SimplicityでSNS Count Cacheプラグインを使いつつcount.jsoonでTwitterシェア数を復活させる方法【wordpress】

今回書くのは、Simplicityという WordPressのテーマで、

「count.jsoon」というTwitterのシェア数を復活させるサービス

「SNS count Cache」というSNSシェア数を取得&表示するプラグイン

を同時に設定し、利用する方法です。

  • ① 表示されなくなったTwitterシェア数が復活
  • ② 記事ごとのシェア数をダッシュボードで管理できる
  • ③シェア数のカウント表示の読み込み速度があがる

という、3つのメリットが生まれます。

Simplicityには、もともとプログラムされている SNSボタンの仕組みがあって、これがすごく便利なんですが、

シェア数の管理には、SNS count Cacheプラグインを導入する方が良いと気がつきました。

また、最近は表示されなくなったTwitterシェア数を復活させるために、count.jsoonを使う必要もでてきました。

ただ、Simplicityで SNS Count Cacheプラグインを使いつつ count.jsoonを利用する方法が、ネットで探しても出てこなくてぼくは困っていました。

しかし、試行錯誤の末、ついになんとか上手くいったので、その方法(コピペでOK)をご紹介しておきたいと思います。

Twitterシェア数の再表示や、SNS count Cacheの導入を検討している方の参考になれば、幸いです。

参考にしていただける方は、各自自己責任のもと、しっかりバックアップを取ってからカスタマイズしてください。

SPONSERD LINK

「count.jsoon」で消えたツイート数を復活させる

一番はじめに行うのは、count.jsoonに登録することです。

すごく簡単です。

まずは、count.jsoon で自分のウェブサイト(ブログ)を登録します。

使い方

ここで、自分のサイトのURLとメールアドレスを入れて、サイト登録をします。

count.jsoonにサイト登録

その後は、メールが送れられてくるまで、待ってください。

ぼくは半日ほど待ちました。

状況によってすぐメールが来たり、1日経たないと来なかったりするようです。

焦らず待ちましょう。

count.jsoonへ登録

このようなユーザー登録完了のメールが届きます。

記載されたURLにアクセスしてください。

ここで、自分のTwitterアカウントと連携をするかどうかが選べると思います。

これは任意ですが、ツイート数の取得にかかる時間が速くなるそうなので、ぼくは連携しました。

count.jsoon に関しては、以上です。

SPONSERD LINK

Simplicityテーマをカスタマイズしよう!

Simplicityでは、独自の関数でシェア数を取得するようになっているので、ここを編集します。

ただ、ここで1つ注意があります。

使っているSNSボタンの種類に応じて、カスタマイズする場所が変わります。

自分がどっちのシェアボタンを使っているかを、まず確認してください。

ダッシュボードから「外観」「カスタマイズ」と進み、「SNS」を選択すると分かります。

そしたらカスタマイズしていきましょう。

※テーマのカスタマイズは、子テーマを利用するのがオススメです。

子テーマをダウンロードしに行く

デフォルトタイプ(サービス固有のボタン)の場合

sns-button-twitter.phpを編集しよう

① まず、親テーマから子テーマフォルダ内に sns-button-twitter.phpファイルをコピーします

② 子テーマの編集画面から sns-button-twitter.phpファイルを開いてください

③つぎの手順でコードを書き換えます

<span class="fa fa-comments"></span><!-- <span class="fa fa-spinner fa-pulse"></span> --></span>

という部分を、

<?php if(function_exists('scc_get_share_twitter')) echo scc_get_share_twitter(); ?></span>

に修正です。

Simplicityテーマの phpファイルに関しては、以上です。

SNS count Cacheプラグインの導入へと進んでください。

テーマカラー,Twitter,バイラル…等、その他のタイプの場合

sns-buttons-balloon.phpを編集しよう

① はじめに、親テーマから子テーマフォルダ内に sns-buttons-balloon.phpファイルをコピーします

② 子テーマの編集画面から sns-buttons-balloon.phpファイルを開いてください

③ つぎの手順でコードを書き換えます

<span class="fa fa-comments"></span><!-- <span class="fa fa-spinner fa-pulse"></span> --></span>

