GLAYの新曲を知らなくてもライブツアーが最強に楽しめた件!

GLAYのライブパンフレット

GLAYのライブに行ってきました。

GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016『Supernova』

楽しかった! さすがGLAY! 新曲とか最新の曲を知らなくても思いっきり楽しめました。

『Winter,again』とかアルバム『HEAVY GAUGE』『REVIEW-BEST OF GLAY』の曲とかも演奏してくれて嬉しかったですね。

GLAYのライブは新曲を追えてない人でもしっかり楽しめます。

今回はGLAYに興味ある方のために、GLAYライブの魅力をお伝えしますね!

ライブのセトリ(セットリスト)

GLAYライブのセットリスト

神セトリでした。SORRY LOVE最高ですねー!

正直なところぼくの知ってた曲は

千ノナイフガ胸ヲ刺ス

laotour〜震える拳が掴むもの〜

100万回のKISS

More than love

MERMAID

SORRY LOVE

Will Be King

航海

百花繚乱

Winter,again

HAPPY SWING

の11曲です。全23曲中、半分以下の11曲でした。

これでも楽しめました。むしろ知らない曲にライブで出会う新鮮さも味わえて、より良かったんじゃないかなって思います!

ライブ情報

本人確認とかはなかった

本人確認はなかったです。

映画のチケットもぎりみたいな感じで、チケット渡してちぎってもらうだけでしたね。最近本人確認の厳しいライブが増えているみたいですが、GLAYライブの良さは気軽に参加できることですね。

ライブのパンフレットをその時にもらいました!

グッズも買えた!

グッズ販売もありましたね。

開場から開演の時間までに買うのがいちばん良さそう。なので、はやめに会場に行って買ってください!

タオルやキーホルダーが定番ですが、中には変わった限定品などもあるみたいです。そのライブでしか手に入らないGLAYグッズをぜひゲットしてみてくださいね!

プレゼントボックスもありました

GLAYライブのプレゼントボックス

こんな感じで、プレゼントボックスがありました。

たぶん手紙やお酒、お菓子なんかをファンの人たちがプレゼントしてるんだと思います!

プレゼントと手紙を贈ってもっと応援したくなりますね〜。

GLAYのメンバーは、手紙を絶対に読んでくれると思うので、ライブに行く際はプレゼントや手紙を用意していくといいですよ!

ホールツアーだとこんな会場

GLAYホールツアーの会場

2階席でこの近さです。

前列にいた人はふつうにGLAYと握手してました・・・ 羨ましい…!!

2階席でも目の良い方はメンバーの表情も見えてたみたい。そのくらい近い!

双眼鏡」があるとなお良しですね。大きい会場でのライブも良いですが、よりメンバーと触れ合いたい方はホールツアーが狙い目かもしれません。

ツアートラックで写真撮影

GLAYのライブツアートラック

このイカしたツアートラック!

ライブが始まる前からファンの方たちが写真撮影をしてました。

こういうのも楽しいですね〜!

演奏や歌がやっぱり上手い

GLAYの生演奏はすごい。

TERUの歌もTVで見るより上手いし声も出まくってます。

TOSHIのドラムは激しくてかっこいいし、JIROのベースは相変わらずクール。HISASHIのギターはほんとに綺麗な音で、早弾きもメロディもずっとかっこいい。TAKUROのギターも最高にロックです!

キーボードの永井誠一郎さんはいませんでした!

そう。この日は「キーボード無しのバンド編成」でした。

GLAYの歌でキーボードがないって考えられない感じですが、他のメンバーがキーボードの音をぜんぶギターで表現していて、CDの音源とはまた違った演奏を聴くことができたんです。

こういうのもライブならではの醍醐味ですね。

HISASHIのチャレンジコーナー

今回のホールツアーから始まったこのチャレンジコーナー!

HISASHIがギターソロのメロディをランダムで選ばれた楽器を使って弾くというものです。

そうとう無茶振りな企画ですね!(笑)

選ばれた楽器によっては大変なことになるので、ぼくが参加したライブでは見事に失笑の嵐でしたw でもそれがかえって盛り上がりましたよ!

こーいう面白い企画はこれからどんどんやって欲しいなって思いますね。

まとめ

GLAYライブ最高でした〜!

名曲や懐かしの歌を聴ける。GLAYのメンバーと交流ができる。なんて夢のようですね。

興味の出た方はぜひLIVEにいってみてください。ぼくもまた参加したいと思います!

→→ (今入手可能な)GLAYのライブチケットを見てみる

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterでかみいちを