マインクラフトPCでマルチプレイ!Macbookでポート開放からサーバの立て方まで徹底解説!

(これは世界的に大流行中のゲーム「マインクラフト」プレイヤー向け記事です)

マインクラフトでマルチプレイをするには「サーバーを立てる」「ポートを開放する」の2つが必要です。

でも、Macbook での「ポート開放」ってけっこう厄介なんですよね。

調べると「Port Map っていうアプリを使えば簡単にできる」ってところまでは皆さん分かると思うんです。でもぼくの場合〈router incompatible〉と表示され、ポート開放ができませんでした。

おそらく、同じ状態で困ってる人は多いでしょう。

なのでこの記事では、Macbookでの「ポート開放」がなかなか出来ない方のために、ぼくが成功したポート開放のやり方をご紹介していきます。

SPONSERD LINK

マルチプレイの手順「サーバーの立て方編」(まずはコレ!)

サーバーの建て方に関しては、難しくありません。順番に見ていきます。

サーバーを公式ページからダウンロードする。

マインクラフト マルチプレイサーバーのダウンロード方法

サーバーのダウンロード場所|マインクラフト公式ページ

↑まず、ここでダウンロードしましょう。

新規フォルダを作ってサーバーファイルを入れる。

マインクラフトサーバーフォルダを作って入れよう

フォルダ名は何でもいいですが、ぼくは「マイクラサーバー」という名前にしました。

この新規フォルダに、先ほどダウンロードしたファイル(minecraft_server.jar)を入れてください。

サーバーファイルを開きましょう。

マイクラマルチ、サーバーを開く

では、このサーバーファイル(minecraft_server.jar)を開きましょう。

次にeula.txtの書き換えをします。

eula.txtの書き換えをします

minecraft_server.jar を開くと、新たに〈logsフォルダ〉〈eula.txt〉〈server.properties〉の3つのファイルが出てきます。

では、その中の〈eula.txt〉というファイルを開いて下さい。

文章の最後を書き換えましょう。

falseをtrueに書き換えます

開くと文章がが出てきますから、その最後にある「eula=false」の〈false〉の部分を〈true〉と書き換えてください

ぼくも意味は分かってませんが、ただ書き換えるだけでOKです。

もう一度〈minecraft_server.jar〉を開けば完了です。

もう一度minecraft_server.jarを開く

そして、再び〈minecraft_server.jar〉を開きます。

すると、

これがマイクラサーバーファイルの完成版

新たに、〈banned-ips.json〉〈banned-players.json〉〈ops.json〉〈usercache.json〉〈whitelist.json〉〈worldフォルダ〉が出てきます。

これでマイクラのサーバー設置は完了です。

今後、マイクラのマルチプレイをするときは、一番左上にある〈minecraft_server.jar〉を開けばすぐサーバーが立ち上がります。

これがマイクラサーバー

↑これがサーバー。

以上がマルチプレイ用の「サーバーの立て方」です。

では続いて、「ポート開放」にいきましょう。

SPONSERD LINK

マルチプレイの手順「ポート開放編」(あとコレだけ!)

Macbook では、Port Map というアプリでポート開放を行います。

ただ、ファイヤーウォールやルータの種類、設定によっては〈router incompatible〉と表示され、うまくポート開放できない場合があります。

なので、まずは一般的なやり方をご紹介し、そのあとぼくが行ったポート開放の方法をお伝えしますね。

Port Mapをダウンロードしましょう。

Port Mapをダウンロードする

Port Map and TCMPortMapper – TheCodingMonkeys

↑このサイトからダウンロードしてください。「download the application」の部分をクリックするだけです。

では、ダウンロードした Port Map を開いてみてください。

ここで〈router incompatible〉と表示されたらこのアプリは使えません。

router incompatible〉と表示されたら

ぼくは見事に〈router incompatible〉と表示されて、PortMap での「ポート開放」は出来ませんでした。その場合、諦めて別の方法を探すべきでしょう。その場合は、このあとご紹介するぼくのやり方を参考にしてみてください。

Port Mapの設定方法。

Port Mapの設定方法1

では、Port Mapを開いてください。

そして、この「+」をクリックしましょう。

Port Mapの設定方法2

すると、こんな入力画面が出てくるので、上から順に入れていきます。

といっても、やることは〈Local Port〉の部分に「25565」と入力するだけです

あとの部分はそのままでOK。

一番上が「Presets」、〈Protocol〉の部分が「TCP」になっていれば大丈夫です。〈Desire Public Port〉は〈Local Port〉と同じ「25565」です。(自動で入力されるはず)

では、最後に「Add Mapping」をクリックしてください。

これで、Port Map を使った「ポート開放」は完了です。

SPONSERD LINK

Port Mapが「router incompatible」で使えなかった方へ

ある意味ここからが本題ですね。

Port Map がが使えた方は、この章は飛ばしていただいて結構です。

契約している通信会社に電話する。

通信会社に電話

↑まず、契約している通信会社に電話します。

ぼくの場合は「NTT西日本」だったので、Googleで「NTT西日本 お問い合わせ」で検索しました。

そして音声ガイダンスの手順に従い、それっぽい部門に繋げてください。わからなくても最悪、カスタマーの方が案内してくれます。

ただし、ここからは個々の契約状況や使用機器によって「設定画面」が異なる場合があります。一応、ぼくが設定した手順も載せておきますので、参考にしてみてくださいね。

MacBookのIPアドレスを固定する。

macbookでのip固定の手順1

では「システム環境設定」から「ネットワーク」を選択してください。

macbookでのip固定の手順2

次は、右下の「詳細」を選択します。

このとき、左のところで「普段使っている回線」が選ばれているかチェックしておいてくださいね。「Wi-Fi」になっていてもOKです。

macbookでのip固定の手順3

続いて「TCP/IP」を選択してください。ここで IPアドレスを固定します。

まずは「IPn4の設定」ですが、「手入力」を選択してください。

すると、

〈IPv4 アドレス〉〈サブネットマスク〉〈ルーター〉の3つを選択できるようになります。ここを変えていきます。

〜〈IPv4 アドレス〉の設定

ここは「192.168.1.◯◯」と入力してください。

◯◯は「1〜300までの好きな数字」でOKです。ただ、なるべく大きい数字がベストです。

具体的には、「この回線を共有している他のデバイス(PCやスマホ)の数」より大きくないといけません。

例えば、使用しているのが「5台のデバイス」なら、「192.168.1.1」「192.168.1.2」「192.168.1.3」「192.168.1.4」「192.168.1.5」は使えないということです。

この画像の例のように、「100」とか「200」とかにしておけばいいと思います。

〈サブネットマスク〉と〈ルーター〉の設定

macbookでのip固定の手順4

すでに表示されている場合は、そのままでOKです。もし表示ない場合は以下の手順で設定してください。

「IPn4の設定」で「DHCP サーバを使用」を選択します。

すると〈サブネットマスク〉と〈ルーター〉に値が出てきます。この画像では「255.255.255.0」「192.168.1.1」となっていますが、それをそのまま「手入力」してください。

〈IPv4 アドレス〉〈サブネットマスク〉〈ルーター〉の3つが設定できたら、「OK」そして「適用」をクリックしてください。

Macbook における「IPの固定化」はこれで完了です。

ポートを開放する。

Macbookのポート開放手順1

では「Safari」を開いてください。

普段「Google Chrom」など、他のウェブブラウザを使っている方も同様に、「Safari」で設定しないといけないようです。

Macbookのポート開放手順2

名前とパスワードを入力してください。

初期設定のままの方は、「user」などを両方に入れると入れる場合があります。

Macbookのポート開放手順3

では、まず「接続可」「有線接続◯」「UPnP優先◯」「状態 – 回線接続中」になっていることを確認してください。

そして「詳細設定」→「静的IPマスカレード設定」へと進みましょう。

Macbookのポート開放手順4

ズラーっと設定画面が並びますが、一番上の「編集」をクリックしてください。すると↑のような画面になります。

ここで〈変換対象プロトコル〉〈変換対象ポート〉〈宛先アドレス〉の3つを設定します。

それぞれ「TCP」「25565」「先ほど固定した IPアドレス」を入力してください。

そして最後に「設定」をクリックします。

Macbookのポート開放手順5

すると、左上の「保存」マークがオレンジ色になるので、これをクリック。青色になったら保存完了です。

つぎは「設定」の横にある「前のページへ戻る」をクリック。

すると最初の設定画面に戻るので、ここでまた左上の「保存」を押してください。

ポートの開放は以上で完了です!

マルチプレイのやり方・進め方

マルチプレイのデータを「作成」しよう。

マインクラフトのマルチプレイデータを作成する

では「マインクラフト-MineCraft-」を起動して、「マルチプレイ」を選択しましょう。

マインクラフトのマルチプレイデータを作成する2

つぎに「サーバーを追加」に進みます。

マインクラフトのマルチプレイデータを作成する3

ここで〈サーバー名〉と〈サーバーアドレス〉を入力しましょう。

〈サーバー名〉は何でもよいので、好きな名前をつけてください。

〈サーバーアドレス〉は「localhost」と書いてください。

そして、この2つが入力できたら「完了」を押しましょう。

ちなみに、〈サーバーリソースパック〉はそのままで大丈夫です。

サーバーを立てて、友達に入ってきてもらおう。

マルチサーバーの入り方、入ってもらい方

〜「サーバーを立てた人がそのサーバーに入るには」〜

サーバーを立てた人は、入りたいサーバーを選択して「サーバーに接続」をクリックします。

これだけでOKです。

〈minecraft_server.jar〉をちゃんと開いていないと、うまく接続できないので注意してくださいね。その場合は、サーバーを立て直した後、↑の画面の「更新」を押せばOKのはず。

〜「サーバーを立てた以外の人がサーバーに入るには」〜

サーバーを立てた以外の人は、まず「ダイレクト接続」をクリックします。

マルチサーバーの入ってもらい方

すると直接〈サーバーアドレス〉を入力する画面になるので、ここに「サーバーを立てた人のIPアドレス」を入れます。

IPアドレスは Port Map か、以下のサイトで、サーバーを立てた人に確認してもらい、教えてもらってください。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】

教えてもらった IPアドレスを〈サーバアドレス〉に入力したら、下の「サーバーに接続」を選択します。

これでマインクラフトのマルチプレイが始められるはずです。

マルチプレイのデータを「保存」しよう。

マルチデータのセーブ(保存)方法

セーブする前に、やるべきことがあります。

それは、「オペレーター権限の付与」です。

↑の画像のように、開いてあるサーバーの右下のコマンドスペースに、「/op ◯◯◯」と入力してください。(◯◯◯はユーザー名)

これで、権限が与えられたプレイヤーは、ゲーム中のコマンドでセーブができるようになります。

マルチデータセーブ(保存)のコマンド

実際にセーブするときは、このようにマインクラフト上のコマンドで「/save-all」と入力するだけです。これでマルチプレイの「データ保存」が完了します。

コマンドの出し方は、マイクラのプレイ画面で、「キーボードの『T』」を押すだけ。

ただマイクラのマルチプレイでは、基本的には

「サーバーを閉じる際に強制セーブ」
「約1分ごとのオートセーブ」

2種類の自動セーブが行われるので、それも頭に入れておくのがいいかと思います。

ゲーム難易度の変更など、その他のコマンドは以下の「マインクラフトwiki」を参考にしてください。

Minecraft Japan Wiki – コマンド

マルチプレイデータの「バックアップ」をとろう。

マイクラマルチデータのバックアップ方法

マルチプレイのデータは、一番はじめにマイクラサーバーを起動してきた時に出てきた「world」というフォルダの中に入っています。

なので、このworldフォルダをそのままコピーして保管するだけで、「データのバックアップ」ができます。

バックアップデータを保存する際には、

「world-2016.4.14」という感じで、「world-(日付)」という名前に書き換えておくと、後から使いやすくなるのでオススメです。

バックアップは重要なので、ぜひ覚えておいてくださいね。

PC版でのマルチプレイが、うまく出来ない方へ!

プレイステーション3なら簡単にマルチプレイが出来ます。

PS3 や PS Vita 版のマインクラフトだと、もっと簡単にマルチプレイができます。

しかもオンライン通信で、PS3では最大8人、Vitaでは最大4人のマルチプレイが楽しめますし、

PS3 で保存したデータを Vita で遊んだり、その逆も可能です。

Vita版のソフトには、「PS3用のダウンロード版」も一緒に入っているので、これを購入したら PS3 でも PS Vita でもプレイ出来てお得みたいです。

マイクラのマルチプレイは、シングルプレイに比べて楽しさが何倍にもなるので、ぜひぜひ遊んでみてくださいね。

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterでかみいちを