemaTVは、サイバーエージェントの動画配信サービス。基本的に無料ですが、テレビ朝日との共同で作られた高いクオリティの動画コンテンツが人気です。

2017年4月からは、月額960円のプレミアムプランにて、見放題のオンデマンドサービス「Abemaビデオ」が開始されます。見逃し配信だけでなく、見たかった過去の動画コンテンツも全て見放題で配信される予定。さらに「縦型表示」や「バックグラウンド再生」といった高機能も追加されます。「将棋チャンネル」や「サッカーチャンネル」のようなニッチなジャンルの動画も配信してくれる日本一貴重な動画サービスです。

AbemaTVのおすすめポイント
月額料金 無料/プレミアムプラン:960円
ジャンル 映画 / ドラマ / アニメ / ニュース / バラエティ / お笑い / スポーツ / ドキュメンタリー / ペット / 韓流・華流 / 音楽 / 格闘技 / ゴルフ / 釣り / 将棋 / 麻雀
無料体験期間 なし
動画本数 非公開
ダウンロード 不可。
お得な会員特典 プレミアム会員は『過去の番組』をいつでも視聴可能。
マイリスト なし
スマホアプリ あり。番組表、通知予約に対応。

[AbemaTVの評価と詳しい解説を見る]

公式サイトはこちら↓
AbemaTV(アベマTV)

動画配信サービスをおすすめ順で解説!【TOP17ランキング】

第1位:『U-NEXT』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『U-NEXT』の公式サイトの画像

あらゆる動画配信サービスを利用してみましたが、最もおすすめする動画配信サービスは『U-NEXT』です。「月額料金がやや高い」というデメリット以外のマイナスポイントが見当たりません。雑誌見放題も地味に嬉しい。U-NEXTに登録するだけで、レンタルショップだけでなく本屋や漫画喫茶にいく必要もなくなります。

『U-NEXT』のメリット

  • 動画本数がとにかく多い
  • 最新映画がどこよりも早く配信される
  • 「雑誌」も見放題
  • スマホアプリが使いやすさNo.1

『U-NEXT』のデメリット

  • 月額金額が1,990円とやや高い

利用して3年以上。見たい映画やドラマの配信確率がU-NEXTは本当に高いです。マーベル映画やX-MEN、トワイライト、ハリーポッター、トランスフォーマーなどほとんどの洋画をU-NEXTで視聴することができました。シリーズもの最新映画が公開されるたびに「過去映画の一気見配信」や、映画関連情報がおさらいできる「U-NEXTの独自記事」も投稿してくれます。もし動画配信サービスをどれにするか迷っているなら、U-NEXTの「無料トライアル体験」の利用してみてはいかがでしょうか。

当サイトでのおすすめランキング順位表

公式サイトはこちら↓

第2位:『hulu』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『hulu』の公式サイトの画像

海外ドラマが見たい人は、とにかく『hulu』も加入した方が絶対にいいです。他の動画配信サービスと違い「リアルタイム配信」が充実しているからです。とくにhuluのリアルタイム配信では、FOXチャンネルの最新海外ドラマをいち早く視聴可能。たとえば2017年2月時点では、『BONES シーズン11』や『レギオン(X-MENのドラマシリーズ)』、『X-ファイル 2016』を誰よりも早くぼくはネット視聴しています。もちろん、追加料金はなし。

『hulu』のメリット

  • 海外ドラマが豊富
  • 最新の海外ドラマも「リアルタイム配信」
  • 旧作の映画も充実
  • 国内ドラマのラインナップも増加中
  • 月額料金933円で全作品が見放題(追加料金は一切なし)

『hulu』のデメリット

  • 最新映画が少ない
huluの唯一のデメリットが「最新映画が配信されないこと」です。ただこれは、huluが追加料金なしの「完全見放題制」なので仕方ありません。なのでぼくはU-NEXTで最新作を視聴し、U-NEXTで見れない「海外ドラマ」や「リアルタイム配信」をhuluで観る、という形でカバーしています。国内ドラマが好きな人も、同じ方式でHuluに満足するはずです。

当サイトでのおすすめランキング順位

公式サイトはこちら↓

第3位:『FOD/フジテレビオンデマンド』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『FOD/フジテレビオンデマンド』の公式サイトの画像

国内ドラマやバラエティが好きなら、まず加入して間違いないのが『FOD/フジテレビオンデマンド』。2017年以降はテレビ番組を「ネット(スマホ)で見る」時代になります。FODなら見逃したドラマも空いた時間にスマホで視聴できておすすめですね。ここだけの話、最新ドラマやバラエティが放送後7日間限定で無料で視聴できる「プラスプラス」だけなら、FODに未加入でも利用できるので、絶対に利用した方がいいと思います。

『FOD/フジテレビオンデマンド』のメリット

  • 名作ドラマがいつでも見放題
  • 放送中のフジテレビドラマが観れる(見逃し配信)
  • バラエティ番組も観れる
  • オリジナルドラマ・バラエティ番組が充実

『FOD/フジテレビオンデマンド』のデメリット

  • 映画コンテンツが弱い
FOD最大のデメリットは「映画のラインナップがしょぼい」ということ。なので映画はU-NEXTかdTVで見てください。現状では、『FOD/フジテレビオンデマンド』はドラマやバラエティ番組を見るための動画配信サービス。ドラマ好きには本当におすすめできますね。ちなみにスマホで「高画質モード」を選ぶと、1時間の視聴で約400MBのモバイル通信データが発生します。「軽量モード」を選ぶと、1時間に約150MBになりますが、かなり汚い画質になりました。なので、フジテレビオンデマンドで速度制限が気になる場合は「Wi-Fiでの視聴」がおすすめですね。

当サイトでのおすすめランキング順位

公式サイトはこちら↓

第4位:『dTV』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『dTV』の公式サイトの画像

dTVの利用者数は、動画配信サービス業界でNo.1。docomoのスマホ契約時に加入したはいいが、退会を忘れてそのままお金だけ払い続けている……という人も含まれてるとは思いますが、それでも業界首位は凄い。実際に使ってみて、dTVのサービスの質と幅広さの凄さには正直、驚きました。

『dTV』のメリット

  • 「月額500円」が安すぎる
  • 動画配信数はU-NEXTに匹敵の12万本
  • 最新作の映画やドラマも配信(追加料金)
  • FOXチャンネルの「リアルタイム配信」「見逃し配信」にも対応。
  • 「dポイント」を使って最新動画をレンタルできる

『dTV』のデメリット

  • スマホアプリがたまに落ちる
  • レンタル作品がやや多い
dTVのスマホアプリも「たまに落ちる」のが気になりますが、非常に使いやすく多機能。とても月額500円で利用できるアプリとは思えません……。FOXチャンネル配信も嬉しいですし、最新作もレンタル可能。U-NEXTとhuluの「いいとこ取り」という感じの動画配信サービスですね。動画サービスの初心者の人は「入門用」として無料体験してみるのが良さそう。31日間以内に退会する場合、dTVは完全に無料となるのでおすすめです。

当サイトでのおすすめランキング順位

公式サイトはこちら↓

第5位:『Amazonプライム・ビデオ』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『Amazonプライム・ビデオ』の公式サイトの画像

『Amazonプライム・ビデオ』は業界6位の動画配信サービスです。通販サイトAmazonの有料会員「Amazonプライム』になると利用可能。Amazonプライム・ビデオのメリットは「Amazonの全サービスがお得に使えるようになる」というもの。正直、Amazonをよく使う人は今すぐ加入した方がいいレベルです。下記のメリットをご覧ください。

『Amazonプライム・ビデオ』のメリット

  • 1ヶ月当たり「325円」の激安サービス
  • Amazonの送料が無料
  • 「Prime Music」で音楽聴き放題
  • 会員限定の「特別セール」が利用できる
  • Amazonオリジナル動画も視聴できる

『Amazonプライム・ビデオ』のデメリット

  • 映画やドラマの本数が少ない
動画(映画・ドラマ・アニメ)に関しては、本数・ラインナップ共に「やや弱いかな」という感想。ぶっちゃけると、Amazonビデオはあくまでも「プライム会員を増やすための『おまけ』サービス」です。がっつり映画を楽しみたいなら、U-NEXTかhulu、dTVを利用すべき。ただしその他の特典メリットが凄まじ過ぎるので、「話題になった映画やドラマを暇なときにでも見たい」という人なら、Amazonプライム・ビデオに入っておいて損は全くありません。

当サイトでのおすすめランキング順位

公式サイトはこちら↓

第6位:『DMM見放題chライト』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『DMM見放題chライト』の公式サイトの画像

『DMM見放題chライト』は2017年に始まったDMMの動画配信サービス。直感的に、動画本数はこれからどんどん増えそうな感じ。現状のラインナップでは映画・ドラマ・アニメ、どれも弱いのですが、圧倒的に「大人向け動画」の本数が多いのが特徴。とりあえず男性なら入っておいて損はないレベルです。

『DMM見放題chライト』のメリット

  • 「大人向けの動画」が2,000本以上
  • 「大人向けの動画」が見放題
  • 月額540円
  • スマホアプリが使いやすい

『DMM見放題chライト』のデメリット

  • 通常動画(映画・ドラマ・アニメ)の本数が少ない
もしも一般的な映画(洋画・邦画)やドラマ(海外・国内)、アニメがたくさん見たいなら、U-NEXTやdTV、huluを利用すべきです。見たい映画は「ほとんど無い」と言っていい感じでした。ただし、『闇金ウシジマくん』はドラマが1期・2期、映画も2作品全て揃っていたので満足。闇金ウシジマくんのような若干大人向けの作品がDMMの強みですね。繰り返しますが、18歳以上の男子なら、とりあえずDMM見放題chライトに入った方がいい。試してみるとすぐにその意味が分かるはず(笑)。2週間の無料体験がおすすめです。

当サイトでのおすすめランキング順位

公式サイトはこちら↓

第7位:『Netflix(ネットフリックス)』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『Netflix(ネットフリックス)』の公式サイトの画像

『Netflix(ネットフリックス)』は業界7位の動画配信サービス。オリジナルコンテンツが豊富で、他の動画サービスでは見れないドラマが多いのが特徴です。マーベル映画関係の「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」はとりあえず必見ですね。テラスハウスもドキドキできて面白いと思います。

『Netflix(ネットフリックス)』のメリット

  • オリジナルコンテンツが豊富
  • マーベル映画の公式ドラマが見れる
  • 「月額650円」で十分に楽しめる

『Netflix(ネットフリックス)のデメリット

  • Netflix以外の動画が基本見れない
Netflix(ネットフリックス)には月額650円、月額950円、月額1,450円の3種類のプランがあります。でもノートパソコンやスマホ・タブレットで視聴する分には、650円のベーシックプランでOK。ただし、他の動画サービスで「650円」を払うとたくさんのジャンルの中からたくさんの映画・ドラマが見れます。つまり何を優先するかが重要。最もおすすめは、普段はU-NEXTdTVに登録しておき、どうしても見たいNetflixの独自コンテンツが増えてきたらNetflixに入り、1ヶ月で一気に視聴するという利用方法。これが一番経済的かなと思いますね。

当サイトでのおすすめランキング順位

公式サイトはこちら↓
Netflix(ネットフリックス)

第8位:『dアニメストア』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『dアニメストア』の公式サイトの画像

『dアニメストア』は、月額400円(税抜き)でアニメが見放題になる動画配信サービス。ドコモ初のサービスですが、ドコモ以外のユーザーも利用可能。つまり「dTVのアニメ版」です。話題の新作アニメや過去の名作アニメなど、ほとんどのアニメが揃っているので、アニメ好きならこの動画サービス一択かなと思います。

『dアニメストア』のメリット

  • 約1900作品のアニメが見放題
  • 月額400円
  • ドコモ以外でも利用可能
  • 31日間無料でお試しあり

『dアニメストア』のデメリット

  • アニメ以外は見れない

アニメを配信する動画配信サービスとしては、作品数・会員数ともにNo.1。当然、アニメ作品以外は見れませんが、「見飽きる暇」もないほどの動画本数(1,900本)です。

そしてdアニメストアの最もお得な利用方法は、dTVと併用すること。2つサービスで「dポイント」を貯めることができ、さらに使い回すこともできます。dTVdアニメストアを合わせても、まだ月額900円ですからね……。映画・ドラマ・アニメがフルで見放題になるので、ぜひ試して見てください。31日間の無料体験がおすすめです。

公式サイトはこちら↓

第9位:『WOWOWオンライン』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『WOWOWオンライン』の公式サイトの画像

『WOWOWオンライン』は、日本ではじめて有料放送をおこなった民間衛星放送局WOWOWのオンライン動画配信サービス。月額2,300円(税抜き)で「WOWOWプライム」「WOWOWライブ」「WOWOWシネマ」の3チャンネルが見放題になります。PCはもちろん、スマホやタブレットのアプリでも視聴可能。最近は、ネットからの申し込みで初回の料金が1,800円(税抜き)になる「e割」がお得ですね。

『WOWOWオンライン』のメリット

  • 初期費用、加入料金が無料
  • 「WOWOWシネマ」で映画見放題
  • 「WOWOWライブ」で音楽ライブやスポーツが見放題
  • 「WOWOWプレミアム」でドラマやその他番組が見放題
  • マルチデバイス対応(TV・パソコン・スマホ・タブレットOK)
  • 「録画」も可能

『WOWOWオンライン』のデメリット

  • 月額料金がやや高め

WOWOWはネットで登録すると初回料金が1,800円なり、さらに初月は無料。ということは、1,800円で「最大2ヶ月間も」利用できることになります。他の動画配信サービスよりも観れる動画の質が高く、たとえば「アカデミー賞の授賞式」なども観れます。11月は「ディズニー月間」としてディズニーのアニメーション映画も見放題。サッカーやNBAバスケット、ラグビーも視聴可能ですね。スマホアプリも十分に使いやすいかな。映画本数は少ないですが、トータルで見て面白い動画のラインナップなので、個人的にも『WOWOWオンライン』はかなりおすすめです。

公式サイトはこちら↓

第10位:『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』の公式サイトの画像

『TSUTAYA DISCAS / TSUTAYA TV』は、あの有名なTSUTATA(ツタヤ)がはじめた動画配信サービス。ほかの動画配信サービスとちがうのは、「動画見放題」だけじゃなく「全作品借り放題」ということ。つまりレンタルもし放題。その分料金は高めですが、さすがTSUTAYA、その作品数は「本物」です。感覚的には、人気作品を98%くらいの確率で「視聴 or レンタル」できますね。

『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』のメリット

  • TUSTAYAがほこる動画本数
  • 「動画見放題」プランが安い
  • 「見放題」「借り放題」の両方で楽しめる
  • CDやコミックもレンタル可能
  • 30日間無料でお試しあり

『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』のデメリット

  • 「定額レンタル8」プランの月額料金が高い

注目すべきは「料金プラン」の豊富さ。「動画見放題」プランは、月額933円(税抜)。huluと同じ料金設定です。でも、huluと違い、毎月の1,080円分のポイントで「新作」も視聴可能。これは月額1,990円のU-NEXT並みのサービスです。

ただ「定額レンタル8」の月額1,865円はちょっと高いかな。毎月ツタヤの実店舗でレンタルしまくる人にはお得なのかもしれないですが……。それならいっそのこと「動画見放題&定額レンタル8」の月額2,417円プランにしたほうがいいですね。単純計算で381円もお得になりますからね。

あと、動画の本数とバリエーションも凄い……。CDやコミックだけじゃなく、Netflixでしか見れないはずの「Netflixの動画」が視聴やレンタルできるのは本当に驚き。レンタルもすぐ家まで届くし、返却も郵便ポストに入れるだけなので楽チンです。ただ利用方法がすこし難しいので、詳しくは『TSUTAYA TV』公式ページで確認してみてください。分かりにくい場合は、「30日間の無料体験」をためしてみるのがおすすめです。

公式サイトはこちら↓

第11位:『auビデオパス』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『auビデオパス』の公式サイトの画像

『auビデオパス』はauユーザーしか使えない動画配信サービス。実は業界5位のシェア率を誇る人気サービスですが、スマホ契約時に合わせて加入する人も多いです。業界1位のdTVと同じですね。dTVと違って、毎月540円のビデオコインが配布。最新作のレンタルに使えるので、実質的にdTVより540円分お得です。

『auビデオパス』のメリット

  • 国内ドラマがめちゃくちゃ充実
  • Amazonプライム・ビデオよりおもしろい映画が多い
  • 「映画館のチケット代」が安くなる
  • 毎月540円分のビデオコインがもらえる(最新動画のレンタル用)

『auビデオパス』のデメリット

  • 動画を少し検索しにくい(スマホアプリ)
実際使ってみると、auビデオパスは動画配信のクオリティも高いですし、アプリも使いやすいな、という感想です。もしあなたがauユーザーなら、Amazonプライム・ビデオに325円出すより、au公式/ビデオパスに月額562円出した方が満足度は上。「auのID」がある人なら簡単に登録・利用ができます。30日間の無料でお試しできるので、ぜひ一度登録してみてほしいですね。

当サイトでのおすすめランキング順位

公式サイトはこちら↓

第12位:『ニコニコ動画』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『ニコニコ動画』の公式サイトの画像

『ニコニコ動画』は他の動画配信サービスと違い、「個人が配信する動画」が多いサービス。最近は有名人も増え、メンタリストDaiGoさんや堀江貴文さんなどの有料コンテンツ(生放送・動画)が主流になっています。収入も稼げるので、これからの時代「副業」のために登録するのも良さそうですね。

『ニコニコ動画』のメリット

  • 他にはない有名人の動画コンテンツがある
  • 自分も生配信・投稿できる
  • 動画にコメントをつけることができる
  • 自分の「コミュニティ」を作れる
  • 人気になると「収入」も得られる

『ニコニコ動画』のデメリット

  • スマホアプリが使いづらい
スマホアプリの使いづらさが最大のデメリット。競合のLINE LIVEやAbemaTVに比べると、けっこう出遅れ感がありますね……。ただし、コンテンツの独自性はいまだ現役。クレジットカードがなくても利用できるのも嬉しいですね。プレミアム会員では、混雑時にも優先的に動画を視聴できたり、iPhoneのアプリでは「倍速」で見れたり、と快適かつ効率的に利用できる環境で動画を視聴できるようになります。ここ最近、とくに独自チャンネルの質が上がってるので、最近のニコニコ動画を試してみるのがおすすめですね。ちなみに僕は5つの有料チャンネルに登録してます。

当サイトでのおすすめランキング順位

公式サイトはこちら↓
ニコニコ動画

第13位:『ゲオチャンネル』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『ゲオチャンネル』の公式サイトの画像

『ゲオチャンネル』は、有名レンタルショップ・ゲオがはじめた動画配信サービス。月額590円で、約8万本の動画を視聴できるのが売りです。ただ『TSUTAYA TV』と比較すると、レンタルし放題ではないので、選ぶメリットは少なめ。「動画見放題」だけなら、より安い料金設定の『dTV(月額500円)』のほうがお得ですし。要するに、ゲオの実店舗を毎月ヘビー利用している人向けの動画配信サービスですね。

『ゲオチャンネル』のメリット

  • 月額590円(税抜き)
  • 動画本数が、8万本
  • スマホ、タブレット、TVで視聴可能
  • ゲオ実店舗で「レンタル泊数」が1日or3日延びる
  • 14日以内の退会なら課金されない

『ゲオチャンネル』のデメリット

  • 他の動画サービスと比較して、主要な人気映画が少ない

「12ジャンル8万本」という話ですが、実際に利用して検索してみると「観たい映画」の数は少なかったですね。少なくとも、ぼくが利用した2017年2月時点では、月額590円だと割高かなという感想です……。それなら、月額500円の『dTV』か月額933円の『hulu』や『TSUTAYA TV』のほうが当然お得。もちろん観たい映画は人それぞれですが、今洋画で大人気になっている『アベンジャーズ映画シリーズ』がほとんど配信されてないのは、かなり微妙だと思いましたね。

公式サイトはこちら↓
ゲオチャンネル

第14位:『楽天SHOWTIME(ショウタイム)』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『楽天SHOWTIME(ショウタイム)』の公式サイトの画像

『楽天SHOWTIME(ショウタイム)』は、楽天が運営する動画配信サービス。他の動画配信サービスと違い「見放題プラン」がないので、購入かレンタルしないと動画を視聴することができません。ただし、楽天ポイントを使って動画を視聴したり、逆に楽天ポイントを貯めることは可能。楽天のヘビーユーザー向けの人のための動画配信サービスですね。

『楽天SHOWTIME(ショウタイム)』のメリット

  • 楽天スーパーポイントが貯まる
  • 楽天スーパーポイントが使える

『楽天SHOWTIME(ショウタイム)』のデメリット

  • 「見放題プラン」がない
  • たくさん視聴するなら料金が高い!!

他の動画サービスと違うのは、「月額の基本料金が無料」という部分です。ですがそれは「見放題プラン」がないので当たり前。お得なわけではありません……。むしろ動画を見るたびに料金が発生するので、たくさん映画やドラマ、アニメを見たい人が損をするようなシステムだと思いますね……。

じつは「プレミアム見放題パック」という商品も一応あるようですが、この中身は完全にU-NEXT。楽天SHOWTIME経由で『U-NEXT』に登録するだけです。楽天経由の場合は「400ポイント」もらえるキャンペーンもありますが、U-NEXTから直接登録すると「600ポイント」もらえます。以上をまとめると、ふつうに『U-NEXT』に加入した方がお得ですね。

公式サイトはこちら↓

第15位:『プレミアムGYAO』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『プレミアムGYAO』の公式サイトの画像

『プレミアムGYAO』は、Yahoo! JAPANが運営する動画配信サービス。Yahoo!プレミアム会員なら月額500円で利用できますが、それ以外の人は月額800円。すでにYahoo!プレミアム会員の人、これから入る予定の人は「3ヶ月間無料」になるのでおすすめですが、それ以外の人にはちょっと割高ですねぇ……。

『プレミアムGYAO』のメリット

  • Yahoo!プレミアム会員なら3ヶ月間無料
  • Yahoo!プレミアム会員と「同時加入」でも3ヶ月間無料
  • Yahoo!プレミアム会員なら月額500円(税抜き)

『プレミアムGYAO』のデメリット

  • 無料動画もあるが、広告が入って邪魔。
  • Yahoo!プレミアム会員じゃないなら、月額800円(税抜き)はやや割高!!

元々「GYAO!」は無料動画サービスとしてスタートしてるので、無料動画もあります。でも、30秒くらいの広告が入るのでけっこう邪魔ですね。「最新ドラマ見逃し配信」が無料なのはお得なのですが、最近は『フジテレビオンデマンド』や『hulu』でも同様のサービスがあります。何かの動画配信サービスを利用するつもりなら、あえてGYAO!で観る意味はないかなとは思いました。

まとめると、プレミアムGYAOに入るなら、まずYahoo!プレミアムに登録し、そのあとプレミアムGYAOに加入するのが最もおすすめの利用方法です。Yahoo!プレミアム登録を前提として考えるなら、「3ヶ月間無料」と「月額500円」は十分にメリットですよ!

公式サイトはこちら↓
プレミアムGYAO

第16位:『AbemaTV』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『AbemaTV』の公式サイトの画像

『AbemaTV(アベマTV)』はサイバーエージェントとテレビ朝日がはじめた動画配信サービス。現在は無料動画のみの配信。しかし2017年4月以降、映画やドラマが見放題になる『Abemaビデオ』がスタートします。利用料金は月額960円(税込み)の予定。

『AbemaTV』のメリット

  • いつでも「リアルタイム放送」が見れる
  • オリジナル番組が多い
  • 見逃し番組のタイムシフト視聴がある

『AbemaTV』のデメリット

  • バックグラウンド再生ができない
  • 動画が「タテ表示」にならない
  • 動画と動画の間に「CM」が入る
AbemaTVは、現状では「暇つぶしに観るための動画サービス」なので、バックグラウンド再生ができないのが最大のデメリット。さらに「タテ表示」も非対応です。しかし、Abemaビデオがスタートする4月頃には、バックグラウンド再生とタテ表示の両方ができるようになります。あとはAbemaビデオが、「U-NEXT並みの動画本数」になってくれたら嬉しいですね。

当サイトでのおすすめランキング順位

公式サイトはこちら↓
AbemaTV(アベマTV)

第17位:『LINE LIVE』を実際に利用してみた感想と解説、評判

動画配信サービス『LINE LIVE』の公式サイトの画像

LINE LIVEは、LINEが運営する動画配信サービス。昔は芸能人・有名人が生配信するためのアプリでした。でも、2016年以降は一般人が生配信できるようになっています。アプリをダウンロードすると分かりますが、ほとんどのユーザーが10代20代の一般人。彼らが「ツイキャス」のように生配信している感じです。

『LINE LIVE』のメリット

  • 視聴者と交流ができる
  • 「生配信」ができる
  • 人気者になれる(かも)

『LINE LIVE』のデメリット

  • 有名人の配信がすくない
  • 映画などの動画コンテンツがない

LINE LIVEでは、映画やドラマなどの動画を視聴することはできません。一般人配信者の生配信を見てコメントしたり、フォローしたりするのが主な機能ですね。ライブ配信はツイキャス以外にも、YouTubeやFacebook、Instagramなどで盛り上がってきているジャンル。自分のターゲット層が10代ならLINE LIVEを使い、20代女子ならInstagramを使い、30代以上ならFacebookを使うのがおすすめです。もしもあなたが「オタク」だったら、ニコニコ動画のプレミアム会員になってニコ生をするのが一番ですけどね。

公式サイトはこちら↓
LINE LIVE (ラインライブ)

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterで最新情報を