ミュージカル映画ドリームガールズのおすすめ名曲セレクション10選

おすすめのミュージカル映画ドリームガールズについて

おすすめのミュージカル映画etc.7選は見ていただけましたか?

映画ドリームガールズで聴けるおすすめ名曲セレクション10選

を今日はお届けしたいと思います。

というのも、映画『ドリームガールズ』の中で使用されているのはとにかく素晴らしい良曲ばかり。しかも!歌っているメンツもすごく豪華なキャストたちで、ビヨンセ・ノウルズ、ジェニファー・ハドソン、ジェイミー・フォックス、エディ・マーフィなどそうそうたるメンバーなんです。

それでは、映画ドリームガールズの中から「これは聴いておくべき!」というおすすめの曲を厳選します。歌が気に入った方は、映画の視聴もおすすめですよ!

ザ・ドリームズ(ドリーメッツ)

Move

ザ・ドリームズに改名前の田舎時代の曲。

この頃は、ジェニファー・ハドソンがセンターで歌いまくってますねぇ。貴重な映像。なぜなら、(映画を見ると分かりますが)いずれグループのビジュアル戦略によってセンターの座をビヨンセにゆずる羽目なるからです。

ジェニファー・ハドソンの歌唱力が存分に発揮されているナンバーですね。

Dreamgirls

映画『ドリームガールズ』のテーマソングなので、この歌だけ知ってるという人も多いのでは?

キャッチーでほんと良い曲です。この曲になると、ジェニファー・ハドソンの見せ場は、1分15秒、2分1秒あたりのたった2回にまで減ってしまっていますね。ここからメンバー達の確執が生じていくわけです。

ビヨンセ・ノウルズの歌声を堪能できるし、大好きな曲です!

ビヨンセ・ノウルズ

Listen

物語の終盤で流れるビヨンセ・ノウルズのソロ曲。

But now I got to find my own・・・と、じぶんの道を自らの意志で進もうとする女性の感情が力強く歌われています。2007年には、ビヨンセが自分のシングル曲としてリリース。

日本だけじゃなく世界中で歌唱力に自信のある女性がカバーする有名曲ですね。

ジェニファー・ハドソン

Love You I Do

この映画で「主演のビヨンセを食った」とまで言われ、助演女優賞をとったジェニファー・ハドソン。

この歌『Love You I Do』でも、その歌唱力の高さも見せつけてくれています。このライブパフォーマンスも映画やCDの音源と同じか、それ以上のクオリティですね。

ぼくは単純に曲が良いと思うし、好きです。

And I Am Telling You I’m Not Going

1980年代に始まったミュージカル『ドリームガールズ』から歌い継がれてきた名曲。元々は、当時エフィ役を務めたジェニファー・ホリディが歌って有名になった曲でした。

25歳でまだ歌手デビューもしていないジェニファー・ハドソンの、この歌い上げっぷりはもう見事としか言いようがありません。

ジェニファー・ハドソンを一躍トップスターにした伝説的ソングです。このシーンを観るためだけに映画を視聴するのも悪くないかもしれませんね。

ジェイミー・フォックス

When I First Saw You

ジェイミー・フォックスのソロ曲。

プロデューサー役のジェイミー・フォックスが、ビヨンセ演じるディーナに想いを告げる曲ですね。良い曲です。

ジェイミー・フォックスは2004年に映画『Ray/レイ』でレイチャールズを熱演し「アカデミー主演男優賞」も取っていますね。

個人的には、こっちのデュエットバージョンが好きです。ビヨンセとジェイミーフォックスのハモりや掛け合いが素晴らしい。ぜひ聴いてみてください。

エディ・マーフィ

Cadillac Car

エディ・マーフィのソロ曲。

アメリカの高級車キャデラックを手に入れた男の高揚感を歌った曲です。ノリノリでいつ聴いても楽しめる曲だと思いますね。

ザ・ドリームズのメンバーがコーラスを務めているなんとも豪華なナンバーです。

Steppin’ To The Bad Side

エディ・マーフィが演じるジミーの真骨頂ソング。

ノリノリのエディ・マーフィをお楽しみください。ちなみに、このあとザ・ドリームズが売れていき、反対に人気に陰りが見え、憂いを帯びてくるジミー。

映画の中ではしっとり系のバラードやラップなども歌っています。よかったら映画をどうぞ。

ドリームガールズ限定のコラボ曲

Family

ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、ジェニファー・ハドソン、キース・ロビンソンが一緒に歌うコラボ曲。

We are a family like a giant tree branching out the sky. 「私たちは家族だ。空に枝分かれする大樹のような」と歌っています。

エフィ役であるジェニファー・ハドソンの表情を見てわかる通り、このあと亀裂が生じ、家族はバラバラになっていくんですよ。ザ・ドリームズの栄光の影で。

It’s All Over

かわいそうなエフィ(ジェニファー・ハドソン)

必死に訴えかけるように歌っています。このあと皆んなが出ていって、独りになってすぐに『And I Am Telling You I’m Not Going』を歌う、という流れですね。

注目すべき、重要なシーンです。

ミュージカル版の映像も見つけました。

歌い手が変わるだけでぜんぜん印象がかわりますね〜。おもしろい。

映画ドリームガールズまとめ

おすすめミュージカル映画ドリームガールズの画像

良い曲も多いし、歌唱力が高いし、歌だけで満足してしまった人も多いかもですね。

でも本編のストーリーに合わせて見た方が、100倍おもしろいはずです。観たくなった方はぜひ映画も視聴してみてくださいね。楽しめると思います!

『ドリームズガールズ』を無料視聴してみる
1ヶ月間以内の退会で完全無料
映画観るなら<U-NEXT>

その他のおすすめ映画はこの記事をどうぞ
今すぐ視聴できるおすすめの無料映画ランキングベスト450

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterでかみいちを