247
shares

ダーク・ユニバースとは?今後公開されるモンスター映画10作品の時系列を大解説【ユニバーサル・ピクチャーズ】

スポンサーリンク

ついにユニバーサル・ピクチャーズが「ダーク・ユニバース」プロジェクトという超大作な映画シリーズをスタートさせました!

第一弾となるのは、2017年公開『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』です。

今後のダーク・ユニバースでは、フランケンシュタインや透明人間、魔人ドラキュラなど、ハリウッドの伝説的モンスターを次々と登場していく予定。

「モンスター映画」が好きな人は必見ですよ!

余談ですが、このダーク・ユニバースは、

に対抗するクロスオーバー超大作シリーズです。

今後の「ダーク・ユニバース」シリーズで、どんな映画が公開されるのでしょう。例えば最新作品の公開時期は何年ごろになるのか。1つずつ解説していきましょう!

スポンサーリンク

この記事では以下の情報をお届けします。

「ダーク・ユニバース」シリーズとは?

ダークユニバースの画像(ユニバーサル・ピクチャーズのモンスター映画シリーズ)

出典:universalpictures.com

ダーク・ユニバースは、1920年頃以降、大ブームとなったハリウッド・モンスター映画たちを「1つのシリーズ」にまとめ上げる歴史的クロスオーバー作品です。

とにかく「モンスター」に焦点を当てたシリーズということで、正式名称が「ダーク・ユニバース」に決まる前は「モンスターシリーズ」と呼ばれていました。

また、ダーク・ユニバースプロジェクトは、ユニバーサル・ピクチャーズが往年手がけてきた伝説的な「古き良きハリウッドのアイコン(モンスター)」を現代に蘇らせる特大企画でもあります。

では、「ダーク・ユニバース」シリーズにはどんな「ハリウッド映画モンスター」が登場するのでしょうか。

順番に解説していきます!

ダーク・ユニバースの公開予定作品一覧!【時系列順】

「ダーク・ユニバース」に登場するモンスターは、たとえば、ミイラ、フランケンシュタイン、半魚人、透明人間、狼男、ドラキュラなど。

どのモンスターも有名で「一度は聞いたことのある」キャラクターばかりですね。

下記は「ダーク・ユニバース」として公開予定の映画一覧です。

  1. 『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』(2017年)
  2. 『フランケンシュタインの花嫁(仮)』(2019年公開予定)
  3. 『大アマゾンの半魚人(仮)』(公開日未定)
  4. 『透明人間(仮)』(公開日未定)
  5. 『ヴァン・ヘルシング(仮)』(公開日未定)
  6. 『狼男(仮)』(公開日未定)
  7. 『フランケンシュタイン(仮)』(公開日未定)
  8. 『魔人ドラキュラ(仮)』(公開日未定)
  9. 『オペラの怪人(仮)』(公開日未定)
  10. 『ノートルダムのせむし男(仮)』(公開日未定)

すでに10作品もあるので、ダーク・ユニバースは最新映画を見忘れないようにしないといけません!

2017年には、早くもダーク・ユニバース第1作目となるのモンスター映画『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』が公開されます。

この一覧は今の時点での予定。まだまだ「時系列」が変更になったり、新たにモンスター映画が追加されることもあるでしょう。どの映画も「伝説的なモンスター」たちが登場する作品ということで、ぜひ面白い作品になってほしいですね。

この記事も新情報に合わせて随時更新していくので、定期的にチェックしてもらえたら嬉しいです。

お次は、今後ダーク・ユニバースがどんな映画・どんなキャラクターを登場させるのか、丁寧に解説していきます!

スポンサーリンク

1作目『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』(2017年)

1932年公開『ミイラ再生』のリブート映画

ダークユニバースのモンスター映画『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』の登場人物の画像

出典:universalpictures.com

ダーク・ユニバース1作目『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』は、1932年に公開された映画『ミイラ再生』のリブート作品です。

ストーリーが繋がっているわけではないけど、ミイラ男を描いた映画シリーズ(「ザ・マミー」シリーズ)の第18作目となる映画ともいえます。

ダーク・ユニバースの『ミイラ』はトム・クルーズ主演ということで、期待大ですね。

『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』は、第2作目の『フランケンシュタインの花嫁(仮)』に続きます!

2作目『フランケンシュタインの花嫁(仮)』(2019年公開予定)

1935年公開『フランケンシュタインの花嫁』のリブート映画

ダーク・ユニバース2作目『フランケンシュタインの花嫁(仮)』は、1935年に公開された映画『フランケンシュタインの花嫁』のリブート作品。

「ダーク・ユニバース」シリーズではフランケンシュタインの1作目として公開されることになりますが、オリジナル版の映画は以下のような順番で公開されています。

  1. フランケンシュタイン (1931年)
  2. フランケンシュタインの花嫁 (1935年)
  3. フランケンシュタインの復活 (1939年)
  4. フランケンシュタインの幽霊 (1942年)

ダークユニバースシリーズでは、『フランケンシュタイン(仮)』も公開予定です。ストーリーがどう繋がるかは気になりますね!

3作目?『大アマゾンの半魚人(仮)』(公開日未定)

1954年公開『大アマゾンの半魚人』のリブート映画

続いてダーク・ユニバースでは、1954年のSFホラー映画『大アマゾンの半魚人』がリブートされる予定。

オリジナル版の映画は、「古代生物と現代文明の摩擦により起きる悲劇」や「人間の女性に恋をした半魚人の運命」などが描かれた名作映画でした。

当時としては最新技術だったアナグリフ式の3D映画(赤と青のメガネをかけるタイプ)として公開された映画でした。

なんとなく、ホラーテイストが強めの映画になる予感がしますが、進化した最新技術でどのくらい魅せてくれるか楽しみです。

4作目?『透明人間(仮)』(公開日未定)

1933年公開『透明人間』のリブート映画

続いてダーク・ユニバースでは、1933年のSFホラー映画『透明人間』がリブートされる予定です。

オリジナル版の『透明人間』は、1930年代の映画の中で最も偉大なユニバーサル・ホラーの映画の1つと言われるほどの名作映画。

とくにダーク・ユニバースでは、ジョニー・デップが主演で『透明人間』が描かれるということで期待大です。

SF映画のような雰囲気になる可能性が高いですが、より斬新で楽しめる映画になってもらいたいですね!

5作目?『ヴァン・ヘルシング(仮)』(公開日未定)

2004年公開『ヴァン・ヘルシング』のリブート映画

続いてダーク・ユニバースでは、2004年の映画『ヴァン・ヘルシング』がリブートされる予定。

主人公のヴァン・ヘルシングは「吸血鬼ハンター」の代名詞的キャラクターです。2004年のオリジナル版映画ではヒュー・ジャックマンが主人公役を演じていました。

ダーク・ユニバースシリーズでの『ヴァン・ヘルシング』は、さらにいくつかの設定変更が行われることになるでしょう。

各モンスター、特に宿敵となる「魔人ドラキュラ」との関わりに要注目ですね!

6作目?『狼男(仮)』(公開日未定)

1941年公開『狼男』のリブート映画

続いてダーク・ユニバースでは、1941年のホラー映画『狼男』がリブートされる予定。

オリジナル版の映画は、『フランケンシュタインと狼男』などの映画でフランケンシュタインシリーズとクロスオーバーしていますね。

また2010年には『ウルフマン』というアメリカ映画が公開されました。これも『狼男』のリメイク映画。

ダークユニバースでの『狼男』がどんな映画になるのか、楽しみですね!

7作目?『フランケンシュタイン(仮)』(公開日未定)

1931年公開『フランケンシュタイン』のリブート映画

続いてダーク・ユニバースでは、1931年のホラー映画『フランケンシュタイン』がリブートされる予定。

ダーク・ユニバースとしては『フランケンシュタインの花嫁』が先に公開されることになっていますね。

なんとなく『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を公開した後に、『バットマン(仮)』を製作しようとしている『ジャスティス・リーグシリーズ』に似てる気がします。

どのようなストーリー展開になるかは分かりませんが、めちゃくちゃ怖くてめちゃくちゃかっこいい映画にしてほしいですね!

8作目?『魔人ドラキュラ(仮)』(公開日未定)

1931年公開『魔人ドラキュラ』のリブート映画

続いてダーク・ユニバースでは、1931年のホラー映画『魔人ドラキュラ』がリブートされる予定。

オリジナル版の映画では、のちに『女ドラキュラ』『ドラキュラとせむし女』などの続編映画が作られています。

ダークユニバースでも、ドラキュラ関連のスピンオフ映画がたくさん作られそうですね。

ドラキュラの宿敵であるヴァン・ヘルシングが登場する『ヴァン・ヘルシング』もリブートされる予定なので、ドラキュラ映画(ヴァンパイア映画)はかなり盛り上がるかもしれません。

ちなみに「ヴァンパイア映画」でとくに人気のシリーズは『トワイライト』や『アンダーワールド』です。どちらも最新のおもしろい映画なので、ぜひご覧くださいね!

関連記事:トワイライトはこの順番で見よ!シリーズ5作品の時系列と続編のあらすじ、見どころを徹底解説
関連記事:アンダーワールドはこの順番で見よ!シリーズ5作品の時系列とあらすじを徹底解説【ヴァンパイア】

9作目?『オペラ座の怪人(仮)』(公開日未定)

1925年公開『オペラの怪人』のリブート映画

続いてダーク・ユニバースでは、1925年のホラー映画『オペラの怪人』がリブートされる予定。

オリジナル版の映画は、小説『オペラ座の怪人』を原作としてその後何度もリメイクされていますが、怪人エリックの年齢や設定もコロコロ変わっています。

ダークユニバースでは、怪人エリックを誰が演じるのか、どんな設定になるのか。他のモンスター映画とどう絡むのか。楽しみすぎる!

10作目?『ノートルダムのせむし男(仮)』(公開日未定)

1923年公開『ノートルダムのせむし男』のリブート映画

続いてダーク・ユニバースでは、1923年の映画『ノートルダムのせむし男』がリブートされる予定。

過去ユニバース・ピクチャーズは、「せむし男」というモンスターをテーマに何作品もの映画を制作してきました。

そもそも「せむし」という言葉は現代ではもうあまり使われなくなっています。簡単に解説すると、せむしとは「背骨が湾曲し、背が後方に盛りあがっている状態」のこと。

「せむし男」は名前だけでもインパクトがありますが、ビジュアル的にも目立ちやすいので、映画化には期待大。

ちなみに『ノートルダムのせむし男』の原作は、小説『ノートルダム・ド・パリ』です。邦題の名前とは全然ちがいますね。

新しい『ノートルダムのせむし男』はどんな映画になるんでしょう。想像できませんが、期待したいですね……!

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterで最新情報を