という部分を、

<?php if(function_exists('scc_get_share_twitter')) echo scc_get_share_twitter(); ?></span>

に修正です。

sns-buttons-icon.phpを編集しよう

① つづいて、親テーマから子テーマフォルダ内に sns-buttons-icon.phpファイルをコピーします

② 子テーマの編集画面から sns-buttons-icon.phpファイルを開いてください

③ つぎの手順でコードを書き換えます

<!-- <span class="social-count twitter-count"><span class="fa fa-spinner fa-pulse"></span></span> -->

という部分を、

<?php if(function_exists('scc_get_share_twitter')) echo scc_get_share_twitter(); ?></span>

に修正です。

Simplicityテーマのphpに関しては、以上です。

SPONSERD LINK

SNS count Cacheプラグインを導入しよう!

プラグインは「SNS count Cache」というものです。

作成者:まるぼんさんのサイト

プラグインをインストールする

① 管理画面のプラグインから「新規追加」に進み、”SNS Count Cache”を検索してください

② SNS Count Cache を見つけたら「今すぐインストール」し、「有効化」を実行します

※下記のダウンロードページから、ZIPファイルをダウンロードしてインストールする方法もあります。

class-share-crawler.phpはどこにある?

初期設定では、ツイート数を取得してくれません。

なので、ファイルを修正して、count.jsoonと SNS Count Cacheを連携させます。

今回修正するファイルは SNS Count Cacheの class-share-crawler.phpというファイルです。

以下のディレクトリに格納されています。

【WordPressが設置されているディレクトリ】/wp-content/plugins/sns-count-cache/includes/class-share-crawler.php

class-share-crawler.phpを修正しよう

ですが、ぼくはダッシュボードから編集しました。

以下はそのやり方です。

① ダッシュボードから「プラグイン」「インストール済みプラグイン」へと進みます

② SNS count Cache のところにある「編集」をクリックします

③ つぎの手順で書き換えます

http://urls.api.twitter.com/1/urls/count.json?url

という部分(155行目)を、

http://jsoon.digitiminimi.com/twitter/count.json?url

に修正してください。

基本的な作業はこれで終了です。

シェア数は、少しずつ取得していってくれるので待ちましょう。

Sns-count-Cacheの管理画面

↑こんなかんじ。

おつかれさまでした!!

まとめ

これにて、

  • ① count.jsoonに登録
  • ② Simplicityのファイルを編集
  • ③ SNS count Cacheのファイルを修正

という3つの作業が、終了しました。

count.jsoonで取得したツイート数を、SNS count Cacheで取得し、SimplicityのSNSボタンに表示する、という感じだと思います。

くれぐれも、バックアップを取らずにカスタマイズして失敗しないよう、気をつけてくださいね。

もしも不具合や改善点等ありましたら、Twitterかお問い合わせフォームからご連絡お願いします。

関連)SimplicityのトップページにSNSトータルシェア数を表示!SNS count Cacheで取得するよ【WordPress】←こっちもオススメです!

参考にさせて頂いた記事

参考)[試] 表示速度改善のその先へ!進化するWordPressプラグイン SNS Count Cache

参考) ツイート数やはてブ数を取得して高速表示できるSNS Count Cache

参考) 【WordPress】ツイート数が取得できなくなったSNS Count Cacheを「count.jsoon」で復活させる方法

参考)Simplicityの独自Twitterボタン(バルーンやバイラルボタン)に非同期でツイート数を表示するカスタマイズ方法

参考)SimplicityのTwitterボタンにcount.jsoonを用いてツイート数を表示するカスタマイズ方法

ありがとうございました!

かみいち
かみいちでした

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterでかみいちを