iPhoneSE+格安SIMが最強タッグ。これ5年は戦えるw

iPhoneSEが発売されました。

これで「iPhoneSE+格安SIM」を選ぶ人が、今後どんどん増えてくると思われます。「iPhoneSE」は明らかに史上最強のスマートフォンですからね。

iPhoneSE+格安SIMがいかに最強か

『iPhoneSE』は、なにより「片手での操作性」がバツグンです。「4インチ」っていうのは親指がディスプレイ上部にまで届くので「理想のスマホサイズ」と言われてますね。これは同じディスプレイサイズだったiPhone5sが証明しています。

そして最強スペックのiPhone6sと同じA9チップ内臓なので、パフォーマンスも理想的。ぼくは今すでに2年縛りの無い「格安SIM」(U-mobileを使ってるので、次の買い替えがいつになるか分かりませんが、次はiPhoneSEにしたいなと思います。

今回は【iPhoneSE+格安SIM】がいかに最強かを語っていきますね。

SPONSERD LINK

iPhoneSEの全メリット

4インチという無敵のディスプレイサイズ

というわけで、iPhoneSEのディスプレイは4インチです。主なメリットはこちら。

  • 片手で難なく操作できる
  • 寝そべりながらでも操作できる
  • 画面が小さい分、WEB漫画がコンパクトで読みやすい。
  • スマホゲームも片手でできる
  • 軽い

comicoなどのWEB漫画(アプリ漫画)も、ぼくはよく見ますが、明らかに画面が小さい方が見やすい。

これは、視点(目線)の移動距離が短いからです。iPhoneSEのサイズだと目をあまり動かさなくても漫画が読めるので、目が疲れないし目を動かす時間のロスもありません。

ネットをするときも同じで、iPhoneSEサイズの方が目が楽です。文章を読むスピードも上がるので、速読がしやすいっていうメリットもありますね。「画面が大きい方が見やすい」と思いがちですが、iPhoneSEにした方が本当は良いのです。

ブログ記事やSNSをよく見るという人は、特に。

4.7インチのiPhone6とiPhone6sが使いにくいワケ

iPhone6のディスプレイサイズ

この画像は、ぼくの「iPhone6」のホーム画面です。片手では「上段2列のアプリ」に基本、親指が届きません。

iPhone6の簡単アクセスモード

一応「簡単アクセスモード」というのもあります。こちらホーム画面を2回連続でタップすれば上部が降りてきてくれるんですが、ほぼ使いません。2回タップして切り替えてから操作するより、両手ですぐ操作した方が明らかに早いし楽だからです

思い返せば「iPhone6」でサイズが4インチから4.7インチになったとき、Appleはさんざん批判されていました。

これでようやく、iPhone5(5s)のサイズのiPhoneが帰って来ましたね!

デスクトップPCと同じレベルの動作スピード

iPhoneSEのスペック

iPhoneSEは、iPhone6s、iPhone6sPlusとほぼ同じスペックです。これはiPhone6sと同じ「A9チップ」「組み込み型M9モーション」を搭載しているからですね。

ぼくのiPhone6よりもiPhoneSEのパフォーマンスが上なのはもはや確実です……。

さて、具体的に、iPhone6sはiPhone6からCPU性能とGPU性能が70〜90%も向上しています。このスペックを4インチのボディに搭載しているのがiPhoneSEなのですね。

カメラの性能がバツグン

カメラの性能もiPhone6s並み。

  • 12メガピクセルのiSightカメラ
  • 4Kビデオが撮影できる(3,840 x 2,160、30fps)
  • Live Photos搭載で「動く写真」も取れる
  • Retina Flashで自撮りもより綺麗に

iPhone6にはLive Photosもないし、4Kビデオも撮れませんからね。

これでiPhone6よりも値段が安い

価格表を作ってみました。ぜんぶ「SIMフリー版」の値段です。

iPhone 6 iPhone 6s iPhone SE
価格(SIMフリー、税別) 16GB: 74,800円
64GB: 86,800円
16GB: 86,800円
64GB: 98,800円
16GB: 52,800円
64GB: 64,800円

