shares
34

スパイダーマン:ホームカミングの前に最低限見ておくべきマーベル映画を解説!【アベンジャーズ?アイアンマン?】

SPONSERD LINK

8月11日についに公開される『スパイダーマン:ホームカミング』を見ようとしている、そこのあなた。

知っていましたか? 今作のスパイダーマンは「1作目」ではなく、いきなり「16作目」であるということ!

そう『スパイダーマン:ホームカミング』は、アベンジャーズシリーズとも呼ばれる「マーベル・シネマティック・ユニバース」の1作品なんです。

では『スパイダーマン:ホームカミング』を見る人が「最低限」知っておかなければいけない知識は何か。

「最低限」見ておかなければいけない「マーベル映画」はどれなのか。

解説していきましょう!!! ぜひ『スパイダーマン:ホームカミング』を見る前に、この記事をチェックしておいてくださいね!

『スパイダーマン:ホームカミング』は「マーベル・シネマティック・ユニバース」の16作品?

「マーベル・シネマティック・ユニバース」とは?

アベンジャーズシリーズ『シビルウォー』の登場人物全員

「マーベル・シネマティック・ユニバース」とは、正義のために結成された「アベンジャーズ」というマーベルヒーローたちのチームの活躍を描くアメコミアクション映画シリーズ。

それまで世界一位だった「スター・ウォーズシリーズ」すら抜いてしまい、今ではこのマーベル映画が「大作映画シリーズ」ダントツの一位! もはやマーベル映画シリーズを抜きにして「洋画」は語れません。

自信を持って断言できるんですが、アベンジャーズ関連のマーベル映画は、正直「ぜんぶ面白い」んですよね。

その「マーベル・シネマティック・ユニバース」がスタートして9年……ついにスパイダーマンが登場することが決定したわけです。

その第一弾となるスパイダーマン映画が『スパイダーマン:ホームカミング』。

日本では『アイアンマン』『アベンジャーズ』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』がとくに人気で、最近では『ドクター・ストレンジ』も人気だったし、『アントマン』も最高でしたが……。

今作『スパイダーマン:ホームカミング』では、日本人に最も知名度と人気を誇る2大マーベルヒーロー「スパイダーマン」と「アイアンマン」が共演するのです。

日本での大ヒットは確実ですよね。

というわけで満を持してスパイダーマンが登場する「アベンジャーズシリーズ」ですが、ちょっと「時系列」が壮大すぎるという問題が……。

『スパイダーマン:ホームカミング』までの時系列まとめ

「マーベル・シネマティック・ユニバース」における『スパイダーマン:ホームカミング』までの「時系列」は、下記のとおりです。

  1. 『アイアンマン』(2008年公開)
  2. 『インクレディブル・ハルク』(2008年公開)
  3. 『アイアンマン2』(2010年公開)
  4. 『マイティ・ソー』(2011年公開)
  5. 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年公開)
  6. 『アベンジャーズ』(2012年公開)
  7. 『アイアンマン3』(2013年公開)
  8. 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年公開)
  9. 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年公開)
  10. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年公開)
  11. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年公開)
  12. 『アントマン』(2015年公開)
  13. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年公開)
  14. 『ドクター・ストレンジ』(2017年公開)
  15. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年公開予定)
  16. 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年公開予定)

長すぎ……。多すぎ……。

ですよね!!!

でも「騙された」と思って、まずは『アイアンマン』だけでも1度視聴してみてください! きっと面白すぎて「もっと観たい」「すぐ次作が観たい」に変わるはず。

マーベル映画はこの順番で見よ!アベンジャーズの最新時系列24作品(公開予定含む)

マーベル映画の時系列については、上記の記事で1から丁寧に解説してあります。

ただし、さすがに15作品も見ていたらどんなに時間がある人でも3ヶ月から半年くらい経ってしまいますよね。

というわけで、最低限見ておくべきマーベル映画を2つご紹介しておきましょう。

『スパイダーマン:ホームカミング』の前に必ず視聴しておくべきマーベル映画一覧

『アイアンマン』(2008年公開)

アベンジャーズシリーズ『アイアンマン』の登場人物の画像

『スパイダーマン:ホームカミング』を見る前に、映画『アイアンマン』を見ること必須でしょう。

なぜなら、アイアンマンことトニー・スタークが、『スパイダーマン:ホームカミング』に出演し、主人公のピーターと絡むからです。

今作のピーターは、アベンジャーズに憧れをもち、とくに「アイアンマンのようになりたい」と考えているらしい……。なので、「アイアンマンって誰?」というような人は『スパイダーマン:ホームカミング』を100%で楽しめないはず。

『スパイダーマン:ホームカミング』において、アイアンマンは重要な人物です。ぜひ『アイアンマン』だけでも、見ておいてくださいね。

今なら「U-NEXT」で視聴可能。「無料トライアル体験」の期間中は無料でお試し視聴もできます。でも配信期限が決められていますし、さらに他のアベンジャーズ映画の配信期間はもっと短いので、はやめに視聴しないと見れなくなるので要注意!

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年公開)

アベンジャーズシリーズ『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の登場人物の画像

そして『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』も必見ですね。

なぜならこの映画には「今作のスパイダーマン」が登場しているから!

アベンジャーズファンの人は知ってると思いますが、スパイダーマンが「顔見せ」としてシビル・ウォーに出演した際は、とんでもなく話題になりました。

しかもそれだけではく、今作のテーマの1つ「アイアンマンとスパイダーマンのやりとり」も、このシビルウォーを見ていないと理解ができないでしょう。

なので『スパイダーマン:ホームカミング』の軽い予習程度なら、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から見るのがおすすめなのです。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、アベンジャーズシリーズの「フェイズ3」(第3章)の1作目。

アイアンマンの他に、キャプテン・アメリカやアントマン、ブラック・ウィドウ、ウィンター・ソルジャーファルコン、スカーレット・ウィッチ、ホークアイ、ウォーマシン、ヴィジョン、ブラックパンサーも登場……。登場人物が多すぎてビックリしてしまうかもしれませんが。笑

ファンとしては『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の公開から『スパイダーマン:ホームカミング』が公開されるまで「1年4ヶ月」も待っていたのですが、今から見る人は「すぐに」楽しむことができるわけですね!

というわけで最低限、『スパイダーマン:ホームカミング』の前に『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』も見ておきましょう!

(余裕がある人はぜひ「フェイズ1」と「フェイズ2」も見ておいてほしいですが!)

余談ですが、2018年公開の『ブラックパンサー』の主人公も、スパイダーマンと同じく、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で顔見せされています。ブラックパンサーの予習にもなるので、ぜひどうぞ!

過去のスパイダーマンは今すぐ視聴してOK!見てみる?

『スパイダーマン:ホームカミング』とは違い、すでに「完結済み」のスパイダーマン映画は、現在のところ「5作品」あります。

この5作品は、すべて「アベンジャーズシリーズ」との関わりがない映画。

なのでどの作品も、とくに前知識もなく今すぐ視聴してもOKです!今は「U-NEXT」で「お試し視聴」もできるので、ぜひ見ておいてほしいですね。

ではマーベル映画、いやアメコミ映画の歴史を変えてしまった「スパイダーマン映画」の2つのシリーズを解説しておきましょう!

初代スパイダーマン三部作

初代スパイダーマン映画三部作シリーズの登場人物と画像

じつは、未だに「最も人気」のスパイダーマン映画シリーズがこの3作品です。

  • スパイダーマン(2002年公開)
  • スパイダーマン2(2004年公開)
  • スパイダーマン3(2007年公開)

ストーリー性やスパイダーマンの動きのキレ、魅力的なキャラクター、どれをとっても一級品のスパイダーマン。個人差はあると思いますが、「ヒロインがあんまり可愛くない」ことだけが唯一の欠点!(爆)

ロマンス(恋愛部分)を楽しみたい人には、後述する「アメイジング・スパイダーマンシリーズ」のほうが楽しめるとは思います。ぼくもアメイジング・スパイダーマンを映画館で見て大好きになりました。

今すぐスパイダーマンを観たい人は「U-NEXT」から視聴することができます。

31日の無料トライアル体験もできるので、この機会にスパイダーマンシリーズを観まくってみてはいかが!

スパイダーマンはどのシリーズが面白いのですが、初代の三部作は「原点にして最強」。正直、久々に見返すだけでもめちゃくちゃ面白いです。ぜひ見てくださいね!

アメイジング・スパイダーマンシリーズ

2代目スパイダーマン映画アメイジング・スパイダーマンシリーズの登場人物と画像

というわけで、ぼくのオススメはこの『アメイジング・スパイダーマン』です。

  • アメイジング・スパイダーマン(2012年公開)
  • アメイジング・スパイダーマン2(2014年公開)

グウェン役のエマ・ストーンが可愛いというだけじゃなく、ヴィラン(悪役)のリザードが怖すぎたり、映像が綺麗すぎたり、とにかく最高!

2代目このスパイダーマンは能力も原作に近い設定で、手に装着した「ウェブ・シューター」を使って指から糸を出します。さらに「コスチューム」もかっこよくて見ているだけで惚れてしまいそう……!

そしてスパイダーマンの代名詞とも言える名言「大いなる力には、大いなる責任が伴う」が登場する悲しいシーンも描かれています。

(『スパイダーマン:ホームカミング』では、このシーンが詳しく描かれないという噂がありますね。)

このアメイジング・スパイダーマンシリーズも今は「U-NEXT」にて「お試し視聴」が可能です。

超イチオシのスパイダーマン映画なので、ぜひ見てみてください。とくに「2作目」は泣けます……。

ただしアメイジング・スパイダーマンシリーズは3作目が公開される前に「打ち切り」になってしまってます。あの2作目のラストの状態で終わらすとは、さすがにピーターが可哀想すぎますね。涙

ちなみに、ソニーさんがアメイジング・スパイダーマンシリーズを打ち切りにした理由は、下記の記事でくわしく解説しています。興味がある人は一度見てみてくださいね。

関連記事:アメイジングスパイダーマン3を中止したマーベル映画の事情

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterで最新情報を