38
shares

DCコミックスのアニメ31作品を7つのシリーズに分けて説明する

今回はDCユニバース・アニメイテッド・オリジナル・ムービーズのアニメ作品を7つのシリーズに分けて解説。名作揃いのDCアニメブランドなので、DCコミックスやDCコミックス映画が好きな人におすすめ。スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンが主に活躍します。

スポンサーリンク

名作揃いのDCコミックス・アニメブランド『DCユニバース・アニメイテッド・オリジナル・ムービーズ』

実はDCコミックスには『DCユニバース・アニメイテッド・オリジナル・ムービーズ(DC Universe Animated Original Movies)』という専門のアニメレーベルがある。DCアニメを一手に製作してリリースしているレーベルだ。

DCのライバル会社マーベルも映画分野では先行しているが、アニメの分野ではDCコミックには遠く及ばない。そのくらい『DCユニバース・アニメイテッド・オリジナル・ムービーズ』のアニメ作品は傑作ばかりなのである。

2016年の現在で、公開予定も含めるとDCコミックス・アニメは31作品もある。今回はこれからDCアニメを見ていく人のために、全31作品を7種類のシリーズに分類していく。バットマン、スーパーマン、ジャスティス・リーグ・・・・・・。ぜひとも気になったシリーズから手をつけてみて欲しい。

『DCアニメイテッド・ユニバース』9作品

DCコミックスの人気アニメバットマンBAD BLOODの画像

『DCアニメイテッド・ユニバース』は、「THE NEW 52」というコミック雑誌を原作として作られていたアニメシリーズ。過去のDCコミックスを廃止したあと、1から作られたストーリーになっているため、知識のない新規の人でも楽しめる内容になっている。

公開年順の時系列順で並べると、次のようになる。

  1. ジャスティス・リーグ:フラッシュポイントパラドックス【2013年】
  2. ジャスティス・リーグ:戦争【2014年】
  3. バットマンの息子【2014年】
  4. ジャスティス・リーグ:アトランティスの玉座【2015年】
  5. バットマン vs ロビン【2015年】
  6. バットマン:悪い血【2016年】
  7. ジャスティス・リーグ vs ティーン・タイタンズ【2016年】
  8. ジャスティス・リーグ/ダーク【2017年】
  9. ティーンタイタンズ:ユダの契約【2017年】

全体的に『DCアニメイテッド・ユニバース』ではバットマンの活躍が目立つように思う。とくに『バットマン:悪い血』はかなりの名作である。

ちなみに実写版である『DCエクステンデッド・ユニバース』もかなりの盛り上がりを見せている。下記の記事にまとめた「DCコミックスの映画」は本当におすすめしたい。

参考:DCコミックス映画はこの順番で見ろ!DCエクステンデッド・ユニバースの公開予定作品12

『オリジナル独立DCアニメ作品』11作品

DCコミックスの人気アニメバットマン:キリング・ジョークの画像

もっと多くのDCヒーローの活躍が見たい人におすすめなのが、『オリジナル独立DCアニメ作品』だ。アメリカでは正式に「DCユニバース・アニメーション・オリジナル作品」と呼ばれているシリーズである。

2007年からスタートしたこのDCアニメシリーズも10作品以上になった。スーパーマン、ワンダーウーマン、グリーンランタンなどの各DCコミックス・ヒーローが主役として登場する物語もある。DCファンにとってもキャラクターを1人ずつ楽しめるのが嬉しい。

公開年順の時系列順で並べると、次のようになる。

  1. スーパーマン:終末【2007年】
  2. ジャスティス・リーグ:ニューフロンティア【2008年】
  3. ワンダーウーマン【2009年】
  4. グリーンランタン:ファーストフライト【2009年】
  5. バットマン:レッドフードの下で【2010年】
  6. オールスタースーパーマン【2011年】
  7. グリーンランタン:エメラルドナイツ【2011年】
  8. エリート対スーパーマン【2012年】
  9. スーパーマン:アンバインド【2013年】
  10. バットマン:キリング・ジョーク【2016年】
  11. バットマンとハーレイ・クイン【2017年】

『DCエクステンデッド・ユニバース』で2016〜2017年に実写化されたワンダーウーマン、ハーレイ・クインなどの女性DCヒーローも楽しめる。アニメ版では、映画では描かれないヒーロー達の生の魅力をぜひ味わってほしい。

『バットマン:ゴッサムナイト』2作品

DCコミックスの人気アニメバットマン:ゴッサムナイトの画像

バットマンが好きな人におすすめなのが『バットマン:ゴッサムナイト』から始まる2つのDCアニメだ。

なんと『バットマン:ゴッサムナイト』のストーリーは、バットマン映画の新三部作『バットマン・ビギンズ』と『ダークナイト』の間を結ぶストーリーが描かれている。これならDC映画のファンも見ないわけにはいかないだろう。

公開年順の時系列順で並べると、次のようになる。

  1. バットマン:ゴッサムナイト【2008年】
  2. バットマン:アーカムでの急襲【2014年】

この2つのDCアニメ作品は、どちらも約70分ほどで見終えることができる。とくに『バットマン:ゴッサムナイト』は6つの短編からなるオムニバス作品である。映画よりも時間を取られずに済むので、サクッと物語を楽しみたい人にもおすすめだ。

『バットマン:ダークナイト・ユニバース』3作品

DCコミックスの人気アニメバットマン:ダークナイト リターンズの画像

バットマンファンにもう1つおすすめなのが、『バットマン:ダークナイト・ユニバース』というアニメシリーズだ。これは「Batman (Dark Knight Universe)」という原作コミックのストーリーを元に作られているアニメ作品である。

公開年順の時系列順で並べると、次のようになる。

  1. バットマン:イヤー・ワン【2011年】
  2. DCショーケース:キャットウーマン【2011年】
  3. バットマン:ダークナイト リターンズ【2012年】

『DCショーケース:キャットウーマン』は15分ほどの作品なので、すぐに見終えることができる。2012年のバットマン映画『ダークナイト ライジング』で、アン・ハサウェイが演じた「キャットウーマン」に興味を持った人にもおすすめしたい。

『スーパーマン/バットマン』2作品

DCコミックスの人気アニメスーパーマン/バットマン:アポカリプスの画像

『スーパーマン/バットマン』シリーズは、スーパーマンとバットマンの共演が好きな人におすすめのアニメ作品。DCエクステンデッド・ユニバース2作目の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とはまた違った熱い共演が楽しめるはずだ。

公開年順の時系列順で並べると、次のようになる。

  1. スーパーマン/バットマン:パブリック・エネミーズ【2009年】
  2. スーパーマン/バットマン:アポカリプス【2010年】

見どころはクライマックス部分の盛り上がり。作中での名言も多く、DCファンにとって嬉しい作品である。1作目は探偵物のストーリーで2作目はSF作品なので、好みに合わせて見てほしいと思う。

『ジャスティス・リーグ(JLA)』2作品

DCコミックスの人気アニメ作品ジャスティス・リーグ:ドゥームの画像

映画シリーズ「DCエクステンデッド・ユニバース」が好きな人におすすめなのが、『ジャスティス・リーグ』シリーズのアニメ作品2つ。

公開年順の時系列順で並べると、次のようになる。

  1. ジャスティスリーグ:二つの地球の危機【2010年】
  2. ジャスティス・リーグ:ドゥーム【2012年】

1作目は「ジャスティス・リーグ」が悪の組織として存在するEarth-Threeという別世界と、善のジャスティス・リーグが戦うというストーリー。設定が面白い。

『ジャスティス・リーグ:神々とモンスター』2作品

DCコミックスの人気アニメジャスティス・リーグ:神々とモンスターの画像

『ジャスティス・リーグ:神々とモンスター』は、最新のジャスティス・リーグを扱ったDCアニメ作品。スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン以外にも多くのキャストが登場する。

公開年順の時系列順で並べると、次のようになる。

  1. ジャスティス・リーグ:神々とモンスター【2015年】
  2. ジャスティス・リーグ:神々とモンスタークロニクル【2015年】

2作目の『ジャスティス・リーグ:神々とモンスタークロニクル』は、シーズン1はすでに完結。3話からなるストーリーで、バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンの順に活躍する。

全10話からなる「シーズン2」の予定もあったが計画がキャンセルされて現在延期中だ。今後の動きがあれば、追記しようと思う。

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterで最新情報を