38
shares

映画トリプルXはこの順番で見よ!シリーズ3作品の時系列とあらすじを一覧解説【ヴィン・ディーゼル】

スポンサーリンク

映画トリプルXシリーズを、時系列にそって視聴したのでまとめておきます!

映画トリプルXシリーズの時系列順

「トリプルXシリーズ」の映画3作品は、「公開年度順」に並べると、次のとおりです。

  1. トリプルX(2002年)
  2. トリプルX ネクスト・レベル(2005年)
  3. トリプルX:再起動(2017年)

映画のストーリー上の「時系列」も、この順番になっていますね。

「トリプルX」のこれまでの経緯を簡単に説明すると次のとおりです。

まず1作目の『トリプルX』が大ヒット。しかし、2005年に公開された2作目『トリプルX ネクスト・レベル』が主役が交代していたこともあり、興行収入的に失敗。続編映画の話も打ち切りに。しかし2017年、主役をヴィン・ディーゼルに戻した3作目『トリプルX:再起動』が公開され、またしても大ヒット! すでに、4作目のためのスケジュール調整が行われたようです。

3作目の大ヒットを受け、トリプルXの映画シリーズは、どんどん「本格派アクション映画」になっていくのが予想できますね。

これから「トリプルX」の最新映画を映画館で楽しむためにも、いまのうちに「過去作品」をチェックしておきましょう!

「映画トリプルXシリーズ」の概要。本当におもしろいの?

映画『トリプルX』とは、ヴィン・ディーゼルが演じるザンダー・ケイジという名の主人公が、過激なエクストリームスポーツの技やスタントを披露してくれる映画なのです。

「とにかくヴィン・ディーゼルがかっこいい映画」と思ってください!

アクション映画として、普通に面白いです。

で、映画トリプルXはアクション映画。主役はヴィン・ディーゼル。ということは?

あの名作アクション映画、『ワイルド・スピード』と同じ!!

なので、『ワイルド・スピード』が好きな人はきっと、いや、必ずハマると思います。

まだ「ワイルド・スピード」を見ていない人は、ぜひ見ておいてくださいね。映画本数も多いので、長く楽しめるシリーズです。下記の記事も参考にどうぞ!

関連記事:ワイルド・スピードはこの順番で見よ!シリーズ8作品の時系列とあらすじを徹底解説【ICE BREAK】

個人的には、トリプルXのほうが「B級映画感」があっておもしろい映画だと思いますね。低予算なのに、意外と映像の迫力がバツグンなのです。あまり期待せずに見ていても、ぐいぐい引き込まれるのでおすすめですね。

しかもトリプルXは、いま「U-NEXT」という動画サイトで限定配信されていて、ネットで視聴できます。興味ある人は、配信期限の「2017年7月31日まで」に観ておいてくださいね。

では、トリプルXシリーズの映画を「時系列順」にくわしく解説していきましょう。ネタバレなしで「あらすじ」と「見どころ」をまとめます。ぜひ参考にしてみてください!

映画トリプルX・シリーズ「3作品」の時系列とあらすじ一覧

『トリプルX』(2002年)

映画『トリプルX』の登場人物の画像

映画『トリプルX』のあらすじ

アメリカ国家安全保障局秘密情報部は、「使い捨ての戦力」として、犯罪者や傭兵、プロの殺し屋を雇うことを決める。スタントやアクションのエキスパートとして名を馳せていたザンダー・ケイジ、又の名「エックス」が、その候補生として選ばれた。ザンダーは、首の後ろに「xXx」の大きな刺青がある男だ。同局のオーガスタス・ギボンズは、「三振アウト法」という3度の罪で終身刑となってしまうザンダーの「車泥棒、無謀運転、橋からのスタント」という罪を消す代わりに、政府の指示に従うシークレット・エージェントになるよう命令してきた。これを受け入れたザンダーは、チェコ共和国のプラハに潜む犯罪組織「アナーキー99」に潜入するのだが、なんと旧ソビエト連邦の工作員でボスのヨーギとの化学兵器をめぐる争いに巻きこまれてしまい…。

『トリプルX』の見どころは、主役のヴィン・ディーゼルが見せてくれるスーパーアクションの数々です。バイク走行での大ジャンプ、大ジャンプ中の銃撃、雪崩の迫りくる雪山からのスノーボード……。

前半はちょっとまったりですが、中盤から後半にかけて、どんどん過激にどんどん面白くなっていくので必見ですね!

映画「ワイルド・スピード」と違って、カラダを張ったアクションが楽しめるのがトリプルXの醍醐味です。クルマ好きの人はワイルド・スピードが好きだと思いますが、トリプルXにも「バイク・アクション」がけっこう出てくるんですよ。

というわけで、バイク好きの人にもおすすめの作品ですね!

『トリプルX ネクスト・レベル』(2005年)

映画『トリプルX ネクスト・レベル』のポスター画像

映画『トリプルX ネクスト・レベル』のあらすじ

アメリカ国家安全保障局秘密情報部の秘密基地が謎の部隊に襲撃された。しかも16人のエージェントが殺害されてしまう。同局の指揮を務めるギボンズは、昔の部下で現在服役中のダリアスを脱獄させ、新たなエージェント・トリプルXとして捜査を命じることにした。だが、国防長官デッカートの陰謀で、ギボンズの自宅は爆発。さらに謀会議副議長ペティボーンも暗殺される。その罪を着せられたダリアスは、逃亡しながら捜査を続けるのだが……。やがて、ダリアスは、デッカートの企みを知ってしまう。それは、現在の大統領や副大統領を暗殺し、自らが大統領になるものだった。ダリアスは昔馴染みの自動車窃盗団の仲間と、大統領の計画を立てるのだが…。

『トリプルX ネクスト・レベル』の見どころは、アクションというよりストーリーですね。前作よりアクション性は減り、その分ストーリー重視になってますね。

ヴィン・ディーゼルが主演を降りたため、映画自体は人気が出ずに終わってしまいましたが、続編である『トリプルX:再起動』も誕生したので、この2作目もファンの人はぜひ見ておいてくださいね!

『トリプルX:再起動』(2017年)

映画『トリプルX:再起動』の登場人物の画像

映画『トリプルX:再起動』のあらすじ

ある日、アメリカ中央情報局(CIA)に呼び出されたザンダー・ケイジは、またしても強引に任務を命じられてしまう。なんと宇宙にある人工衛星のすべてをコントロールし、地球上のあらゆる場所に落下させることができてしまう装置「パンドラの箱」が、正体不明のグループに強奪されてしまったというのだ。さっそくCIA幹部・マルケの用意した米軍特殊部隊のメンバーを拒否し、自らの仲間であるアデル、ニック 、テニソンを招集することに。すぐさまザンダーたちは捜査を開始し、謎の男ジャンが率いる「ゴースト」の居場所を突き止める。だがそこにはセレーナ、タロン、ホークといった凄腕の戦闘員がいて、さらに「パンドラの箱」を狙うまた別の存在もあらわれてしまい…。

『トリプルX:再起動』の見どころは、やはり復帰したヴィン・ディーゼルの過激アクション。とくに「水上でのバイクアクション」は必見。1作目の「雪崩」のように、超自然的な脅威である「大波」に挑むザンダーは本当にカッコイイので、ぜひ見て欲しいですね!

1作目とは違って、「チーム戦」も見ることができるので、ますます『ワイルド・スピード』っぽい映画・・・・・・になっていますが、面白いのでよし!

4作目も製作される予定なので、続編が公開されるまでに見ておいてくださいね!

『トリプルX』の4作目はいつ頃公開?内容は?

わかってません!

分かり次第、『トリプルX』の4作目の情報を追記したいと思いますので、続報をお待ちください。

ヴィン・ディーゼル主演のアクション映画『ワイルドスピード』を見て、待機しておくのがオススメですね。ぜひどうぞ!

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterで最新情報を