今年最も印象に残った記事2つ by #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け【ハイパーリンクチャレンジ2015】

かみいち
かみいちです

先日、『デジタルコシカワールド 』の「コシカワ氏」からこんなメッセージが届きました。

ハイパーリンクチャレンジ2015

ハイパーリンクチャレンジ

「今年一番印象に残った記事」を紹介して、次の人にバトンを渡していくってやつ?

めんどくさくない?

いや、ちょっと待った。

あの有名人の「はあちゅうさん」や「イケダハヤト氏」が参加してる、大企画じゃないですか。

この「ハイパーリンクチャレンジ2015」という企画は、WEB業界屈指の著名な方達が企画したものらしいのです。

こんな光栄なことは無いぞ!

というわけで、

「なるべく早く記事を書きますね!」という、コシカワ氏の記事が出るのを待つことになりました。

SPONSERD LINK

そして現在…

まだ? まだなのか!?

遅いぞーーーー!!!

と思いながら 1日が経過。

なぜぼくが、こう焦ってるかというと、

12月20日が企画の締め切り日ってことは、

バトンを受け取ったのに、「タイムオーバー!!」ってなっちゃう人が出てくる気がしたんです。

TVでよくある、破裂しそうな風船がまわってくる感覚。

あれですよ。

いや割れてしまう風船に例えるのは失礼か。

行列のできる人気スイーツ店に、1日50個限定のスイーツを狙って並ぶ感覚。

こっち?

変な心配をしてしまいましたが、参加者が増えた方が企画が盛り上がって楽しいので、

(コシカワ氏も急いで書いてくれているようですし)ぼくも早く書き上げようと思います!

SPONSERD LINK

2015年最も印象に残った記事は?

企画の内容

【概要】

① その年(前年12月〜本年11月)までに公開されたウェブコンテンツから印象に残った記事を2本だけピックアップする。1本は自らが執筆・制作に関わった記事、もう1本は他媒体で公開された記事とする。

② 参加者はそれぞれの記事を選んだ理由を、ブログやSNS等にまとめて発表する。選考した理由もあることが望ましい。

③ また、次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も2人〜3人程度指名する。なお、指名がなくとも、開催趣旨への理解があれば自発的な参加も歓迎する。

④ 記事制作後、次のハッシュタグを付けてTwitterにて報告ポストを投稿する → #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

・ハッシュタグ「孫まで届け」には、いずれ日本のソーシャルヒーロー孫正義さんまで参加してくれたら嬉しい、孫の代まで読まれていきたい、参加していただいた方に“ソン”はさせない、という気持ちが込められている。

・投票は、12月20日を持って集計〆切とする。

参考)【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け | 隠居系男子

これって記事にアワード、つまり「賞」を与える

っていう企画みたいです。

あとで、評議会の方々が、部門別に「◯◯賞」を発表してくれるそうですね。

…という感じです。前置きが長くなってすみませんでした!

今年一番印象に残った記事

ぼくは「音楽・エンタメ」について書くことが多いので、

ハイパーリンクチャレンジもそのジャンルでいきたいと思います。

いろいろ思い返してみて、”いちばん”の記事をあえて挙げるとしたら

『横山健の別に危なくないコラム vol.89』

これは、Hi-STANDARDというロックバンドのメンバー・横山健さんのコラムで、

ソロ活動の ken bandとして出した「シングルCD」について語られた文章です。

注目すべきは、中盤から始まる「ミュージックステーション」と題された部分です。

ハイパーリンクチャレンジ2015

ここに、一人の男の「決意」がつづられています。

商業的な活動を拒み、民法テレビに一切出ず、自分の信念を突き進んできた横山健という一人の男が「決意」が。

ぼくがこの文章を読んだのは、このブログ・かみいちどっとこむを始める前だったので、特に誰かにシェアすることもなく「かっこいい…..」と思っただけでしたが、

今読み返すと、「これはもっと多くの人が読むべき文章なんじゃないか?」という気がしてなりません。

少なくともぼくは、このコラムを読んで「ロック」のかっこよさを再認識し、メッセージを伝えることを尊さに気づきました。

時代に負けず、どんなアウェイな状況にも負けずに「伝えたいことを伝える」

この行動こそが「ロック」であり、かっこいいんだ。

それが、横山健さんが伝えたかったことなのかもしれません。

ぼくが書いた記事で印象に残っている記事

さて、今度はぼくが書いた記事で、一番印象に残っている記事です。

赤西仁が中国で”アジア賞”を受賞!レッドカーペット、英語スピーチ、ライブなど

現在、赤西仁さんは事務所に入らず、個人、いわばフリーランスとして活動しています。

注目すべきは、国内でのメディア活動がほぼ出来ないという状況の中で、単独ライブツアーも成功させ、CD・DVD の売上でも結果を残しているということ。

しかも、それだけではありません。

この記事で取り上げた中国でのアワードの受賞の他、アメリカ・アジアでの俳優活動など、自らどんどん新しいマーケットを開拓していっています。

Team family! @carlerikrinsch @gabyroses @shuuumps

Jin Akanishiさん(@jinstagram_official)が投稿した写真 –

赤西仁さんも、横山健さんと同じく、時代や逆境と戦う男の一人。

事務所や会社の大きなバックアップがなくとも、こんなに大きなことを成し遂げようとしている。

赤西仁さんの生き方もまた「ロック」なのだと、ぼくは思っています。

SPONSERD LINK

今年印象に残った記事を聞いてみたい2人

ぼくからの紹介は以上ですが、本当は他にも紹介したい良い記事がもっとありました。

ブログをしていると、良記事に巡り合うチャンスも多いのかもしれませんね。

バトンを回します

今日はこれを証明しようと思う。』のkeitaさん

ケイタさんのプロフィールアイコン

keitaさんは学生ブロガーさんですが、主に教育をテーマに、ものすごく説得力のある文章を書かれています。

keitaさんの論理的かつ読みやすい文章は必見。

ままはっく』のまなしばさん

ままはっくまなしばさんのプロフィールアイコン

まなしばさんはママブロガーとして、育児や女性の生き方について書かれています。

もちろん女性のみならず、これから新しい時代を生きるぼくらにとってすごく大切なことが学べるんじゃないかと思います!

もし時間がありましたらよろしくお願いします。

まとめ

こういう企画ものも楽しいなと思いました。

また機会があれば挑戦します!

かみいち
かみいちでした

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterでかみいちを