アーティスト赤西仁さんに学ぶ「自分らしさ」と「説得力」

赤西仁 アーティスト 歌手 説得力 名言 自分らしさ ニュース 堀江貴文 ホリエモン

こんにちは。かみいちです。

先日、堀江貴文さんが『赤西仁「男性同伴コンサート」で女性ファン大混乱!』という記事に対して、「らしい取り組み」とコメントしました。

赤西仁さんと言えば現在、全国ツアー『JIN AKANISHI LIVE TOUR 2015 ~Me~』を行っています。

ジャニーズ時代から色々と話題が多かった赤西仁さんですが、正直なところ、世間一般的な赤西仁さんのイメージって、「わがまま」「自分勝手」「自由奔放」みたいなのが多かったように思います。いや、現在もまだそうかもしれません。

でも、ここで堀江さんがいう「らしさ」って、ポジティブな意味なのでは?今後赤西仁さんのイメージってどんどん変わっていくのでは?

と思ったので今日はその理由を書いてみたいと思います。

それではまず、ツイッターで見つけた赤西さんの名言集をご覧ください。

SPONSERD LINK

赤西仁さんの名言集

これはメルマガやホリエモンチャンネルで、普段から仰られている堀江さんの思考に似てます。起業家精神ですかね。

提供する商品やサービスがどのマーケットで一番受け入れられるか、というマーケティング的な話にも聞こえます。

さらに表に現れない努力の大切さを説いています。(堀江さんも努力の大切さを常々語られています。)

SPONSERD LINK

赤西仁さんが出す不思議な魅力

さて、この3つの発言は、

  1. 自分のやりたいことをやり、
  2. それが相手に受け入れられるかどうかを考え、
  3. さらに相手を納得させる程の努力を行う

という思考プロセスであり、短い言葉で表すなら、

  1. アイデンティティー
  2. 周囲の共感
  3. 努力

です。

赤西さんの凄いところは

「1」だけで突っ走る人も多いし、

「2」だけ考えて、周りの目ばかり気にする人もいるし、

「3」が出来る人はそんなに多くない

という中、3つ全てを怠らず、ブレずに自分の道を進んできたことです。

SPONSERD LINK

赤西仁さんに説得力が出てきた

ここで私は、赤西仁さんが「あるモノを得た」ことに気が付きました。それはこの動画で分かります。(2分で終わります!)

感想は様々だと思いますが、ジャニーズ時代を知ってる人でも知らない人でも、「あれ?普通にかっこいいアーティストじゃん。」と思う人もいるのではないでしょうか。

個人的には、明らかに、以前より歌が上手くなり、見せ方が自然になり(表現の幅も広がり)、表情すら変わりエネルギーに満ちているように見えます。(個人の感想です。もちろんジャニーズ時代も魅力的です)

これって、赤西仁さんが「イメージを変えるチカラ」

あるいは「自分らしさを正しく認識してもらうチカラ」

端的に言うと、「説得力」を得たっていうことだと思うんです。

「元ジャニーズ」「アイドル」というイメージが「アーティスト」に変わり、

「わがまま」というイメージが「芯が強い」「信念がある」に変わる。

他人の印象を変えるって、かなりのエネルギーが要ることなので、

そう考えると今後新たなムーブメントが起きる予兆なのかなって思います。

再ブレイクとか?

ここで私が言いたいのは、皆、赤西仁さんの思考を真似てみたらいいんじゃないか?ってことです。

  1. 自分のやりたいことをやり、
  2. それが相手に受け入れられるかどうかを考え、
  3. さらに相手を納得させる程の努力を行う

という3つ思考から、自分の足りないところを補ってみる。

たとえば、「1」でつまづいている人は、まず「自分のやりたいこと」を始めてみる。

やりたいことが見つかってない人は、興味の対象を広げてピンと来たものをとりあえず始めてみる。

とか

「2」が自分には足りないかなって人は、自分を受け入れてくれる人や場所を探したり、伝え方を変えてみたり。

逆に「周囲の目は一切気にならない」という人は、もしかしたら、自分が本当に周囲に受け入れられているか一度考えてる必要があるかも。

そして「3」に自信がない人。

自分のやりたいことのはずなのに、気が散ったり他のことがしたくなったりして、人を驚かすほどの努力ってなかなか出来ないよなーって人。(実は私もこのタイプ)

いわゆるマンネリやモチベーションの低下。

やりたいことを貫くからにはと語る赤西仁さんのように、強い意志を持たないといけませんね。

こんな感じで、自分にない思考を取り入れていくことは、けっこう効果的かもしれません。

「自分の道」を突き進んだり、「自分らしさ」を持つことって、中々できないことです。

だから赤西仁さんみたいなアーティストはもっと評価されるべきだと思うし、

特に大きい組織から飛び出て勝負してきたって所は、これからの時代、いろんな人が勉強になるんじゃないでしょうか。

赤西仁らしさのまとめ

というわけで、「自分らしさ」や「人生の道」にふと迷った時は、

「自分らしさ」を貫き周囲を少しずつ変えていくアーティスト、赤西仁さんを参考にしてみてはいかがでしょうか。

かみいちでした。

関連リンク

赤西仁『Me』ライブレポ。報道内容と今後の脱アイドル化について

赤西仁の「男性同伴ライブ」が成功する驚くべき理由とは?

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterでかみいちを