146
shares

スパイダーマン・ユニバースはこの順番で見よ!スピンオフ映画一覧からMCUのホームカミングまで完全解説

スポンサーリンク

じつは『スパイダーマン:ホームカミング』の公開以降、

「スパイダーマン:ホームカミング」の世界観とはまた別の「スピンオフ作品」の公開がつぎつぎと決定しています。

スパイダーマンが、「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」に参戦することは大きな衝撃でしたが、

2018年以降は、ベノムやシルバー・セーブル、ブラック・キャット、ナイトウォッチ等が登場する映画も非常に期待ができそうですね。

正式名称なのかは分かりませんが、日本では現在、これらの映画作品をまとめて『スパイダーマン・ユニバース』と呼ばれることがあります。

今回はスパイダーマン・ユニバースとして公開済みの作品から、今後公開される予定の映画までをまとめて一覧にしてみました。

スパイダーマン・ユニバースの「全」公開予定映画作品一覧

スパイダーマンユニバース単独映画1作目ホームカミングの画像

via:http://www.sonypictures.com

こちらは「スパイダーマン・ユニバース」の映画作品一覧です。

ようするに、スパイダーマンが出ている映画を「公開順」に並べたものですね。

  1. 『スパイダーマン』(2002年)
  2. 『スパイダーマン2』(2004年)
  3. 『スパイダーマン3』(2007年)
  4. 『アメイジング・スパイダーマン』(2012年)
  5. 『アメイジング・スパイダーマン2』(2014年)
  6. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)
  7. 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)
  8. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年公開予定)
  9. 『ベノム(ヴェノム)』(2018年公開予定)
  10. 『シルバー&ブラック(原題)』(2019年公開予定)
  11. 『アベンジャーズ4 (原題)』(2019年公開予定)
  12. 『スパイダーマン:ホームカミング2 (原題)』(2019年公開予定)
  13. 『ナイトウォッチ(仮)』(企画中)
  14. 『モービウス(仮)』(企画中)

すべて公開されると全部で「13作品」ということになります。

これらスパイダーマン映画の「時系列」を解説していきましょう。

スパイダーマン映画の見る順番。【シリーズ別】

まず、スパイダーマン映画は以下の4つのシリーズに大別できます。

  • 「スパイダーマン」三部作シリーズ
  • 「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ
  • 「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズ
  • 「スピンオフ」シリーズ

スパイダーマン三部作は、『スパイダーマン』(2002年)・『スパイダーマン2』(2004年)・『スパイダーマン3』(2007年)ですね。

  1. 『スパイダーマン』(2002年)
  2. 『スパイダーマン2』(2004年)
  3. 『スパイダーマン3』(2007年)

ファンの間でも人気の高いシリーズですから、初めに視聴するのもおすすめです。

次は「アメイジング・スパイダーマン」シリーズですね。

  1. 『アメイジング・スパイダーマン』(2012年)
  2. 『アメイジング・スパイダーマン2』(2014年)

このアメスパシリーズは、過去作と切り離されたリブート作品です。

なので、ピーター・パーカーが普通の高校生だった頃から描きなおされています。

なお打ち切りになった原因は下記の記事を参考にどうぞ。

関連記事:アメイジングスパイダーマン3を中止したマーベル映画の事情

そして一番注目をしたいのが「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」シリーズですね。

  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)
  • 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)
  • 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年公開予定)
  • 『アベンジャーズ4 (原題)』(2019年公開予定)
  • 『スパイダーマン:ホームカミング2 (原題)』(2019年公開予定)

まずは1作目の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に注目してください。

この作品は、MCUにおいては「第13作目」にあたります。

そのため、『シビルウォー』を最初に見るよりも、MCUの第1作目『アイアンマン』を最初に見るのが理想的です。

ただ『シビルウォー』ではスパイダーマンの初登場が描かれ、さらにMCUとしてもキリの良い「フェーズ3の頭」の作品なので、

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から観ていくのも悪くない視聴方法だと言えます。

ゆくゆくは『アイアンマン』や『アベンジャーズ』など他の作品も観たくなってくると思いますが、その場合はこれから少しずつ手をつけていけば大丈夫です。

(マーベル・シネマティック・ユニバースの時系列についてはこの記事をご参照ください→アベンジャーズの最新時系列24作品

というわけで、これからスパイダーマンユニバースを見る人は、一旦『シビルウォー』を視聴したうえで、「続編作品」へと進んでいってください。

これは最初に『スパイダーマン:ホームカミング』を見てしまった方も同様です。

そのままでは、つづく『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のストーリーをほとんど理解できないと思いますので、

そうならないように前もって『シビルウォー』も観ておくことを強くオススメします。

こちらで視聴できます。>>『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

※「2020年6月12日」まで視聴可能。(初回登録なら無料)。

「スパイダーマン」のスピンオフ映画作品一覧

スパイダーマンユニバースの一場面

via:http://www.sonypictures.com

次は、スパイダーマンユニバースの「スピンオフ映画」だけを抜き出してみます。

公開スケジュールの一覧がこちら。

  1. 『ベノム(ヴェノム)』(2018年10月5日に全米公開)
  2. 『シルバー&ブラック(原題)』(2019年公開予定)
  3. 『ナイトウォッチ(仮)』(公開日未定)
  4. 『モービウス(原題)』(公開日未定)

この2作品に関しては、完全にスピンオフ作品ということで、

スパイダーマンである「ピーター・パーカー」は出演しない予定です。

つまり、「別の主人公」が主役になります。

たとえば『ベノム』では、宇宙からの寄生生物で、スパイダーマンの能力をコピーして人間に取りつく悪役キャラクター・ベノムが主人公。

ヴェノムは過去作品『スパイダーマン3』(2007年)にも登場した超人気キャラクターです。

また、『シルバー&ブラック(原題)』では、原作コミックスの人気キャラであるシルバー・セーブルとブラック・キャットが主役となる予定。

このように、米ソニー・ピクチャーズは「スパイダーマン」と関わりのあるキャラクターを様々な角度から『スパイダーマン・ユニバース』として広げようとしています。

今後もスピンオフ映画は増えていくでしょう。

スパイダーマン・ユニバースの新情報が公開されたら、随時更新していこうと思います。

ただ、これらスピンオフ映画は、『スパイダーマン・ユニバース』として同じ世界観を共有していますが、MCUとはクロスオーバーしないので要注意です。

スパイダーマンと同じ世界の出来事だけど、アベンジャーズは出ない……。

かなりややこしいですが、そういう感じですね。

では、スパイダーマン・ユニバースのなかでもMCUとクロスオーバーする「本編5作品」をくわしく解説していきましょう。

MCUシリーズに絡む「スパイダーマン・ユニバース」映画一覧

スパイダーマンユニバース単独1作目『スパイダーマン:ホームカミング』の登場人物の画像

via:http://www.sonypictures.com

『スパイダーマン・ユニバース』の本編作品となる「5つの映画」は、以下の通り。

  1. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年公開)
  2. 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年公開)
  3. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年公開)
  4. 『アベンジャーズ4 (原題)』(2019年公開予定)
  5. 『スパイダーマン:ホームカミング2 (原題)』(2019年公開予定)

この一覧にある作品は、「主軸」である『スパイダーマン:ホームカミング』を中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の作品となっています。

かんたんに言うと「スパイダーマンが登場するMCU作品」の一覧です。

では、なぜ前述のスピンオフ映画にはスパイダーマンが登場しないのか。

これは、おそらく、

MCUがソニー・ピクチャーズとマーベルスタジオの提携して共同制作されている一方、

スピンオフ映画は、ソニー・ピクチャーズがMCUから離れて独自で展開していく映画ということなのでしょう。

ただし、スパイダーマン・ユニバースとしては、全ての作品が「同じ世界観」を共有しているのでご安心ください!

MCUフェーズ4以降の展開によっては、

スパイダーマン出演の新しい「MCU映画」が今後どんどん追加公開される可能性も高いでしょう。

楽しみですね!

最後に、スパイダーマンユニバーズの時系列を整理して、1作品ずつ順番に解説していきます。

映画スパイダーマン・ユニバース「本編」ストーリーの時系列

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年公開)

スパイダーマンが登場する『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』の登場人物の画像

via:http://marvel.com

この『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、新スパイダーマンの顔見せが行われた記念すべき映画です。

主人公キャプテン・アメリカとウィンター・ソルジャーの友情や、アベンジャーズ内でのアイアンマンとロジャースの対立などが描かれています。

スパイダーマン・ユニバースとしては、

アイアンマンことトニー・スタークが、新たな頼れる仲間として、高校生のピーターを勧誘するシーンがとくに重要ですね。

また、スパイダーマンがアベンジャーズのメンバーと戦うシーンも描かれています。

前述したように、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、マーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ3の1作目ということで、

2018年の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へと繋がる重要なストーリーを描く作品となっています。

なので、かならず観ておきたいですね。

スパイダーマンの活躍シーンもしっかり用意されているので、とにかく必見ですよ!

こちらで視聴できます。>>『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

※「2020年6月12日」まで視聴可能。(初回登録なら無料)。

『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年公開)

スパイダーマンユニバース単独映画1作目『スパイダーマン:ホームカミング』の登場人物の画像

via:http://www.sonypictures.com

前作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』において、スパイダーマンは、ベルリンでのアベンジャーズの内部バトルに参加しました。

今作はその戦いの後のスパイダーマンが描かれます。

まだ弱冠15歳の高校生ピーター・パーカーは、ニューヨークに戻ったあと、街を救うヒーロー活動をスタートすることに。

憧れのトニー・スタークから授かった特製スパイダースーツを使用しているが、放課後の部活のノリでの活動で精一杯。

そんなニューヨークの街に、トニー・スタークを恨む天敵・バルチャーが出現してしまいます。

アイアンマンに認められ、何としてもヒーローとして「アベンジャーズ」に入りたいピーターは、トニーの忠告を無視し、ひとりで戦いに挑むことになるのですが……。

『スパイダーマン:ホームカミング』は、

シビルウォーの戦いでキャップからシールドを奪っただけで大喜び&大興奮していたピーターの「真の成長」が見られる映画となっています。

新生スパイダーマンを語るなら、この映画を見ないと始まりませんね……!

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年公開)

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、マーベル・シネマティック・ユニバースとして「第19作目」に当たる集大成となる映画です。

なんと総勢60人以上ものマーベル映画のヒーローやヴィランが登場……!

その中でスパイダーマンがどれくらいの存在感、活躍を示してくれるか分かりませんが、100%、いや120%面白い作品になっているはずです!

スパイダーマンファンとしても、アベンジャーズファンとしても大盛り上がりの作品になること間違いなし!

期待しておきましょう……!

『アベンジャーズ4 (原題)』(2019年公開予定)

『アベンジャーズ4』は、もともと前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のパート2として制作される予定でした。

しかし、予定は変更され、まったく別のストーリーになるようです。

現在分かっていることは、

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ4』の間に、

  • 『アントマン&ワスプ』(2018年)
  • 『キャプテン・マーベル (原題)』(2019年)

の2作品が公開されるということです。

ワスプやキャプテン・マーベルが絡んだより白熱した映画になる予感がしますね……!

どんな映画になるのかまだ想像もつきませんが、スパイダーマンの活躍も絶対に見ることができるはず!

『スパイダーマン:ホームカミング2』に繋がるストーリーになる予定なので、

エンドロール後の追加シーンも含め、見逃せない作品になりそうです!

『スパイダーマン:ホームカミング2 (原題)』(2019年公開予定)

詳しい情報はまだ明らかになっていませんが、

『スパイダーマン:ホームカミング2 (原題)は、MCUのラストを飾る『アベンジャーズ4』のラストシーンの「数分後」から始まる物語になる予定です。

『アベンジャーズ4』は見ておかないとダメっぽいですね……!

また『スパイダーマン:ホームカミング2』の全米公開日は2019年7月5日なので、

スピンオフ映画である、

  • 『ベノム(ヴェノム)』(2018年公開)
  • 『シルバー&ブラック』(2019年公開)

の内容が盛り込まれる可能性もあるでしょう。

『シルバー&ブラック』の公開時期が前後するかもしれませんが……。

やはりスパイダーマン:ホームカミングだけでなく、

「スパイダーマン・ユニバース全体」を楽しむには、

スピンオフ作品の『ベノム(ヴェノム)』と『シルバー&ブラック』の2作品もチェックしておく必要がありそうですね!

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterで最新情報を