まず、iPhoneSEがiPhone6sより3万円も安いっていうのが衝撃です。安すぎる。

性能が同じくらいで、操作性も良くて安いってなると、iPhoneSEはめちゃくちゃ売れるでしょうね。

しかもこれだけiPhone6より性能が上なのに、価格はiPhoneSEの方がiPhone6よりも2万円も安いです。ほんと、iPhoneSEがお得すぎてビックリしますね。

ゴールドとローズゴールドがある(iPhone6には無い)

iPhoneSEのカラーバリエーション

iPhoneSEにはiPhoneの人気カラーである「ゴールド」、そして女性に人気の「ローズゴールド」があります。

iPhone6の場合、この「ゴールド」と「ローズゴールド」はAppleの公式サイトから消えているので、この2色が欲しかった人はすごい嬉しいですよね。

iPhoneSEでは、このゴールドとローズゴールドに加え、定番の「シルバー」と黒っぽい「スペースグレイ」もあります。カラーバリエーションが豊富で買う楽しみが増えますね。

iPhoneSEはケース(カバー)の種類が多い

iPhoneが人気の理由に、「かわいいorかっこいいケースがたくさんある」というのがあります。

試しにAmazonで【iPhoneSE ケース】と検索してみてください。販売日前なのに、もうこんなにヒットするんですw

「iPhoneはケースの種類が多いから」ってのがiPhoneを選ぶ理由になっている方も、けっこう多いので、ぜひ気に入ったケースを見つけてみてくださいね!

AmazonにあるiPhoneSEのケースを見てみる

SPONSERD LINK

iPhoneSEで「格安SIM」に登録すると、どれだけお得になるのか

ぼくはU-mobileを利用しています。

U-mobileがおすすめな理由はこの後まとめるとして、まずは格安SIMでどのくらいお得になるかを見ていきますね。

2年間の月額料金(税込)で比較

docomo 格安SIM(U-mobile)
2年間トータルの金額 217,728円 97,968円
毎月の月額料金 9,072円 4,082円

※2016.3/31時点

今回は、iPhoneSE 16GBの「2年間トータルの金額」と「毎月の月額料金」を計算して比較してみたものです。iPhoneSEの運用で必要なお金は、「iPhoneSEの機種代金」「毎月の通信料と電話代」だけですね。

「実質0円!」みたいなのは機種料金だけの話で、実際は、通信料と通話料でガッポリ取られてしまう。

姑息な価格設定に騙されずに、「毎月いくら支払うのか」に拘ってお得な選択をして欲しいなと思います。

【計算式】

ドコモ

→「月額9,072円」×「24ヶ月」=「217,728円(総額)」

U-mobile

→「月額1,706円」×「24ヶ月」+「SIMフリーの機種代金57,024円」=「97,968円(総額)」

こんな感じで、格安SIMだと毎月の通信料がグッと安くなります。

人によっては、違約金を払ってすぐに格安SIMに切り替えた方が、結果的にお得っていう場合も多いので、ぜひ一度計算してみてほしいなと思います。

【ドコモ】iPhone SEの月額料金・機種代金 | APPBANK

2年縛りの「解約違約金」が無い

また、docomo(au、ソフトバンクも同じ)の場合は「解約違約金」も考慮しないといけませんね。解約違約金が不要の新プランも作られたようですが、月額300円も高くなる(2年間で7200円)らしいので、結局支払い金額が上がってしまいます。

ぼくが使っているU-mobileの場合は、「解約違約金」がありません。一応、利用開始月から6ヶ月以内の解約した場合は「解約事務手数料6000円」が必要になります。でも、6ヶ月以内に解約することは、ほぼ無いですよね。

つまり、6ヶ月以上使えば、いつでも無料で解約できるってことです。

毎月1700円で最強のiPhoneSEが運用可能

格安SIM、u-mobileの利用料金

ぼくはU-mobile通話プラスの「3GBプラン」を使っています。税込みにすると毎月1700円だけ支払っています。

プランは簡単に選ぶことができました。容量が足りなくなったら、あとで「5GB」や「LTE使い放題」に切り替えればよいだけなので。プランの変更は無料なので、いつでも気軽に変えられます。

ただ結果的には、「3GBプラン」で十分でした。家にいるときはPC回線をWi-Fiにして使っているのもありますが、ちょっとネットやSNS、YouTubeを見るくらいなら全然余裕です。

最悪「LTE使い放題」でも毎月3200円くらいなので、これでもdocomo、au、ソフトバンクより遥かに安い!

SPONSERD LINK

格安SIMの中でU-mobileがおすすな理由

パケ放題プランがあって、しかも安くて速い

U-mobile、MNP届出方式

パケ放題プラン、つまり「ネット使い放題のプラン」がある格安SIMの種類は限られてます。

その使い放題の格安SIMの中で、回線が一番速いと言われているのがU-mobile

ぼくは今「3GBプラン」ですが、生活環境が変化していく可能性も考慮して、パケ放題プランのある格安SIMを選びました。今後、たくさん通信したくなったらプランを変更するだけでいいので、まったく心配ありませんね。

解約違約金がない

この格安SIMは、最初の6ヶ月以内に解約しなければ、それ以降いつでも無料で解約できます。

今までのぼくはauやソフトバンクと契約してましたが、「2年縛り」「解約違約金」のせいで

  1. 好きなタイミングでスマホを買い換えられない
  2. 解約すれば「1万円前後」のお金が取られる
  3. 早めに解約すれば、機種代金の割引がなくなり余計に損

というスマホ地獄でした。

今は格安SIMに変えたので、

  1. いつでも解約できる
  2. いつでもスマホを買い換えられる
  3. 割引がなくても、そもそも(もっと)安い

というスマホ天国になってます。

2年間縛られて、お金も取られ続けるので、docomoやau、ソフトバンクと今後もう契約したいとは思えないですね…。

音楽も聴き放題

音楽聴き放題SIM

LTE使い放題プランは2,980円。

そしてこの「LTE使い放題+音楽聴き放題プラン」も2,980円です。値段が一緒・・・!!

最低利用期間が6ヶ月から12ヶ月に延びてしまいますが、解約する予定のない方はLTE使い放題と同じ料金で音楽も聴き放題です。

1000チャンネル、150万曲の中から自由に選べて、映画やドラマが観れるU-NEXTのポイントも600ポイントもらえます。めちゃくちゃお得ですね。

そんなネットをしない人は、3GBプランが月額1700円で超お得

ぼくは今月額1700円でスマホを使っているので、金銭的にかなり助かっていますね。auに毎月1万円くらい払ってたのが嘘のようです。

最初は「そもそも自分の毎月の通信量が分からない。3GBで足りるのかな」と不安でした。でも、全くの余裕でした。

いつもたくさんネットしているって人も、U-mobileは「3GB」→「5GB」→「LTE使い放題プラン」と無料でプランの切り替えができるので、気軽に格安SIMを始めてみてほしいなって思いますね。下記の記事で「申し込み方法」や「注意点」を全部まとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

U-mobileが評判どおり最強だった。毎月1700円でスマホ運用!

「iPhoneSE+格安SIM」まとめ

この記事を書いてる途中で、今iPhone6を使っている友人から「iPhoneSE買うわ」ってチャットがきました。

ほんとにiPhone5を使っていた世代からすると、iPhoneSEは待ちに待った神iPhoneって感じです。「使いやすいのに、一番安い」ってありえないですからね普通。

iPhoneSEを購入したいという方は、ぜひ一緒に「格安SIM」も検討してみてください。ぼくはU-mobileがオススメですが、ぜひ検討してみるといいかと思います。もっとお得なiPhone生活が送れること間違いなしです!

関連リンク

「格安SIMの契約前に不安だった点」「実際に使ってみて感じた対処法」などを、全部1つの記事にまとめてあります。よかったら参考にしてみてくださいね!!

U-mobileが評判どおり最強だった。毎月1700円でスマホ運用!

スポンサードリンク
驚きの低価格で高品質な通信サービス「U-MOBILE」

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterでかみいちを