11
shares

ブルースカイ・スタジオの映画作品一覧!「公開年度」順に徹底解説【アイス・エイジのスタッフが贈る】

『アイス・エイジ』シリーズが面白かったので、同じスタッフが制作している「ブルースカイ・スタジオの映画作品」の一覧を作ってみました。

スポンサーリンク

ブルースカイ・スタジオの映画作品一覧

ブルースカイ・スタジオの映画作品一覧の画像

出典:http://ideas.wikia.com

2017年の現時点までに「11作品」が公開されているんですね〜。

ブルースカイ・スタジオの映画作品一覧【公開済み】

ブルースカイ・スタジオの映画作品一覧です。

  1. 『アイス・エイジ』(2002年)
  2. 『ロボッツ』(2005年)
  3. 『アイス・エイジ2』(2006年)
  4. 『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』(2008年)
  5. 『アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの』(2009年)
  6. 『ブルー 初めての空へ』(2011年)
  7. 『アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険』(2012年)
  8. 『メアリーと秘密の王国』(2014年)
  9. 『ブルー2 トロピカル・アドベンチャー』(2015年)
  10. 『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』(2015年)
  11. 『アイス・エイジ5/止めろ! 惑星大衝突』(2017年)

この中では、『アイス・エイジ』シリーズが一番有名ですね。

『ロボッツ』や『ブルー』も人気の作品です!

公開予定のブルースカイ・スタジオ作品一覧

そして下記が、現在公開を控えている作品の一覧。

ブルースカイ・スタジオ最新映画『フェルディナンド』の登場キャラクターの画像

出典:http://blueskystudios.com
  1. 『フェルディナンド(原題)』(2017年公開予定)
  2. 『ピジョン・インポッシブル(原題)』(2019年公開予定)
  3. 『ニモナ(原題)』(2020年公開予定)

それぞれの原題は、『Ferdinand』『Pigeon Impossible』『Nimona』となっています。でも、邦題は「全然ちがう名前」になるでしょう。

たとえば 6本目の『ブルー 初めての空へ』の現代は『Rio』です。原題と邦題が全然ちがいますよね。

お次は、現在「企画中・開発中」段階の映画作品の一覧です。

  1. 『アヌビス(原題)』(公開予定)
  2. 『マット(原題)』(公開予定)
  3. 『エイリアン学(原題)』(公開予定)
  4. 『フロッグキッシャー!(原題)』(公開予定)
  5. 『帽子からの脱出(原題)』(公開予定)
  6. 『アイス・エイジ6(仮)』(公開予定)

それぞれの原題は、『Anubis』『Mutts』『Alienology』『Frogkisser!』『Escape from Hat』となっています。

ブルースカイ・スタジオ映画は、可愛い「動物たち」や「変わったキャラクター」が登場することが魅力。シドとかスクラットとか。

今後、どんな魅力的なキャラクターが出てくるのが楽しみですね!公開予定作品の情報は、この記事で随時、追加していこうと思います。

では、ブルースカイ・スタジオ映画を順番に解説していきましょう!

スポンサーリンク

ブルースカイ・スタジオ映画を「公開・時系列順」に解説!

『アイス・エイジ』シリーズ(2002年〜)

映画シリーズ5作目『アイス・エイジ5/止めろ! 惑星大衝突』の登場キャラクターと画像

出典:http://blueskystudios.com

アイスエイジは「シリーズもの」の映画作品なので、まとめて解説しておきますね。

  1. 『アイス・エイジ』(2002年)
  2. 『アイス・エイジ2』(2006年)
  3. 『アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの』(2009年)
  4. 『アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険』(2012年)
  5. 『アイス・エイジ5/止めろ! 惑星大衝突』(2017年)
  6. 『アイス・エイジ6(仮)』(公開日未定)

アイス・エイジは、現在5作品が公開中。6作目も公開される予定です。

ただ、5作目『アイス・エイジ5/止めろ! 惑星大衝突』からは日本では劇場公開されずにDVDやデジタル配信のみとなっているので、6作目が映画館で公開されるかというと……微妙なところですね。。

『アイス・エイジ』は、ブルースカイ・スタジオ第一弾の映画シリーズです。作品クオリティは1作目からすごく高くて、とくにキャラクターが最高。

映像のクオリティも、4作目・5作目あたりでめちゃくちゃ上がってますね!

個人的には、むしろストーリーは初期の方が好きかもしれません。でもマニーとシド、ディエゴの3人が楽しく冒険してくれたら、それで満足!

6作目も公開予定ですし、ブルースカイ・スタジオといえば、やっぱり『アイス・エイジ』ですね。

初心者の人は、ぜひこの『アイス・エイジ』シリーズから視聴してみてはいかがでしょう!

こちらで視聴できます。>>『アイス・エイジ』

※「2018年2月9日」まで視聴可能。(初回登録なら無料)。

『ロボッツ』(2005年)

ブルースカイ・スタジオ映画『ロボッツ』の登場キャラクターの画像

出典:http://blueskystudios.com

『ロボッツ』はブルースカイ・スタジオ「第二弾」となる映画作品です。

最大の特徴は、「人が登場しないロボットだけの世界」という点にあります。

例えるなら、「乗りもの」しか登場しないディズニー・ピクサーの『カーズ』に近いです。『アイス・エイジ』も「動物たち」しか出ませんね。

この手のハイ・ファンタジー作品(異世界が舞台)が好きな人には、『ロボッツ』もおすすめの映画といえるでしょう。ロボットの造形もめちゃくちゃ可愛いです!

日本語の吹替版では、元SMAPの草彅剛さんが主人公ロボット・ロドニーの声を演じています。草なぎさんの優しい声がうまくマッチしていました。

主人公ロボットが発明家になるために上京し、スクラップにされそうな人たちと一緒に悪いパーツ会社と戦うストーリーです。

続編作品があるシリーズものではないので、純粋にこの1作品だけで完結するのも手軽に見れていいですね。

こちらで視聴できます。>>『ロボッツ』

※「2017年11月23日」まで視聴可能。(初回登録なら無料)。

『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』(2008年)

ブルースカイ・スタジオ映画『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』の登場キャラクターの画像

出典:http://blueskystudios.com

『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』は、ブルースカイ・スタジオ第4作目の作品。原作は絵本作家ドクター・スースの「ぞうのホートンひとだすけ」です。

原題は「Horton Hears a Who!」。邦題はちょっと意味不明ですが、上手いタイトルだと思います。笑

主人公はゾウのホートン。小さすぎて姿の見えない小人とホートンの交流が描かれます。小人たちを助けるためにホートンが冒険の旅に出る、というストーリーですね。

絵本が原作ということで、めちゃくちゃ神秘的な設定です。小さい子どもは大好きだと思いますね。

動物たちが主人公なだけあって、(映像もキャラクターも)『アイス・エイジ』のような雰囲気の映画に仕上がっていますね。

可愛いアニメ映画が好きな人におすすめの作品です。ぜひ視聴してみてください。

こちらで視聴できます。>>『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』

※「2017年11月23日」まで視聴可能。(初回登録なら無料)。

『ブルー 初めての空へ』シリーズ(2011年〜)

ブルースカイ・スタジオ映画『ブルー 初めての空へ』の登場キャラクターの画像

出典:http://blueskystudios.com

『ブルー 初めての空へ』はシリーズ映画です。下記は現時点での作品一覧。

  1. 『ブルー 初めての空へ』(2011年)
  2. 『ブルー2 トロピカル・アドベンチャー』(2015年)

ブルースカイ・スタジオとしては第6作目と第9作目の作品ですね。

ブルーという名前の青いインコが主人公です。ブルーは飛べません。さらに絶滅危惧種で最後のインコになってしまいます。やがてブルーは旅に出るのですが……。そんなお話。

原題は「Rio」ですが、これは物語の舞台となっているブラジルの観光都市リオ・デ・ジャネイロからのネーミング。

また、ブルースカイ・スタジオとしては珍しい「人間が出てくる作品」となってますね。

作品のテンポがよく、飽きずに見れる映画なので、暇なときに視聴するのがおすすめ。

こちらで視聴できます。>>『ブルー 初めての空へ』

※「2017年11月23日」まで視聴可能。(初回登録なら無料)。

『メアリーと秘密の王国』(2014年)

ブルースカイ・スタジオ映画『メアリーと秘密の王国』の登場キャラクターの画像

出典:http://blueskystudios.com

『メアリーと秘密の王国』は、メアリーという少女が主人公のファンタジー・アドベンチャー映画。

ブルースカイ・スタジオとしては第8作目の作品ですね。

メアリーのカラダが縮んでしまい、森に住んでいた小人たちを発見。メアリーはみんなのため、森を滅ぼそうとする悪い小人のボーガンと戦うはめになる……。というお話です。

さすが、ブルースカイ・スタジオ!

言葉をしゃべる動物たちが相変わらず可愛いです。ハチャメチャな展開も、美しい映像も楽しめます。

あと余談ですが、主題歌のビヨンセの歌が最高でした。

DVDレンタルできます。>> TSUTAYA DISCAS

(初回登録なら無料)。

『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』(2015年)

ブルースカイ・スタジオ映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』の登場キャラクターの画像

出典:http://blueskystudios.com

『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』は、スヌーピーの世界が舞台の長編映画。

ブルースカイ・スタジオっぽい温かくて優しい世界観と、スヌーピーの雰囲気がキレイにマッチしています。

スヌーピーの劇場作品が作られたのは、1980年の『スヌーピーとチャーリー・ブラウン ヨーロッパの旅』以来の「35年ぶり」というのが驚。

主人公は少年チャーリー・ブラウンです。不器用で可愛いキャラクターです。

毒の強い作品ではないので、小さい子どもと一緒に“のほほん”と視聴するのが向いている映画ですね。

刺激があって、ゲラゲラ笑えるアニメ作品が見たい人には、『ザ・シンプソンズ MOVIE』を強くおすすめします。

シンプソンズは大人向けです。笑

というわけで、この作品もぜひ一度見てみてください。

こちらで視聴できます。>>『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』

※「2018年6月2日」まで視聴可能。(初回登録なら無料)。

スポンサーリンク

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterで最新情報を