京都バル(BAL)がオシャレ過ぎ!バルのおすすめショップ10選

京都BAL(バル)の紹介

京都のBAL(バル)に行ってきましたよ〜。

京都BALは有名ブランドがたくさん入っている、いわゆるショッピングビルですね。去年の改装で、京都BALはものすごく進化したようです。たしかに「ほかの百貨店」とはなにか違う感じ。へんな言い方ですが「東京みたい」な雰囲気でした。

今日はそんな京都BAL(バル)をご紹介。おすすめのショップ10選です!京都BALに行ったことない方に、各階のショップや、BALの雰囲気をお送りいたしますね!

SPONSERD LINK

京都BALの外観

京都BAL(バル)の外観

京都BALは外観からすでに良い雰囲気を持ってますね。

おしゃれな雰囲気です。

京都BAL(バル)の入り口

京都BALの「入り口」はこんな感じ。ここも雰囲気がありますね。

それではショップ巡りのスタートです!

SPONSERD LINK

京都BALのショップ一覧

京都BAL(バル)の各ショップ一覧

京都BALは全部で6階。地下1階と2階もありますね。

ぼくはまずエレベーターで6階に行き、そこからエスカレーターで1階ずつ下っていきました。

というわけで、その順番で「ショップ10選」をお送りいたします!

ロンハーマン(Ron Herman)

京都BAL(バル)のロンハーマン

まずはロンハーマン。

京都BALの6階はロンハーマン(とロンハーマンのカフェ)だけでした。トムフォードがたくさん置いてありましたね。ローラ愛用の「キャリー(TF-58)」も2本ともあったかと思います。

ロンハーマンは店員もお客さんもみんなオシャレで、とても素敵な空間でした。

Ron Herman・・・アパレルを中心にした品ぞろえで、ブラッド・ピットや木村拓哉、梨花などのセレブ、ファッションリーダーの愛用品が多いことでも有名。

無印良品

京都BAL(バル)の無印良品

5階はすべて無印良品です。

3万円以上買うと配送料が「無料」になるようです。無印良品のアイテムはどれもシンプルでいいですね。

京都BALの無印良品は「とにかく広い」ので、だいたいの商品がここで手に入ると思います。

ザ・コンランショップ(THE CONRAN SHOP)

京都BAL(バル)のザ・コンランショップ

ここからは4階です。主にインテリア系のショップが並びます。

ザ・コンランショップにはお洒落なインテリアがたくさんありますね。

全世界で、ロンドン、パリ、東京、京都、名古屋、福岡、の6都市にしかないので行ってみる価値はあるかと思います!

トゥデイズスペシャル(TODAY’S SPECIAL)

京都BAL(バル)のトゥデイズスペシャル

4階には、「トゥデイズスペシャル」もありました。

ナチュラルインテリアやアイテムが好きな方にはおすすめのショップですね。

“食とくらしのDIY”をテーマとした、くらしの商店。 食に関する商品をはじめ、ガーデニングやファッション・ヘルス&ビューティーなど生活にまつわるアイテムをマルシェのように展開いたします。 つくる、食べる、育てる、飾る、装うなど、くらしの中でちょっとしたDIY な考え方を持つことで、自分でできることが少しふえて、丁寧で軽やかな暮らしか手に入るお店を目指します。

アスペジ(ASPESI)

京都BAL(バル)のアスペジ

ここからは3階です。

まずは「アスペジ」がありました。

機能的かつ洗練されたアイテムがたくさんありました。シャツが欲しい方はアスペジをチェックすると良いかも。

セオリー(Theory)

京都BAL(バル)のTheory(セオリー)

同じく3階。

セオリー(Theory)がありました。セオリーには「大人っぽい女性アイテム」がたくさんあります。

セオリーの服は上品で素敵!ただ、めちゃくちゃ高いですね…。

エストネーション

京都BAL(バル)のエストネーション

こちらも3階。

エストネーションにはメガネもめちゃくちゃ置いてあって、手厚く接客してくれました。トムフォードを掛けてたからかな。エストネーションには良いスニーカーもいっぱいありました〜。

エストネーションは、物質的だけではなく、心まで満たすことを追求する新しい時代のマインドをまとった「ニュー・ラグジュアリーストア」。”Timeless”と”Progress”を交差させて、多様な生活シーンを楽しんでいる、自分の価値観をもった大人の男女の知性と感性を心地よく刺激します。

ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン

京都BAL(バル)の花屋、ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン

http://www.fashion-headline.com/

エストネーション内には、お洒落な「フラワーショップ」がありました。

写真のとおりカウンタースタイルのお店です。

コンシェルジュさんが丁寧にお話を聞いてくれます。特殊な花がたくさん置いてあるので、プレゼントに最適ですね。

フェリージ

京都BAL(バル)のフェリージ

こちらも3階。

フェリージには女性向けのバッグがたくさんありました。革製品の小物なんかもオシャレで良い感じです。

フェリージは、1973年、イタリアの歴史と芸術の小都市フェラーラで、小さな革工房からスタートした、バッグ・革小物を中心に展開するブランドです。 「oggetto unico(ただひとつの存在)」のフィロソフィーのもとに、ぬくもりと洗練をたたえた製品を作り続けています。

アメリカンラグ シー

京都BAL(バル)のアメリカンラグ シー

2階です。

すぐアメリカンラグシーが目に飛び込んできました。

1985年にLAにオープンした「AMERICAN RAG CIE(アメリカンラグ シー) 」。アメリカ西海岸の空気感に、地中海周辺諸国のカルチャーをミックス。パーソナリティによって価値が生まれ、今の気分を大切にした空間と、自由で心地よいリズム感をお客さまと共有したい。“よりよい生活”から得られる高揚感、リラックス感やエッジィさを兼ね備えたボーダレスな世界観を提案している。

その他のショップ

その他、まだまだたくさんのショップがありました。

「4℃(ヨンドシー)」などのジュエリーショップやカフェなどもありますね。

詳しくは下記の公式ページでもご覧いただけますので、よかったらどうぞ!

京都BAL(バル)のショップ一覧

SPONSERD LINK

京都BAL(バル)とは

京都BAL(バル)は、京都の「河原町通り」にあります。だいたい「四条と三条のちょうど真ん中くらい」でしょうか。営業時間は11時から20時。

初めての「京都BAL」でしたがすごく楽しめました。

興味がある方は行ってみてください。京都へのご旅行の「ついで」も良いですね。国内宿・ホテル予約なら、るるぶトラベル!がおすすめです〜!

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterでかみいちを