アウトプットは基本ふんわり。ふんわりアウトプットは危険。

おはようございます。かみいちです。

珍しく、ちょっと普通の文章だけのブログを書きたいと思います。

よくビジネスやブログを書いている人のあいだで

「アウトプットが大切だ!」とか「アウトプットが疎かになっていた!」

みたいな話がたまに出ます。

一般的に最近よく言われるのは、

インプット<アウトプット

これ。

まさに私もこれを聞いて、

よーしアウトプットするぞぅ!とか思ってブログを始めたクチです。

でもわからない。

アウトプットをし出した結果、アウトプットのことがますます分からなくなった。

アウトプットこわい。危険。

ってことで、アウトプットに一度向き合っておきます。今後のため。

SPONSERD LINK

インプットとは何か

インプットとは、情報や知識を仕入れること。ですね。

こっちは、分かりやすい。

小学校からしてきた。そして言われてきた。

勉強(インプット)しろ!! って。

良いね。分かりやすい。

覚えたらOK。

たまに試験とかいう、アウトプットイベントがやってきて、インプットしたことを試される。

でもそこから先は、アウトプットのお話。

だからインプットは覚えるだけ!

インプットはわかった。

SPONSERD LINK

アウトプットとは何か

そもそも、テストってアウトプットなの?

あー今日のアウトプット(テスト)疲れたわー。

タケシどうだった? 今回のアウトプット(テスト)。

とか言わないすよね。

結論から言います。

アウトプットという概念は、

僕たちの中に無い!! です。

こういう外来語というのは、もともと日本の文化や習慣になかったもの

仮にもし、文化や習慣として、すでに日本人が持っているものだとしたら

アメリカン「ディス イズ ア ェアポウ」(英語の基本無視)

ジャパニーズ「アップル?あーそれは日本では(林檎)と言います。日本人も食べるよ。美味しいよね(林檎)。」

となります。

逆に、日本にもともと存在してなかった概念の場合は

アメリカン「ディス イズ ア アウトプッt」(英語の基本無視)

ジャパニーズ「アウトプット?あーそれは日本には無い言葉ですねー。これから日本人も使います。アウトプット。」

こうです。

新しい概念として入ってきたものだから、カタカタ英語になります。

日本にもともと無かった概念に、日本の言葉を当てはめても、その意味を完全に包括することができないからです。

ということは。

アウトプットとはつまりこうだ!! って言える日本人は

ほとんど居ない。という現状。

あーそれはアウトプットだねー

あーそれもアウトプットと言えるねー

みたいな状態。アレもコレも状態。

そう!

だから危険です。

たとえば、急に、

「今からはコミットが大切だ!みんなコミットするように!」

とか言われたどうでしょうか。

とりあえずはなんとなくコミットしてみると思います。

すると、

あーこれがコミットかぁ。コミット素晴らしいなあ。

ってなんとなくわかった気にはなります。

ふんわりと。

でも、

果たしてこのふんわりとしたコミットをしている日本人は、がっつりコミットしている本場の欧米人に勝てるんでしょうか。

アメリカン「おいおい。そりゃあコミットが足りないよお。もっとコミットしなくちゃあ。」(字幕)

と言われたらもうね。降参。

別に勝てなくてもいいわけですが、本質の部分が分からなければ空回りするはず。

空回りで失敗。嫌ですよね。

話を戻します

アウトプットも基本はこれと同じだと思います。

アウトプットって何?

と思ってGoogleで検索してみたら、色々な説明が出てきますね。日本語で。

日本語しか分からない私は、これ(その日本語の解説)を見るしかない。

しかし、先ほどのコミットの例にあるように、これはただの翻訳語であり、

そこにはアウトプットとは何かという疑問の答えは

無い。(ガーン・・・)(これ死語?)

どうすればいいんだあーーー

やはり、ただ調べて、そのアウトプットの解説を見るだけではなく

「正しく理解している人はどう使っているか」「この言葉が使われている背景はどういったものか」

といった視点が重要になってきます。

それを踏まえた上で、アウトプットする。

そうすればやっとアウトプットの意味と重要さが分かる。

私の出した答えはこれです。

SPONSERD LINK

まとめ

ということで、「アウトプットとはこうだ!!」みたいに話してくる人にはご注意ください。

その人の解釈が間違っている。というわけでなく、

人から外来語の説明を受けた時に、それを理解できるかどうかは、受け手次第ということです。

みなさんもアウトプット地獄にはご注意くださいね。(ひっ)

***オマケ***

↓は私の愛読書です。これを読めば、みんな自分のアタマで考えられるようになります。

【自分のアタマで考えよう】

自分のアタマで考えるとは何かということと、自分のアタマで考える方法が書かれています。

考えることが苦手。

考えるということがよくわからなくなってきた。

という方におすすめの本です。ぜひ一度読んでみてください。

自分のアタマで考えよう

新品価格
¥1,512から
(2015/10/11 17:11時点)

この記事が参考になったら
いいね!しよう

Facebookから最新情報をお届けします。

Twitterでかみいちを