『新感染』シリーズはこの順番で見よう:時系列とストーリーまとめ

韓国ゾンビ映画『新感染/ファイナル・エクスプレス』シリーズの画像

今回は韓国ゾンビ映画『新感染/ファイナル・エクスプレス』シリーズの順番について。作品の公開日順だけでなく、ストーリーの時系列順もまとめていきます。

映画『新感染』シリーズの登場人物の画像映画『新感染』シリーズ2作品のあらすじ・評価・感想・レビューまとめ

各作品のあらすじや評判はこちらの記事をどうぞ。

『新感染』シリーズとは?ざっくり解説

シネマルくんの画像シネマルくん

まず、新感染シリーズの1作目映画について解説します。

シリーズ第1作目となる
『新感染/ファイナル・エクスプレス』

映画『新感染』のポスター画像

『新感染/ファイナル・エクスプレス』は、高速鉄道の密室で発生した「謎のウィルスの感染拡大」の恐怖を描く韓国のサバイバルパニックアクション映画です。韓国では珍しいジャンルにも関わらず大ヒットし、日本でもすごく話題になりました。

一言で言うと?

「列車ゾンビ映画」ですね。

シネマルくん

ここからは視聴する順番についての解説です。

『新感染』を観る順番は2パターン

『新感染』の観る順番は2パターンあります。

とくにこだわりがない人は「公開順」で、ストーリーを重視したい人は「時系列順」で観ていくといいかもしれません。

『新感染』シリーズの公開順

まずは『新感染/ファイナル・エクスプレス』のシリーズ作品を公開日順に並べました。

公開順

  1. 『新感染/ファイナル・エクスプレス』(2016年)「韓国」で2016年7月20日に公開。「日本」では2017年9月1日に公開。
  2. 『ソウル・ステーション/パンデミック』(2016年)「韓国」で2016年8月18日に公開。「日本」では2017年9月30日に公開。

上から順番に解説していきます。

1.記念すべき1作目の『新感染/ファイナル・エクスプレス』

『新感染』の主人公と娘の画像
『新感染/ファイナル・エクスプレス』は韓国で2016年7月に公開されました。ゾンビ映画の少なかった韓国で新しいジャンルが開拓されようとしているのかもしれません。

2.前作の前日譚の『ソウル・ステーション/パンデミック』

『ソウル・ステーション/パンデミック』のゾンビ画像
『ソウル・ステーション/パンデミック』は韓国で2016年8月に公開されました。監督は『新感染』と同じくヨン・サンホ監督です。
公開順で観ると?

『新感染/ファイナル・エクスプレス』→『ソウル・ステーション/パンデミック』という順番で観ることで、別の視点からこのシリーズを2度楽しむことができます。

シネマルくん

具体的には、1作目では描かれていなかったソウル駅のくわしい状況が2作目で判明します。

『新感染』シリーズの時系列順

次に『新感染/ファイナル・エクスプレス』のシリーズ作品を時系列順に並べました。

時系列順

  1. 『ソウル・ステーション/パンデミック』(前日譚)パンデミック発生時のソウル駅の状況が丁寧に描かれます。
  2. 『新感染/ファイナル・エクスプレス』(1作目)韓国全体で発生した謎の集団感染がおもに主人公視点で描かれます。

上から順番に解説していきます。

1.最初の感染者の様子が見れる『ソウル・ステーション/パンデミック』

『ソウル・ステーション/パンデミック』の主人公女性の画像
ソウル駅周辺から感染がはじまり、街はしだいに混乱状態におちいっていきます。その様子はこの『ソウル・ステーション/パンデミック』でしか観ることができません。

2.謎の多い『新感染/ファイナル・エクスプレス』

『新感染』のゾンビ画像
『新感染/ファイナル・エクスプレス』ではソウル駅の最初のゾンビ感染から少し時間が経過したあたりから物語がはじまります。感染がどんどん拡大していく様子も描かれていきます。
時系列順で観ると?

ゾンビ発生後の出来事の時間軸を追うことができます。『新感染』でもソウル駅の状況がすこしは流れるので、シリーズ全体のつながりを感じることもできます。

シネマルくん

「1作目→前日譚→1作目」という順番で観てもいいかもしれませんね。

『新感染』シリーズのストーリーを時系列にしてみました

「映画を観る暇がない」という人のために、『新感染/ファイナル・エクスプレス』と『ソウル・ステーション/パンデミック』のストーリーをまとめてみました。

元風俗嬢のヘスンがソウルの夜の街をさまよっている

新感染シリーズのストーリー①〜ソウルの風俗嬢ヘスン〜
元風俗嬢のヘスンは同棲中の彼氏(ヒモ)のキウンと喧嘩。仕方なく、夜のソウルの街を独りさまよいはじめます。

重傷を負う1人のホームレスが登場する

新感染シリーズのストーリー②〜ホームレスゾンビの画像〜
一方ソウル駅では、1人の重傷を負ったホームレスが現れます。しかし周りの人間はいつものようにホームレスの彼を見て見ぬふり。ついに瀕死の彼は死んでしまい、そこから謎のウイルスが蔓延しはじめます。

ヘスンの父を名乗る人物が登場する

新感染シリーズのストーリー③〜登場人物(ヘスンの彼氏と父)の画像〜
さらにヘスンの父を名乗る人物も登場し、彼氏のキウンは彼と一緒にヘスンを探しはじめます。しかしこの2人もまたゾンビの奇襲にあってしまいます。

ソウルの街はゾンビで埋め尽くされてしまう……。

新感染シリーズのあらすじ④〜ゾンビで溢れかえるソウル駅〜
襲われた人がゾンビとなり、ソウルの街がゾンビだらけになっていきます。キウンとヘスンの父はついにヘスンを見つけ出すも、なんと本当の修羅場はそこからでした……。

シネマルくんの画像シネマルくん

ここからは『新感染/ファイナル・エクスプレス』のストーリーです。

会社員のソグが娘と一緒にソウル駅に

新感染シリーズのあらすじ⑤〜主人公たちが高速鉄道に乗り込む〜
娘のスアンを別居中の妻の元につれていくため、金融機関で働くソグがソウル駅にむかいます。ソグはまだ集団ウイルス感染の事態にまったく気づいていません。

列車の中に感染者が紛れこんでしまう

新感染シリーズのあらすじ⑥〜列車の中でパンデミックが発生〜
でも列車の中にはゾンビに噛まれたあとのある1人の女性も乗りこんでいました。そして列車の出発後、ゾンビ化した彼女が乗務員や乗客を襲いはじめてしまいます。

自己中心的で非協力的な乗客たち

新感染シリーズのあらすじ⑦〜列車で衝突をする主人公たち〜
列車にはソグ親子のほか、自己中心的な中年サラリーマンや、妊婦とその夫、遠征中とみられる野球部の高校生たちが乗っていました。でもみんな自己中心的で、自分の身の安全しか考えていません。

みにくい人間同士の争いがはじまってしまう……。

新感染シリーズのあらすじ⑧〜映画のクライマックスへ〜
ところが身勝手だった乗客たちも感染爆発が広がるにつれ、互いに協力しはじめます。しかしそんな彼らと対立する乗客も現れ、乗客全員を巻きこんだみにくい争いに発展してしまいます……。

新感染シリーズを1つの時系列にまとめてみました。気になった方はぜひ映画も観てみてくださいね。個人的には『新感染/ファイナル・エクスプレス』がおすすめです。

視聴できます。

配信期限は変更・延長になる場合があります。詳しくはリンク先をご確認ください。

『新感染』と『ソウル・ステーション』のつながり

最後は『新感染/ファイナル・エクスプレス』と前日譚アニメ『ソウル・ステーション/パンデミック』のつながりについて。

重要な4つのポイントにまとめてみました。

  1. ヘスンは両作品に登場する?
  2. 『新感染』と『ソウル・ステーション』はほぼ同時期?
  3. ソウル市内の映像が『新感染』で流れる?
  4. 両作品に登場するホームレスの存在について

ひとつずつ解説していきます。

1.『新感染』と『ソウルステーション』に登場するこの女性は同一人物?

『新感染』で特急列車に取り込んできた第一感染者を演じるのは、韓国人女優のシム・ウンギョン。一方、『ソウル・ステーション』の主人公で元風俗嬢ヘスンの声もシム・ウンギョンが担当しています。

両作に登場するこのヘスンという女性は、同一人物の可能性が高いのでは?

2.『新感染』と『ソウル・ステーション』の時間軸

新感染シリーズの時間軸をまとめると、前日の夜にウイルス感染開始→感染が広がりつづける→翌日の朝主人公が乗る列車に感染、となります。

厳密には、『新感染』のストーリーも夜から始まるので、『新感染』と『ソウル・ステーション』はほぼ同時期の出来事と考えてよさそうです。

3.『ソウル・ステーション』の舞台であるソウル市の映像が『新感染』で流れる

ゾンビウイルスが蔓延したソウル駅の画像

『新感染』で特急列車が出発する頃、テレビで「ソウル市街で暴動が発生した」というニュース映像が流れてきます。その時のソウル市内の状況をくわしく描いたのが『ソウル・ステーション』というわけです。

4.両作品に登場するホームレスの存在

『ソウル・ステーション』にはたくさんのホームレスが登場しますが、『新感染』にも1人のホームレスが登場します。

彼は映画の前半シーンで「みんな死んでしまった……」としきりに呟いていますが、もしかしたら『ソウル・ステーション』で死んでしまったホームレス仲間のことを言っているのかもしれません。

彼は両作品をつなげてくれている重要な登場人物ですね。

『新感染』シリーズの見どころ・まとめ

というわけで、新感染シリーズの時系列をまとめてきました。作品数が少ないのですぐに観終えることができると思います。

この映画には、今の日本人にも蔓延している「個人主義」に対するメッセージが含まれていますが、社会や自分自身のあり方について見つめ直すきっかけになればいいかもしれませんね。

見どころ・まとめ
  • 『ソウル・ステーション』でゾンビになるのは駅に住むホームレスたち
  • 『新感染』のゾンビパニックでは乗客たちの人間性が問われる
  • 基本は公開順で視聴し、ハマった人は時系列も追ってみるのがおすすめ

他のおすすめゾンビ作品はこちらの記事にまとめています。

コメディ系ゾンビ映画ゾンビーノの登場人物ゾンビ映画の名作一覧!おすすめのゾンビ作品を最新作まで徹底解説【初心者OK / 随時更新】
同じカテゴリーの記事はこちら
同じカテゴリーの記事